西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/17(木)

[]思い出しました 17:50 思い出しました - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 思い出しました - 西川純のメモ 思い出しました - 西川純のメモ のブックマークコメント

我々は死にます。それは辛いもので、誰も小学生頃には真剣に悩んだのではないでしょうか?しかし、大人になるに従って、「しょうがない」と思うようになり、死を考えないようになります。小学生の頃は、最終的には死ぬことを淡々と受け入れている親を理解できませんでした。しかし、今の私も、あのとき親と同じです。何故なら、生きているものは全て死んでいるのですから。しょうがないと納得しています。

 昨日のメモに対するコメント、また、それを発展させたブログの記事を読みながら高校教師の時の私を思い出しました。

 当時の私はテレビ番組の主人公のように熱血だったと思います。最底辺で苦しんでいる子どもを何とかしようと思いました。特に、担任している子どもはかわいい、本当にかわいい。高い高いしたり、本当にべろべろなめて猫かわいがりしました。その子どもが学校に来なくなれば、ありとあらゆることをしました。何とかしたい。その気持ちには偽りはありません。しかし、定時制が終わる9時ぐらいから保護者に電話をかけます。愛に満ちあふれた内容だと思います。私も涙を流していましたが、保護者の方も言葉になりません。そんなとき、私の頭の中には「あと半月ぐらいで、向こうから退学を申し出るだろうな」ということが浮かびます。

 当時の私の頭の中には、いくつもの区分けがありました。一つは子どもを最後まで追いかけて、学校に引き戻そうとする私がいました。一方、最終的に退学の手続きをとる際、円満に手続きをとってくれるように立ち回っている私がいました。退学して良いことなんて、これっぽっちもないことをよく知っています。そうでありながら、猫かわいがりしている子どもが退学に向かっていることを冷静に分析し、それに対処している自分がいます。

 テレビ番組の熱血教師の頭の中は単純です。ドラマの設定も単純ですから。でも、実際の学校の設定はごちゃごちゃしています。単純な枠組みでは生きられません。その中で、自らの精神の健全を保つために、頭の中をいくつかの区分け、お互いに干渉しないようにしていました。たまに干渉しそうになると、無意識に「しょうがない」と思い、それ以上考えないようになっていました。本当にしょうがないと思っていました。だって、他の先生方も全員、そうなんですから。

 『学び合い』を深めるにつれて、自分の考えがシンプルになっているのを感じます。そして、「この場合はこう、あの場合はこう」と区分けをしていたのが、「本来は一貫したものであるべきだ」と思い区分けをしないようになりました。区分けをせざるを得ない場合は、両区分の干渉を避けず、とことんまで考えるようになりました。

 思い出しました。善良な多くの先生は、頭の中に区分けがいっぱいあるのだと思います。それによって精神の健全性を保っているのだと思います。

MatufitMatufit2008/07/17 16:02ご無沙汰しております。佐賀のmatufitです。
子ども・保護者向けの本で思い出すのは、明大の斎藤孝教授が書かれた「ガツンと一発」シリーズです。エネルギッシュに語っておられました。
西川先生の子ども・保護者向け読本、楽しみにしております。

jun24kawajun24kawa2008/07/17 17:33斎藤孝先生ほどの文才があれば・・・・

cakecake2008/07/18 10:48私は、以前、西川先生の定時制時代のお酒の話を読んで・・・涙が止まりませんでした。家庭を背負ってくる子どもに私が出来ることは何なのか、探せば探すほど自分の無力さに何度も何度も涙を流したことを思い出し、その思いが重なりました。ですから、余計に新書を楽しみにしています。

jun24kawajun24kawa2008/07/18 16:35cakeさんへ
このコメントはメモにアップしようと思います。