西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/07/02(水)

[]昨日、今日 17:04 昨日、今日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日、今日 - 西川純のメモ 昨日、今日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は神奈川の中学校で講演しました。いい感じの中学校です。何しろ、私の講演の後に質問が出るんです。それも4人も、これは凄い。大抵の場合は、頭がパンパカパンになってしまうので質問が出ないのに。

 既に『学び合い』を実践している同志は、初期段階を脱し充実段階に到達したと思います。多少は旧来の尻尾がありますが、もうすぐそれも脱皮しそうです。なによりも力があり、明るい先生なので大丈夫でしょう。さらなる発展は、人に伝えることによって成り立つと思います。管理職の方々も感性が良い先生で、これまた明るく、人なつっこい先生だと感じました。子どもも素直で良い子たちばかりです。驚いたのは授業検討会に子どもが参加したことです。これはとても良い兆候です。この学校なれば、日本初の子どもが仕切る研究会が実現できるかもしれません(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20080102/1199235420)。日本の教育を変えることが出来る研究会です。大いに期待できます。

 帰りの小田急で人身事故があり、予定した電車に乗り遅れました。そのため、昨日は11時半にヘトヘトになって帰りました。本日は会議有り、学校支援有り、また、二日分のメール処理があり、で今までかかりました。でも、とても嬉しいものを観ました。それは現在支援をしている学校の先生の変容です。昨日の様子はMさんのブログで知りました(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Mizuochi/20080701)。本日の授業を見させて頂きました。国語の『学び合い』は旧来の尻尾があるため、子どもの動きが鈍くなるところが一部にありました。しかし、金曜日の授業に比べれば全然違います。なによりも声がけのポイントが違います。私は別の仕事があったので観れませんでしたが、続く算数の『学び合い』に関しては花丸であるとMさんからうかがいました(その事、アップしてね)。続いて昼休みに、その先生と明日の授業の展開を話し合いました。Mさんが「教科書のここから、ここまでをざっと、今日みたいにやりましょう」と言ったら、それで十分でした。あははは。開始から3回程度で算数の『学び合い』は初期段階を脱しました。国語に関しては、あと1、2回で初期段階を脱せると思います。私は、色々なところで「1週間、最悪でも2週間で初期段階になります。」と豪語しています。そして、それを本気で信じています。そして、なによりも何度も経験しています。が、何度経験しても、それをライブで観ると本当に魔法のように感じます。たった1、2週間で子どもたちの人間関係や学習に対する取り組みが激変し、先生の表情が柔和になり余裕が出来ます。本当に魔法のようです。

 今月中には、一気に、全教科『学び合い』が充実段階まで行くまで怒濤でサポートしようと思っています。

追伸 Mさんと私の先生方へのサポートは理想的な教員研修の姿だと思います。子どもを目の前にして、具体的に子どもの見取りの視点を語り、声がけの例を伝える。その先生はその視点で子どもの姿に驚き、自分の声がけによって子どもの動きが変化することに驚く。徐々にサポートが少なくなります。やがて、互いに自ら見取ったことを笑いながら語り合いながら1時間を過ごす。幸せな時間です。そして、本当の力になる研修です。