西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/03/07(金)

[]同志へ 16:33 同志へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同志へ - 西川純のメモ 同志へ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我々は繋がっています。

[]『学び合い』グループへの参加 22:04 『学び合い』グループへの参加 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』グループへの参加 - 西川純のメモ 『学び合い』グループへの参加 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前のメモに書いたように参加申請には注意があります(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20080224)。現在、そのため参加申請を頂きましたが、承認手続きを出来ない方が数人おられます。このようになったのは我々が利用している「はてな」の仕様に基づくもので、参加の際の画面で注意を喚起できないためです。すみません。我々は、いつでもだれでもウエルカムです。是非、以前の申請を「退会」で消去し、あらためて申請し直して下さい。なお、手続きが難しい場合は、我々の同志の中で手続きを代行してくれる人がいます。どうぞ、私にメールして下さい。

[]強者の学習論 14:13 強者の学習論 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 強者の学習論 - 西川純のメモ 強者の学習論 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前、Mさんが大学院で『学び合い』を発表したら、別研究室の同級生の現職院生さんに「あなたのは強者の学習論だ」(正確ではありませんが、おおよそそう言う意味です)と言われたそうです。その方はそのように判断された理由は色々あるでしょう。でも、最大の理由が、それを語るMさんが自信満々で、希望にあふれていたからだと思います。

 現場で実践でヘトヘトになって、せめて2年間だけも骨休めしたいと思って大学院に来られる人もいます。そのような方にとって、大学院が終わると言うことは、「あの」現場に戻ることを意味しています。憂鬱になるでしょうね。ところが同級生が自信満々で希望にあふれて現場に戻ろうとする姿を見れば「強者」と思えるでしょう。でも、Mさんとその人に大きな違いがあるわけではない。Mさんが修士課程に入学した当初は、今にも自殺しそうなようすでした。初対面の私は、正直、心配しました。長年つきあっていますが、落ち込みやすく、ネガティブに物事を解釈する傾向があります。では、両者の違いを分けたものは何か、それはネットワークです。それがあるか無いかは大きな違いです。ふと、上記を思いました。

 「みんな」で高まりましょうね!

追伸 言うまでもなく、私の知っている人の中で、一番落ち込みやすいし、ネガティブに物事を考える人は、私です。私もネットワークによって救われています。だから、私みたいな人は『学び合い』の良さを分かるのだと思います。だから弱者の学習論と「も」言えます。

koushinsenjinkoushinsenjin2008/03/07 15:17 私もすぐ眠れなくなるタイプですが,1人ではないというのは,やっぱり大きいです。

jun24kawajun24kawa2008/03/07 16:14という、コメントをいただけることで強くなれます。感謝。

kaz-horiekaz-horie2008/03/09 22:32『学び合い』をやってみようと思ったきっかけは、その考え方はもちろん、「同じ志の先生方が熱く語っていらっしゃる!」という繋がりを求めていたからでもあります。

jun24kawajun24kawa2008/03/09 22:42ありがとう同志
ともに熱く語りましょうね。