西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/19(水)

[]クイズ 23:06 クイズ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - クイズ - 西川純のメモ クイズ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家に帰って、息子のクイズを読みました。

 「問題 この町は、いえが10けんあります。そのうち3けんひっこしました。なんけんになったでしょうか?」

 みなさん、答えは7けんだと思うでしょ。私も家内もそう思いました。

 答えは10けんです。理由は「人はひっこしても、いえはなくならないよ」です。

[]大学教師の醍醐味 22:55 大学教師の醍醐味 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教師の醍醐味 - 西川純のメモ 大学教師の醍醐味 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 追い出しコンパの間中、いや、それ以前からずっと思っていたことです。

 現職院生さんはある意味で完成されています。私が出来ることは、「子どもの生の声を徹底的に聞く」、「『学び合い』の考えを整理された言葉として伝える」、「高い志を伝える」の三つです。これに関して、十分に伝えられたと自負しています。だから、現職院生さんの修了に関して、なんの不安もありません。むしろ、来年からの成果を期待しています。

 が、学卒院生さん、4年生に関しては、もう少し私の手元で育てたいと願います。私が育てるのではなく、我がゼミで育てたいと願うのです。だから、彼らと離れるのが辛い。

 が、追い出しコンパで語る彼らの言葉を聞きながら、考えが変わりました。彼らの言葉を聞きながら、学校教育が出来ることが終えた、と感じました。そして、彼らは職場において育てられるべきだ、と感じました。それが分かるにつれて、ウルウルしっぱなしだった私の涙が引っ込みました。

 現職院生さん、学卒院生さん、4年生に感じる、この感覚って、おそらく大学教師「しか」感じられない醍醐味だと思います!!!!!!!

追伸 ただし、4年生の一人は、我がゼミに残ります。彼をどのレベルに成長させるか、それが私への挑戦です。私が教えるのではありません。私が頭をひねるのは、彼に何を課題と与えるか、と、彼が誰と繋がれる機会を与えるか、です。ワクワクします。

追伸 1次会で退散し、今は自宅でくつろいでいます。

[]評価 18:21 評価 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価 - 西川純のメモ 評価 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の全体ゼミに参加できなかった、4年生と修士2年生に昨日と同じ事を語りました。が、長居をしすぎました。泣いてしまいました。

 本日は卒業式です。これから西久保ゼミの追い出しコンパがあります。1次会で退散することにします。

[]クイズ 09:52 クイズ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - クイズ - 西川純のメモ クイズ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 数日後に引っ越しをするお友達・お母さんの送別会があります。そこでの出し物として、幹事のお母さんから息子にクイズ大会をするよう依頼がありました。そのことを家内から息子に言うと、「まかせなさい」と自信ありげな応えです。本日の朝、そのためにクイズを作りました。例えば、「銀メダル取った人が多い県はどこ?」を作りました。答えは「にいがた(二位がた)県」です。これはOKです。「お巡りさんがゲームをするときはいつ?」というクイズをつくりました。答えは「けいむ(警務、ゲーム)」だそうです。これは落ちがみんなに分かりづらいので、×にしました。

makine45makine452008/03/20 07:19「彼らは職場において育てられるべきだ」に同感です。かのO氏の例を見るまでもなく、社会に出る勇気を彼らが育ててほしいと願っています。社会は新しい若い血を待っています。

jun24kawajun24kawa2008/03/20 07:36たしかに、O氏ことSは職場が育てたね。若い血を5人分送ります。

kaz-horiekaz-horie2008/03/20 10:04偽学生の受け入れ、ありがとうございました。
茨城に住んでいてよかったと思います。

jun24kawajun24kawa2008/03/20 11:35こちらこそ、楽しみにしています。
なお、この種の講義においては、『学び合い』とま逆のことをやります。つまり、話術と教材で、ぐいぐい引っ張るんです。自分で言うのも何ですが、私の授業は、うまいですよ~。あははは