西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/04/15(火)

[]花見 21:47 花見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 花見 - 西川純のメモ 花見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 研究室の花見を学内で行いました。とても楽しかった。何故か暖かく感じる花見でした。

[]出前授業 13:31 出前授業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出前授業 - 西川純のメモ 出前授業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 信州大学のM先生(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/)が以前より『学び合い』の出前授業をやっておられます。飛び込みのクラスで、『学び合い』の授業を実現するという手品みたいな事をやらかします。本学のM先生(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Mizuochi/)もやって頂けるとのことです。ご希望の方はそれぞれの先生にご連絡下さい。

 かって「教職経験5年前の先生は読んではいけません」というキャッチコピーの本を「私」は書きました。愚かだったと思います。今では笑えます。しかし、『学び合い』の研究が進み、新規採用者でも『学び合い』が出来ることに不安はありません。ある時、若い学生さんが、飛び込みで『学び合い』の授業にトライしました。見事に失敗したそうです。その学生さんは自らの教職経験の無さに由来すると理解されました。しかし、私は違うと伝えました。飛び込みで成功するか、しないかは、授業者の能力ではなく、そのクラスの担任(教科担任)の力量、また学校の文化に依存します。すくなくとも『学び合い』の文化が成立しているクラスならば、大学1年生でも実現できます。だって、そばにその担任がいるならば、その先生のオーラがクラスを包みます。そして、その学生さんがしゃべることは「どうぞ」だけなんですから。

 『学び合い』の出前授業を頼むような学校だったら、『学び合い』に近い考えで運営されている可能性がありますので、比較的に楽に『学び合い』を運営することが出来ます。それだったら、『学び合い』を理解している学生さんだったら1,2時間で『学び合い』を成立させることが出来ます。しかし、『学び合い』との距離が離れているとなると、さすがに学生さんには1、2時間では無理です。なぜなら、最初の語りをちゃんとやらなければなりません。そのためには「聞くぞ~」という構えを、最初の5分、10分で成立させなければ、1,2時間では時間が足りません。そうなると、今までの経験・テクニックが必要となります。両M先生は『学び合い』を理解して、かつ、経験・テクニックがあります。

追伸 学級崩壊しているようなクラスでは、いくら我々でも1時間、2時間の時間で『学び合い』を成立させることは出来ません。しかし、1ヶ月を与えて頂ければ、どんなクラスでも以前より遙かによい状態にすることは約束できます。

OB1989OB19892008/04/15 21:53お褒めにあずかり光栄です。MMコンビで売り出します。

jun24kawajun24kawa2008/04/15 21:58おおいに期待しております。

MizuochiMizuochi2008/04/16 14:17MMコンビと言っていただけるとは光栄です。
次はどなたでしょうか?

katunori-skatunori-s2008/04/16 21:29「感化」というのでしょうか。『学び合い』の先生方はプラス思考ですね。そして、明るい。今日の記事を拝見しても、前に進む勇気をいただけます。同志の皆さんのブログの中にも、「楽しみ」「わくわく」「期待」など、悲観的な表現がほんとに少ないのです。
「信じる物は救われる」でしょうか。

jun24kawajun24kawa2008/04/16 22:14はい、救われますよ!