西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/29(火)

[]幼長の序 17:29 幼長の序 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幼長の序 - 西川純のメモ 幼長の序 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 よく苦労した人は人に優しい、と言いますが、あれは嘘です。苦労した人には二種類います。もちろん、「俺は苦労したから、おまえにはそういうことはさせないよ」という人もいますが、「俺も苦労したんだから、おまえもそうするのが当たり前だ」という人もいます。たいていの人の場合は、「苦労はためになるよ」なんていうことを言い訳につけるかも知れませんね。私の二十数年お仕えしたボスのT先生は、前者の典型的な方です。T先生の場合は、「俺は苦労したから、おまえにはそういうことはさせないよ」なんていうことは言いません。ただ、知らぬ間に、私は苦労しない状況に置かれているのです。私もいつの間にかT先生に初めて会った年齢を超え、T先生が学内でもキーパーソンになりはじめた年齢になりました。この頃、T先生の生き方は、とても「得」な生き方であることを強く感じます。逆に、「俺も苦労したんだから、おまえもそうするのが当たり前だ」と言うような人は、非常にそんな生き方であることが、よ~~っく分かります。

 私が大学院生だったとき、鼻っ柱の強いある大学教員の先生と話したとき、「自分より年上のやつらなんて気にすることはない。そんなのは先に退職してしまうんだから」と言い放っていたのを衝撃を受けながら聞いた思い出があります。だって、その先生が「自分より年上のやつら」と言っていた先生方は、院生の私にとっては雲上人で、とてつもない人だと恐れていた人だからです。でも、よ~~っく分かります。

 私が大学院生時代、そして助手時代、教授にとって私は「へ」みたいな存在です。敬意を払う必要性も、配慮をする必要性もない人でしょう。しかし、5年たち、10年たてば私も、それなりの実績を積み上げ、ポジションをあげます。ところが、その当時の教授(特に若い人を「へ」とも思ってない先生)は、同じ教授のままです。私との差は小さくなります。それが不快に思う人の中には、私を潰そうと思う人もいます。ところが、潰そうとする教授がいる一方、守ろうという教授(たとえばT先生)もいます。そして、私自身がそれなりの実績を上げれば、潰しきれなくなります。結局、潰そうと全力を尽くそうとも、私を1、2年程度足踏みさせるぐらいのことしかできません。結局、私も教授になれました。それも上越教育大学で開学以来の最年少で教授になれました。私は受けた恩も、仇も決して忘れません。もちろん、「仕返し」というのはする側にとってもエネルギーを損失するのでしません。しかし、決して「仇」は忘れません。したがって、普通だったらするであろう「お節介」をしません。じっと見ているだけです。一方、恩を受けた方に対しては、常に頭をつかって「お節介」をします(まあ、半数以上は本当にお節介でしょうが・・)。

 ということで、私は若い方が「腹の中で何を考えているか」分かっています。まあ、私ほど腹黒い人は少ないかも知れませんが、傾向が見えます。だって、私の過去を思い出せば当然です。だから、私は若い方、特に能力のある若い方に対して、誠意ともって対応します。だって、本当に怖いんですから。本日も、全力を尽くしました。ということで、若い方へ。私がじじーになった時にいじめないでね。お、ね、が、い

追伸 言うまでもなく、上記は『学び合い』が成立していない、日本中の多くの職場における私の立ち回り方です。『学び合い』が成立していたら、私が得意なこと以外は、みんなで解決しちゃうから、いいんですよね。

OB1989OB19892008/07/29 17:35得意なことは自動化を起こしますから、やっぱり『学び合い』ですよね。

jun24kawajun24kawa2008/07/29 22:03はい!

J.SASEJ.SASE2008/07/29 22:20西川先生、出張お疲れ様です。
私が指導主事と対立していることを、研究生仲間は心配してくれます。有り難いです。
でも、私は初任の学校で、10年以上先輩の教師からもっといろいろな仕打ちをされた経験があります。結果的には教育委員会も巻き込んでいろいろありました。
それに比べると、今の立場は非常に楽ちんです。最終的な報告書は指導主事の出方いかんで何とでも書けると考えています。
経験は困難を乗り越える最大の武器になると改めて感じました。
新潟が近づいてきました。お会いできるのを楽しみにしております。

jun24kawajun24kawa2008/07/30 06:58日本の教師は善意の人たちです。政治をしてくださいね。