西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/08/14(木)

[]九州 21:43 九州 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州 - 西川純のメモ 九州 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 17日~19日は佐賀で講演をします。何よりも楽しみなのは17日と18日の夜。佐賀の同志はもちろんですが、九州の同志と一緒に飲めます。同志と私との語らいには、それほどの意味はありません。どうせ私は「手引き書」に書いたことを連呼する程度ですから。しかし、見知らぬ同志が出会う機会になれば嬉しい。異質な出会いは、常に化学変化を起こします。その果実は半年以内に味わえます。ワクワクします。

[]可愛い盛り 21:43 可愛い盛り - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 可愛い盛り - 西川純のメモ 可愛い盛り - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が親ばか言うと、「今が可愛い盛りよね」とよく言われます。それは0歳の時、1歳の時、2歳の時、3歳の時・・・・、そして今も言われます。しかし、その度に「これからもっと、もっと可愛くなります!」と断言します。今日も、息子を見ながら、そう思いました。

 そりゃ赤ちゃんの可愛さは格別です。この世の中にこれほど傷のない美しさがあるのかと思いました。しかし、赤ちゃんの可愛さに比べて、今の可愛さはもっとです。今の可愛さは「赤ちゃん」の可愛さではなく、「息子」という個性のある可愛さの部分が多い。きっと、今の可愛さを、あと4年は楽しめます。そして、それから6年は、小憎らしい可愛さを楽しめます。そして、それ以降は、頼もしい可愛さを楽しめます。そして、孫を抱く息子の可愛さを楽しめます。毎年毎年、もっと、もっと可愛い息子を家内と一緒に楽しめます。

追伸 孫が可愛いのは、可愛い息子が愛する子どもだからですよね。

[]質問に応えて2 07:58 質問に応えて2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問に応えて2 - 西川純のメモ 質問に応えて2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日に再録した質問は、個人に着目する質問です。本日は、グループに関する質問です。

 代表的な質問は、「間違った知識が広がってしまうことはないのか?」、「仲良しグループで固定してしまわないか?」です。前者の原因は後者なんです。即ち、グループ内部でのコミュニケーションは成り立っていても、グループ間のコミュニケーションが成り立っていないことが原因です。グループを形成している2~4、5人がみんな知らない、もしくは分からない、ということはあり得ます。しかし、クラスの数十人が知らない、もしくは分からないと言うことはあり得ません。教師がやるべきは、「みんな」とは何かを伝えることです。現状の一斉学習におけるグループ学習では、自分の属しているグループと関わりを持てば「みんな」とやったとされています。ところが、『学び合い』では、みんなとは本当にみんななのです。このみんなを成り立たせるためには、立ち歩き他のグループが出来たかを確認しなければなりません。そのようなことが起これば、上記のようなことは起こりません。

 また、「教える-教えられるの組み合わせの固定化は?」を心配される方がおられます。しかし、そのようなことは起こりません。教えられる方が、教えられる方からの情報を黙って写すレベルでは、そのようなことも起こるでしょう。しかし、教えられる方が本当に分かりたいと思い、教える側と議論すれば、教える側も多くを得ます。そして、実際の学びは、教え、教えられがダイナミックに変わります。詳しくは「勉強しなさいを言わない授業(東洋館出版社)」にあります。教師は、教えるということを、正しい情報を伝えるという静的なもののように捉えています。しかし、本当の学習では正しい情報を子どもたちが創り上げる動的なものです。そのようなときには、「教える-教えられるの組み合わせの固定化」はありえません。

ayuayu0515ayuayu05152008/08/14 21:56グループの固定化。。。ここは教師の学級経営の仕方なのだろうなって思いました。学び合いをするには、教師の気質・グループの流動性は相関性があるのかな~ってつくづく思いました。

jun24kawajun24kawa2008/08/14 22:31考え方を変えさえすれば、直ぐに、子どもは応えてくれます。なぜなら、その方が、子どもたちは多くを得られ、心地良いからです。すくなくとも、それが分かる子は少なくありません。いつでも、出発点に立てます。