西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/16(土)

[]期待することの力 07:49 期待することの力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 期待することの力 - 西川純のメモ 期待することの力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は「期待しているよ」と言います。その言葉はゼミ生(そして同志)に恐れられています。私は『学び合い』が成り立った後は、教師は「期待する」しかないし、それが最も強力だと思います。その「期待しているよ」が成り立つためには以下の条件が必要です。

●『学び合い』の基本である、目標の設定、評価、環境の整備が成されている。

●それが成り立つことは、「その人・その集団」にとって重大な意味がある。そして、それが成り立たなくても、期待する人の生活の基本に影響を与えない。つまり、「その人・その集団」のためである。

●期待する人が、成り立つことを本気で信じる。

●上記のことが全て成り立っていると信じていることが、「その人・その集団」に伝わっていると信じている。(ちょっと分かりづらいかもしれませんが)

*[大事なこと]質問に応えて4

 一応、フォーラムで出た質問の最終回です。今回の質問に対する応えは、『学び合い』は考えであってテクニックではないということです。詳しくは「手引き書」に書いてあります。

Q:「○○さん教えてくれているんだね、クラスのためにがんばってくれているんだね、うれしいな」は方法を褒めていることになるのではないか?

A:まさに、その通りです。このことを疑問にもてるというのは、『学び合い』が考え方であってテクニックでは無いことを理解されているからだと思います。ご指摘の通り、この状態は良い状態ではありません。『学び合い』の初期段階を乗り越えるための「単なる」テクニックに過ぎません。こんなことを言わなくても、子どもが動くクラスを創るのが教師の仕事です。つまり、教師が上記のようなことを言わなくても、子ども同士が声がけし、さらに子どもの中に内在することによって声がけをしなくてもよい状態を創ります。

Q:結果主義?プロセスの中での成長には注目しないか?

A:プロセスを重視すると、子どもは「ふり」をし始めます。しかし、結果は「ふり」は出来ません。それ故、結果主義であることを子どもに伝えることは有効です。だれしも結果に結びつけるにはやるしかないことを知っていますから。ただし、人間は感情の生物です。この結果主義を求める際、教師の心の中に「愛」がなければなりません。

Q:終わったのに、教えずにふらふら遊んでいる子に対して、ねらいと違うじゃないかと、注意して良いか?

A:当たり前です。問題は「終わったのに」という表現を使う教師の心にあります。教師の与えた課題は「全員が課題を達成する」です。従って、終わっていません。解決策は、本気で全員が課題を達成することを願ってください。その願いが甘いと子どもは直ぐに見透かします。

Q:答えが一つに集約できない問題も「学び合い」で理解し合うことは出来るか?

A:出来ます。多様な意見を求める課題であっても、一定の幅があるはずです。なんでもありというのは、まずあり得ません。それをちゃんと子どもに語ることが出来るか、否かが重要なポイントです。例えば、校長が「みなさんの自由なご意見を求めたい」と言ったのに、一人一人の発言ごとにだめ出しをしたら意見を言わなくなりますよね。あれです。

Q:分かる子が一人など少数になったとき、大多数の子は何をしているのか?(一人の子をみんなで教える??)

A:こんな現象が起こるのは、課題がつまらん課題であり、かつ、一日ごとの課題である場合です。発展的な内容を含むものであれば、いつまでも深められます。また、一単元を任せるぐらいであれば、上記のようなことが起こらないように子どもが動きます。クラスには色々な子どもによって構成されています。どうしたらいいかなんて教師が分かるわけありません。教師が出来ることは「みんな」を求め、期待することしかあり得ません。

 逆に聞きますが、この状態は一斉指導で解決できますか?一斉指導で出来るのは、様々な問題を見えづらくすることぐらいです。問題を解決するには、教師はもちろんですが、クラス集団全員が問題をまざまざと見える状態にするしかないと思います。違いますか?

Q:保護者からの反感はないのか?

A:保護者からの反発が起こる原因は、子どもからの情報に基づくものです。もし、子どもが学校での勉強に意義を見つけ、かつ、成績に関して結果を出せば問題はありません。ただし、人相手のことですので政治をしなければならないのは当然です。