西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/26(土)

[]出来なかったら 09:22 出来なかったら - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出来なかったら - 西川純のメモ 出来なかったら - 西川純のメモ のブックマークコメント

 真面目に『学び合い』に取り組んでいる、初期段階から充実段階へ移行している先生方が最も疑問に思うのは、「みんなが」を求めてそれが成り立たなかったらどうしたらいいかということです(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20080609)。例えば、子どもたちに1時間を与えて、ある課題をやらせます。ところが、ある一人の子どもが出来なかったとします。善意の先生は、一斉学習の「教師が方法のレベルを背負う」という意識から、もう1時間を与えます。そんなことが続けば、年間計画がグチャグチャになってしまうのは当然です。

 そのような先生が理解していないのは、「みんなが」を成り立たせなければならないのは「みんな」の仕事であることです。教師の仕事は「みんなが」を求める「みんな」を育てることであり、そうなった「みんな」がやりやすい環境を整備することなんです。だから、与えた条件(例えば1時間でやるあげる)で出来なかった場合は、その子が出来なくても前に進みます。だって、「みんな」の仕事が未達成だったとき、その帳尻あわせを教師はすべきではないからです。本質的解決は、「みんな」が帳尻合わせをするようにならなければなりません。。そして、教師はそのために「みんなが」を達成することを求めるのです。そうすることによってのみ、専門家が境界児と認定した子どもが、算数で100点を獲得できます。

 これを学校に置き換えましょう。

 ある先生のクラスで問題が頻発します。保護者からのクレームも多く、その学年の先生ばかりではなく、他の先生もそれを気づいています。さて、校長のすべきことはどれでしょうか?

 第一は、その担任を担外にすることです。状況によっては必要でしょう。でも、そいういう状況にまでほっておいたことが最大の原因です。そして、問題を起こす先生を担外にするということをし始めたら、際限がなくなる危険性があります。繰り返しますが、状況によってはしょうがないとは思いますが、下の下策です。

 第二は、校長・教頭・教務主任がそのクラスに入ってサポートします。なぜなら、教諭の先生方はものすごく忙しく、それ故、それを求めても無理だろう、と「校長が思っている」からです。その校長・教頭・教務主任が力がある先生の場合、とりあえず問題を沈静化できるかもしれません。しかし、その先生へのサポートを常にしなければなりません。そして、周りの先生方(特に、その学年外の先生方)は、その先生の問題を解決するのは自分たちの仕事ではないと考えるでしょう。私は、その先生が問題を起こす原因は、「その先生」というより環境であると考えます。少なくとも、「その先生」の原因はあるかもしれないが、それを直ぐに解決出来ないとしても、「環境」によって乗り越えられると思います。残念ながら、これでは、その学校の環境は変わらないでしょう。

 第三は、上記に書いたように、その先生の問題は、「みんな」の問題であると捉え、それを「みんな」に語り、求めます。そして、その学年ばかりではなく、職員全体でなんとかする集団を創り上げることに意を尽くします。そして、教育委員会からの問い合わせに対しては、毅然として説明します。私は、「その先生」の問題が完全ハッピーエンドにならなくとも、それが最善の道だと信じています。校長の仕事は、個々のクラスの問題を解決することではなく、個々のクラスの問題を解決できる集団を創り上げることです。そのためには、自分が手を入れてはいけないと思います。もちろん、それが必要な場面はあるでしょう。しかし、「それこそが校長の力量」とは考えず、「自分が力量がないから」と考えるべきだと思います。

HirarinHirarin2008/07/27 05:35朝日新聞朝刊29面拝見しました。
大きく取り上げられましたね。
タイトルの 「学び合い」で支え合う
小見出しの 全員分かるまで教室動き回る
      「ライバル」が「仲間」に
そして、現場の先生方の実感を伴ったコメント
どれもインパクトがありました。
勉強になりました。
先生もお体に気をつけていい夏にしてくださいね。

jun24kawajun24kawa2008/07/27 06:48う~ん、見たい!

jun24kawajun24kawa2008/07/27 07:26セブンイレブンで買ってきて読みました。
よかった、よかった
これで紹介された学校に参観希望があり、現実の子どもを見てもらえると思います。
百万の言葉より、子どもの姿。
一度見れば、ごくごく自然な姿であり、かえって今の一斉指導の方が「変」と思ってもらえると思います。

iku-nakaiku-naka2008/07/27 14:25今、慌ててコンビニに走り、新聞を買ってきました・・・載ってる!!それも学校名まで。ちょっとビックリです。でも、これが起爆剤になるといいなあ~と心から思います。

jun24kawajun24kawa2008/07/27 17:48少なくとも信管にはなりますね。火薬の方は、iku-nakaさん、よろしくね。