西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/17(日)

[]説得 16:36 説得 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 説得 - 西川純のメモ 説得 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 佐賀への移動途中に、ある同志から愚痴メールをいただきました。内容は自分の『学び合い』の授業を「偉い」先生方に見てもらったら、表面面しか見ていないため、総攻撃にあったそうです。そこで、子どもたちの実態をちゃんと説明したいとのメールでした。個人的にメールしても良いのですが、おそらく同じような同志も多いと思いますのでアップします。まあ、何度も同様なことを書いているのですが、再度書きます。

 私の勧めるのは、反論しない、説明しない、という戦略です。人間にはプライドがあります。そして「偉い」人の中には、それだけで生きている人もいます。一教諭がご意見を申し上げるなんて、無礼千万と思っている人もいます。そして、上記のような方の場合、説明すれば、「あなたは子どもを見ていませんよ」ということになってしまいます。これは、よほどの大人物でなければちゃんと受け止められません。かく言う私だって、「かっと」なるかもしれません。あはははは

 そんな人と戦って、勝てません、納得させられません。そして、そうとうひどい反発を受けます。だから戦いません。ではどうするか、まずは、その人の視界からなるべく離れるのです。そして、あたかも、それに従っているようにふりをすればいい。

 世の中には分からん「偉い人」もいますが、分かる「偉い人」もいます。そして、もう少しで分かる「偉い人」は少なくない。そして、同志を攻撃した「偉い人」も、同志以外の周りの人が「いい」と言えば分かるかもしれません。

 子どもの『学び合い』と同じです。「その子」に拘れば泥沼に入ります。その先生に拘らず、広い世の中に正当に伝えることが王道だと思います。大丈夫!大義は我にあります。何よりも結果を出せる方は我々なんですから。あはははは

追伸 やっと佐賀に着きました。9時間ほどの大移動でした。

J.SASEJ.SASE2008/08/17 21:29実感としてよ~く分かるお話です。学校にいたら私もそのように振る舞ったかもしれません。今の環境は特殊です。したたかに戦略を練って交渉します。闘いたくはないので・・・。

jun24kawajun24kawa2008/08/17 21:44あははは
期待しています。
忘れて欲しくないのは、相手も、真面目な教師なのです。

MatufitMatufit2008/08/17 23:14 遠い佐賀の地までおいでいただき、ありがとうございました。
エネルギッシュな西川先生の一言一言が心に浸透していきました。
 今日のブログ、大事なこと[説得]の話も、スッと入りました。私も研究校の先生と一戦交えました。私の話がまずかったのもあると思いますが、言葉を足せば、足すほど無駄だと思いました。
子どもの姿(ライブ)で示していきたいと思います。
それでは、また明日。明日の会も楽しみにしております!

rion_fujirion_fuji2008/08/17 23:45ようこそ,九州へ
佐賀に行きたかったなあ~
私は,明日から試験です。
最近,経営者が書いた本などを読むと
ますます先生の書かれていることがわかるようになりました。あ,そういえば,教師は学級の経営者でしたね。

szeidzsiszeidzsi2008/08/18 04:35私が義父にとる態度にちょっと似ているような・・・(関係は良好です)

beppu3TOKIbeppu3TOKI2008/08/18 04:51西川先生こんにちは。ようこそ九州へ。そして,9時間もの長旅,大変お疲れ様でした。本校からも、5時の電車にて、校長はじめ11名で佐賀にまいります。2学期から学校が大きく変わるかもって予感です。しびれます。西川先生2日間どうぞよろしくお願いいたします。

jun24kawajun24kawa2008/08/18 05:07Matufitさんへ
分からない人もいますが、昨日の会に参集いただいた方々のように分かる人も多い。広げることによって、高まりましょう。
rionさんへ
結果、期待していますよ。
szeidzsiさんへ
どんな人とでも、ぶつけ合ったらけんかになるようなものってありますよね。でも、それを避けながら、とりあえずの関係を維持しているうちに問題が解決するようなことってあると思います。たとえば、国と国との外交なんてそんなもんだと思います。
beppu3TOKIさんへ
待っていますよ。