西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/24(月)

[]申請 21:13 申請 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 申請 - 西川純のメモ 申請 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 kaji62さんへ、『学び合い』グループへの参加申請、ありがとうございました。ただ、氏名、所属の記名がありません。私の方にメールいただければ、直ぐに処理いたします。

[]誇る 21:00 誇る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誇る - 西川純のメモ 誇る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 地元、上越で『学び合い』を取り入れようとしている学校があります。本年度は、ライブでお世話になりました。その学校の校長先生は私の地元での講演を聴いていただきました。その校長先生からライブ参観の希望があったので、前年度に埼玉のH小学校でライブを見ていただきました。早速本年度、自分の学校で自分で『学び合い』を実践されました。そして、6年生の担任のKa先生に勧めました。Ka先生は最初は悩まれながらも実践しました。その頃に、私の研究室に二人の学卒院生が所属しました。とにもかくにも授業を見ることは勉強になるのでKa先生のクラスに張り付かせました。そのKa先生の実践に刺激を受けKo先生も『学び合い』に取り組まれるようになりました。そして、両クラスの異学年の『学び合い』を取り組まれるようになりました。その間、ずっと二人はその学校に張り付いていました。

 その学校の校長先生から以下のメールをいただきました。

 「本日は、○さん、○さんまで卒業式に参列いただきました。ありがとうございました。六年生の呼びかけの中で、『学び合い』について言及した子供が14名もいました。小学校生活の思い出や中学への決意を述べる箇所でしたので、過半数の子供が『学び合い』のインパクトについて語ったことになります。一年間、お世話になりましたことに厚く御礼申し上げます。「1回飲み会というか反省会をした方がよいなぁ」と思っていたのですが、なかなか日程がとれません(後4回こなさないと本年度が終わらない)。「新年度なったら企画しましょう」とKa、Ko両担任と話しています。」

私は全国の同志にわがゼミ生を誇りたい!

 日本全国の教育を研究する若き学生の中で、一年間、現場に張り付いている学生はどれだけいるでしょうか?そして、卒業式に招待される学生はどれだけいるでしょうか?そして、校長先生から感謝され、反省会の飲み会をやりたい、と言われる学生がどれだけいるでしょうか?その学生が我がゼミにいることを本当に誇ります。そして、良き出会いがあり、子どもたちが喜んでくれたことを嬉しく思います。子どもたちに幸多かれと願います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/yu10514/20080324

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/vivienne_ky_666/20080322

[]集中講義 20:35 集中講義 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 集中講義 - 西川純のメモ 集中講義 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日および本日、筑波大学で集中講義をしました。我が後輩を教えることの出来る光栄を感じます。

 聞いてくれる学生さんは多様です。修士課程の学生さん、博士課程の学生さん、そして偽学生さん。教えながら感じるのは自分が年をとったということです(当たり前だ、という外野の声が聞こえそうですが・・・)。何故そう思ったかと言えば、年齢の違いはあれども、すべての学生さんが純粋に可愛いと感じるからです。本当に頭をなでなでしたいという気持ちになります。集中講義でのラインナップは、基本的に一斉指導です。まあ、講演会の語りを1日半続けるというようなものです。そして、最後に『学び合い』のビデオを見せて「一斉指導の方が『学び合い』より優れているところを言ってください」と挑発します。そして、30分間、『学び合い』をさせたところで私が学生さんの挑戦を受けて立つ、というものです。

 いろいろな意見が出ました。しかし、最高の挑戦は素晴らしかった。曰わく「先生の講義は一斉指導で、聞いているときはなるほどと素直に聞けたので、一斉指導もいいと感じていました。しかし、先生から「さあ、「一斉指導の方が『学び合い』より優れているところを言ってください」と言われていると、ストレスがかかります。それまでの『学び合い』では楽しかったのに、先生がどんどん追い詰められていくと、反論できないがストレスが感じます。それだから、『学び合い』の方がいいと感じました。」です。

 まさに「一本~!」です。私の中にある旧来のしっぽを鋭く突くものです。小気味が良かった。

[]中学生からのメール 19:33 中学生からのメール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中学生からのメール - 西川純のメモ 中学生からのメール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 例の彼からメールをいただきました。以下の通りです。

 「・・・( ̄  ̄;) うーん、確かにそうゆう先生と生徒の立場(学ばなければいけないのと学ばなくてもいいの)は違いますね。私も正直メール送ってから思ったんですよ。先生はそこまでして勉強する必要があるのかって。私自身(意見を出した側)が考えがまとまっていないのはだめですね。理由もきちんと述べられないと・・・。てゆうかそこまで深く考えていませんでした・・・すみません。疑問はそのへんです。あとはほかの生徒にも意見を聞いて、疑問が出てきたらまたメールしたいと思います。ですが、このままつながりが薄れていくのも勝手ながら寂しいと思います。なのでこれから、学びあいだけではなく今日こんなことがありました。みたいなメールも送ってもよろしいですか?

 とても身勝手だとは思うのですが、少し考えといてください。m(._.)m おねがいします。純先生のご祈願とご栄光を、お祈りしています。(←これって不自然じゃないですか?なれない文を書くとどうしても不安で・・・)」

 私の返信は、もちろん「わかってくれてありがとう。どんどん突き進んでください。メールはウエルカムですよ。あはははは」

[]復帰 19:33 復帰 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 復帰 - 西川純のメモ 復帰 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 やっとインターネット環境に復帰しました。山のようなメール処理をしているところです。順次、メモを書きたいと思います。

kaz-horiekaz-horie2008/03/24 21:18今日はありがとうございました。
話を聞いている中で「あー、そういえばあの時はあぁだったよなぁ」「あのときの生徒の様子は正にそうだったよなぁ」とクラスのことが頭に浮かんでいました。

最後の「挑戦」の時に「高校生の映像ありませんでしたよねぇ…できないんじゃ…」という声があったので、「いや、高校生も一生懸命やってますよ!」と言ってしまいました。

反論するはずが邪魔してしまったので口を閉じました…。

学生のみなさん、本当に鋭い意見ばかりでした。

jun24kawajun24kawa2008/03/24 21:29ごくろうさまでした。
今後も期待しています。

mzakisyomzakisyo2008/03/26 00:51集中講義、お疲れ様です!お忙しいなか、研究室への訪問を受け入れてくださってありがとうございます。明日、お会いできることを緊張しつつ楽しみにしています。