西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/08(土)

[]No60さんへ 07:58 No60さんへ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - No60さんへ - 西川純のメモ No60さんへ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 おそらく、昨日のメモをご覧になったのではと拝察しています。退会処理と再度の参加申請を頂きました。お手数おかけしました。ところが、再度の参加申請にも必要事項の書き込みが見られません。なんらかのエラーがあると想像します。私のところに直接メールを送っていただければ、こちらで処理できます。よろしくお願いいたします。

iku-nakaiku-naka2008/03/08 21:25「成長をずっと続ける方法」が昨日の私のブログで先生が言われたこと(質問?)に対するメッセージだと理解しました。生徒も私も腐らないよう、更に「もっと」を望みたいと思います。

jun24kawajun24kawa2008/03/08 21:38 一番は、自分に対する戒めです。互いに戒めあいましょうね。

とんたんとんたん2008/03/08 21:46私は学び合いを高度化してくためには、集団を広げていくよりも
課題を広げていく方がよいと考えています。
そして課題を高度化していくということは、より単純化していくことでもあります。そして、課題を子どもに落とすということです。

「腐らせない」ためには、評価で子どもの学びに価値づけてあげることが最も有効だと考えています。

jun24kawajun24kawa2008/03/08 21:57はい、その方向での課題の高め方は「教材研究の罠」に陥らない、すばらしい方向性だと思います。ただ、その課題に向かう「熱意」を高めるには、「集団を広げる」ことの有効性を感じるのです。
人は100の力があっても、普通は60程度の力が限界だと思います。それを70、80、そしてそれ以上まであげるには、「みんな」を抽象度を高めることだと思っています。結局、とんたんさんの方向性をおしすすめて「単純化」すると集団にいきつくと思います。とんたんさんの方向性で是非、推し進めて下さい。

とんたんとんたん2008/03/08 22:29はい。今年は本校で多くの先生方に取り組んでもらう予定なので、いろいろ見えてくる部分が出てくると思います。この方向で推し進めてみます。

もちろん誤解の無いように申しますが、一般的な教材研究は大反対です。指導案もいらない。見通しはあっても、別にその通りにならなくていいですもんね。というか自分の見通しを子どもが越えてくるから授業は楽しいんです。

jun24kawajun24kawa2008/03/09 08:33とんたんさんへ
 是非、御校を変えて下さい。そして、御校の実践をF県の先生方に公開して下さい。見せればインパクトあるはずです。そして、分かる先生には伝わるはずです。F県が変わる起爆剤となります!S先生と一緒にどんどん進めて下さい。