西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/15(金)

[]評価 22:28 評価 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価 - 西川純のメモ 評価 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある同志からのメールに触発され、メモります。

 我々は「みんな」を求めます。そして、「みんな」が成り立たなければ、駄目だ!と評価します。しかし、評価は個々人ごとに出します。グループ学習にありがちな一蓮托生ではありません。例えば、「みんな」が成り立たなくても、テストの点数のよい子は「5」を与えます。いや、「みんな」を理解していない子であっても、テストの点数が良ければ「5」を与えます。これって分かりづらいですよね。

 でも、考えてください。教師が成績を2を出そうが、3を出そうが、4を出そうが、5を出そうが、その子の人生には関係ありません(まあ、高校で1を出されると大変ですが)。そんなことより強力なことが教師には出来ます。教師をへとも思わない子どもにとっても、クラス全員から浮くことを恐れます。教師は、クラス全員の前で、クラス全員にとって意味あることか否かを語ることが出来ます。これは凄い権力です。成績の上下などちんけな権力に過ぎません。その影響力を利用し、みんなと折り合いをつけることが個人の高い達成度と、居心地の良さを成り立たせることを伝えるのです。それこそが『学び合い』における学校観です。

 つまり、「私はみんなのためにやったのに、何故、3なの?」とか、「●●ちゃんは、みんなのために何もしていないのに、何故、5など?」と言われるようだったら、そりゃ教師の負けです。このことは学校観が分からないと分かりづらいですね。

[]崖の上のポニョ 22:02 崖の上のポニョ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 崖の上のポニョ - 西川純のメモ 崖の上のポニョ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 SFとういうのは荒唐無稽のようですが、名作と言われる作品はシンプルな仮説を元にした世界観があります。殆どは現在の社会と同じなのですが、チョットだけ違うのです。しかし、チョットだけ違うだけで社会がまるで違います。それが面白い。例えば、ホーガンの「断絶の航海」は、無限の生産性という共産社会を成立させ、今までの偏見をまるで捨て去ったらどんな社会が出来るかという壮大なドラマです。また、「鋼鉄都市」は、人間のプライバシーが極限まで小さくなった社会と、極限まで拡大した社会との出会いです。まるで数学のようです。例えば、ユークリッド幾何学の平行線の公準をちょいと変えただけで非ユークリッド幾何学が成立します。そして、それが現実に適応されるから面白い。

 家族でポニョを見に行きました。面白かったし、綺麗だった。良い映画だと思いました。しかし、見終わって半日過ぎて、ふと気づきました。映画ことをあれこれ考えていないのです。理由は、映画にあまりにも多くの仮説や謎や飛躍がありすぎて、その世界を頭で広げることが出来ないからだと思います。

[]何のため 07:11 何のため - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 何のため - 西川純のメモ 何のため - 西川純のメモ のブックマークコメント

 世の中では北島選手が金メダルを取ったことで話題は持ちきりです。しかし、冷静に考えれば日本人の一人が、その他の人より零点何秒(零点零何秒)早いことがどんな意味があるのだろうか?と思います。もちろん日本人の一人として決勝での泳ぎに喜びを感じます。しかし、その喜びに浸れる時間はどれほどでしょう。まあ、ニュースで流れている時間で、私に関する昨日の総時間は5分もなかったと思います。そして、今から1ヶ月後になれば思い起こすこともないでしょう。

 意味がないとは言いません。ただ、その意味を上記の立場で考えるのは大事なことだと思います。国語の先生が集まって、「国語は大事だ」ということを所与として議論します。それは、算数・数学、社会、理科・・・でも同じです。でも、冷静に学ぶ意味を「その内容」で考えると無意味であると結論されます。私はオール1の子どもたちに「何で物理なんて勉強するんだよ!」と言われ続けたから、今の学校観があります。彼らには「科学的概念の形成」などという理科人の理屈は通用しません。

 日本人の一人が、その他の人より零点何秒(零点零何秒)早いことが重要ではないと思います。その事実が、どんな社会的影響を持つかが大事だと思います。少なくとも引退後の北島選手は、それを考えないと生きていけないと思います。

[]質問に応えて3 06:34 質問に応えて3 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問に応えて3 - 西川純のメモ 質問に応えて3 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「これこれの子どもがいるから出来ない(難しい)」という質問は少なくありません。私の基本的な応えは、「では、そのままでいいのでしょうか?」です。明らかに否です。その子が、「三桁の足し算を学ぶ」、「鎌倉幕府の成立の西暦を学ぶ」ということのレベルならば看過できるかもしれません。しかし、その子が大人になり、社会に出るということに関しては看過できるものではありません。

 さて、どうするか?まず、教師は解決できないと覚悟を決めるべきです。教師が何とか出来るレベルだったら、とっくのとうに解決できるはずです。教師用のマニュアル本を数冊読み、何回かの研修を受ければ解決できるものではありません。詳しくは「手引き書」に書いてあります。

 例えばフォーラムでは、以下のような質問がありました。

●生徒指導の必要な子がいるところで、どのようにして学び合いを行うか?

●自尊感情が低く、周りの子に教えられるのが嫌な子は、教師が教えるしかないのではないか?

●話すことが苦手の子どもにどのように対応するのか?

 これらの子どもの問題を「その子」の問題と捉えても解決の糸口は見つかりません。「その子を含んだクラス」の問題と捉えるべきだと考えています。私は暴走族を高校で教えました。彼らは暴走族から出る方が良いことは百も承知、二百も合点でした。ようは暴走族以外に彼らの所属する集団がないのが問題の本質です。自尊感情が低いのは何故でしょう。それは、教師やクラスメートから自尊感情を傷つけられ続けているからです。話すことが苦手なのは何故でしょう。それは話すことを集団に受け入れられるかが不安なんです。

また、

●教えることよりも自分の学習を優先してしまう子→どうすれば教えることに意義を感じてくれるか?

 という質問あります。これまた、この子が大人になったとき、そのままでいいでしょうか?否です。折り合いをつけながら、課題解決するということが自分にとっても有利であり、そのような集団の中に所属することが心地良いことを理解することです。もちろん、それが分かるに時間のかかる子はいます。しかし、時間のかからない子もいます。その直ぐに分かる子の行動、また、その子と他の子の関係を横目で見ているうちに分かる子が増えていきます。

ながたくながたく2008/08/15 18:03>生徒指導の必要な子がいるところで、どのようにして学び合いを行うか?

生徒指導が必要な子がいるところだから、学び合いをする。

と思います。

大変だったところで、新採だったので、そんな気がします。
学び合いとは言われないけれど、一年目のぼくの実践の概念は
学び合いでした。うん、学び合いだったと思います。

jun24kawajun24kawa2008/08/15 18:15私もそう思います。
しかし、『学び合い』を知らない先生は「押さえ込む」という戦略をとります。しかし、押さえ込めない場合も多いし、押さえ込めたと思っても、後で爆発してしまいます。そして、何よりも根治をしていないから、どんどん悪化する。
善意の先生は、人間関係を結ぼうとします。高校教師の時の私がそうでした。しかし、教師との人間関係が強ければ、子ども同士の関係が希薄になる。結果として、教師の前では「よい子」でも、教師の見えないときには変わりありません。教師ドラマに感化されていた私にはそれが見えなかった。それが分かったのは『学び合い』を理解し始めてからです。