西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/30(水)

[]研修計画 06:55 研修計画 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研修計画 - 西川純のメモ 研修計画 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は、今日・翌日をお世話いただく指導主事さんと飲みました。話していてびっくりです。その方が、私を呼んでくれるようになった過程は以下の通りです。

 一般の先生のように、教材や話術などで授業を組み立てようとしていたが限界を感じていた。その先生の勤めている中学校は学び合っている学校で、毎日、いろいろな先生と授業のことを話し合う学校だったそうです。そういう同僚の先生の中で、音楽の先生がいらっしゃいました。その先生が出張で授業が無くなると、「暴動が起こりそうになる」(主事先生の表現によれば)ほど生徒が嫌がるそうです。これは凄いことです。受験に関係ない音楽で、それほどまでに中学生に支持されるなんて。その先生と話していると、我々の『学び合い』を実践していたそうです。ただし、我々のことが出発点ではなく、長年の教師生活の中で自然のそのようなふうになったそうです。その先輩教師の影響を受けて『学び合い』をしはじめたら手応えを感じ取ったそうです。たとえば、保健室登校の子どもが音楽と理科(指導主事先生の教科)のときは教室に戻るなどのことが起こりました。そんな実践を積み上げていたが、センターに異動されたそうです。センターに我々の本が置かれており、そのタイトルに惹かれて読み始めてびっくり。いままで自分がやっていたことを研究しており、いままで「ぼや~」と理解していたことが言葉になっており、いままで実践していたことの先があることが書かれていたそうです。そこで、次の年(つまり今年)に私をよんでくれたということです。話していて、「こりゃ、分かっている」と思ったので、イタズラ心が沸きました。

 本日・翌日の研修は、私が話します。さらに、本日に関しては島根のSさんも話してくれます。その後に演習の時間が2時間半あります。その時間をどうするか、それを指導主事の先生に課題として与えました。語りはいつもと同じです。つまり、「で、この研修で先生が成り立たせたいことは何ですか?それを、誤りなく参集の先生方に伝えられる、シャープで短い課題を考えてください。」です。そして、案を語られる毎に、「それで分かります?」とか「で、どうやって、それを評価します?」と突っ込みます。もう、そうなったら基本的には『学び合い』における教師と学習者との関係になってしまいます。つまり、私はニコニコと酒を飲んでいる脇で、うんうんと頭をひねっている指導主事さんです。実に、面白くてためになる研修会になりそうです。

J.SASEJ.SASE2008/07/30 19:04今の私には非常に羨ましく妬ましく・・・いい話ですね(^^;)

jun24kawajun24kawa2008/07/30 20:05今日、楽しかったですよ。