西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/07(月)

[]エネルギーを下さい 22:45 エネルギーを下さい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - エネルギーを下さい - 西川純のメモ エネルギーを下さい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分の将来を考えてみました。私は学会から5回も賞をもらいました。人文系では珍しい博士の学位を得ています。23の本を書き、そのうち11は単著もしくは編著です。130の学会誌論文の業績があります。4人の人に主査として博士の学位を与え、3人の大学教師を育てました。おそらく平均的な教科教育の研究者が一生で積み上げる業績の十倍以上の業績があります。今の大学のシステムでは学生指導をいくらしても給料は変わりません。博士の指導をすれば幾分あがりますが、出費の方が多い。私は今48才です。定年まであと17年間あります。その17年間、「十年一日の講義案で講義をして、学生指導をせず、月に一度の会議にでて無言で過ごし、もちろん研究もせず、学会活動もせず、講演もせず」とも私の給料は変わりません。世間は狭くなりますが、もともと人と関わることは不得手です。家族と一緒の時間が増えます。そして、おそらく学内での私は「いい人」となります。何もしなくても過去の圧倒的業績があるので「無能」とは分類されないでしょう。

 だから、「なんでおまえは走るのか?お品が良い程度に規模縮小した方がいいよ」と思います。

 現代の教育は前時代のシステムを引きずっています。さまざまな機能不全を来しています。その病状が最も顕在化しているのは子ども以上に教師です。病気をやむ教師の増加、数ヶ月で止める新任教師、退職に追い込まれる中堅教師は今後増大するでしょう。私の職場である大学でもそれを感じます。私が勤め始めた二十年ぐらい前は、上越教育大学の学生さんは殆ど全員が教師を目指していました。ところが、入学後、教師を目指さなくなる学生さんが増大しています。我々大学教師の努力不足もありますが、教師という職業が魅力を失いつつあるのだと思います。まあ、あれだけマスコミにたたかれれば、腰が引ける学生さんが増えても当然だと思います。

 行政はそれに危機感を持ち、官製の研修を充実し、初任者にはお世話係をつけます。教員はその負担に苦しみますが、しかし、それらが無かったら右往左往してしまいます。官製の研修に代わるべき自主的研修を企画する力も、初任者を育てる教育力も現場は失っています。山のような書類を書かされますが、とにかく書けば責任は問われないのです。書類なんて無視して、実績で対抗する、と大見得を切れる自信もありません。

 『学び合い』にトライし、維持するには高い志と大きな決意が必要です。今の日本においては希有な方々であり、学校だと思います。私はそういう方々と繋がることが出来ます。だから、なんとか志を維持することが出来ます。しかし、私は常に最悪を思い描き、それに対応するために頭をフル回転する癖がついています。共感能力が異常に高く、悲しい映画を最後まで見られません。そんな私のところに日本全国から悩みが集まり、私に関わる人の心配をします。同志から得られるエネルギーと、放出するエネルギーのバランスが崩れると鬱になりそうになります。

 同志各位へ エネルギーを下さい。それさえあれば、「今」悩んでいる人にエネルギーを与えることが出来ます。

MizuochiMizuochi2008/07/07 22:56私がいます。
なんて嫌だな~。七夕の夜に!

isinomakiisinomaki2008/07/07 23:09私たちは「国語」が出来る子どもを育てるために,「算数」ができる子どもを育てるために,教師になったわけではありません。もちろんそれらがどうでもいいと考えているわけではありません。しかし,我々が教師になろうと思った根っこは,子どもたちとかかわり彼らの成長に関与したいという思いです。人間が人間らしく育てる空気が『学び合い』にはあります。私も,『学び合い』に出会ったことが本当に大きな財産です。ですから,私も我流ながら地元でがんばって認知されるように努力します!

歌2008/07/07 23:22『学び合い』を通して、子供たちの驚くような成長を見、教師としてのやり甲斐を感じています。もちろん上手くいくことばかりではありませんが、失敗も私と子供たちを成長させてくれます。
『学び合い』に出会い、学ぶ場があり、それを実践できる場があることに感謝しています。

D902iD902i2008/07/08 01:0924kawa先生の『学び合い』三年目を受けている私は,「人生が救われた」と断言できます。24kawa先生に出会っていなければ,私は人を信じることなく,将来やりたいことも見えず,誰からも期待されることはなかったです。どれほど,先生に人生を救われたか。
私の今後の課題は,先生にご恩をお返しすることです。一生かけても無理でしょうが,方法は私が一番良いと思う方法で返していきます(笑)

OB1989OB19892008/07/08 02:03私もいますよ。

kluger1213kluger12132008/07/08 02:30 先生、少しお疲れですね。大学での講義及び出張、また、多くの先生方の悩みに真摯に対応なさる超多忙な毎日ですから・・・。でも、学び合いの「教師は楽で楽しくなければ」ですよね。
 先生は我々に高~い目標と環境を与えてくださっているのだから、少しのんびりしててください。(昨日の先生からの目標が達成できず、まだ研究室に残っているようなゼミ生をかかえては安心していられないかもしれませんが・・)。

jun393jun3932008/07/08 06:49長野で先生にお出会いし、学び合いの魅力、学び合いを実践している人の魅力を感じました。「気になる子の指導に悩むあなたへ」も帰りの電車で一気に読ませていただきました。共にがんばりましょう。

jun24kawajun24kawa2008/07/08 12:15Mさんへ
 いっちゃた!泰山のような課題をあなたの方に置きます。
Ishinomakiさんへ
 分かってくれる人を見出してくださいね。
歌さんへ
 山もあり谷もあり。驕らず、くさらず、したたかにね。
D902iさんへ
 金もなさそうですので、体で働いてもらいましょう。期待しています。
OB1989さんへ
 県北にしっかりした足場を作り上げてくださいね。
Kluger1213さんへ
 今の課題は序の口ですよ。うふふ
jun393さんへ
 今後よろしくお願い致します。

katunori-skatunori-s2008/07/08 18:42エネルギーがたまったら、わたしに分けてください。
(^_^;)

abematuabematu2008/07/08 20:08おくれました。

くじけそうになったとき、いつもいつも、西川先生から勇気と元気をもらってきました。
恩師がいないわたしにとって、西川先生が恩師です(と勝手に思っています)。

自分が暗くうつむきそうになったとき、西川先生の明るい笑顔と元気な声を思い出します。
どうしていいかわからなくなったとき、西川先生ならどうするだろうと考えます。
それでも、どうしていいかわからなくなったとき、西川先生に直接メールで教えを乞うています。

これからも、よろしくお願いします。

camel921camel9212008/07/08 20:4624kawa先生、いつもコメントありがとうございます。私一人のエネルギーでは微弱ですが、先生のエネルギー源の同志が増えることに貢献したいと思います。
もちろん『学び合い』に魅せられた人間としてです。

jun24kawajun24kawa2008/07/08 21:22katunoriさんへ
 贅肉だったら、いくらでも、うふふ
abematuさんへ
 わたしこそ、よろしくお願いします。
camel921さん
 もっと光をじゃなくって、エネルギーを・・
 お願いします。