西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/02/18(月)

[]異学年 22:51 異学年 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 異学年 - 西川純のメモ 異学年 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上越には11月頃から定常的に5年、6年の異学年で算数をやっているS小学校があります。子どもたちの姿がすばらしと思います。「「忙しい!」と誰も言わない学校」に紹介したYamさんの研究によれば、学年構成が複雑であるほど集団は良くなるはずです。そこで、S小学校に行くたびに、「もっと多くの学年を巻き込んだら」と焚きつけていました。本日、連絡がありました、4,5,6年の異学年をやり始めるそうです。ワクワクです。

 年度末のこの時期に、新たな一歩を踏み出す、S小学校の先生方に深い敬意を表します。でも、それが当然なのだと思います。だって、年度は教師にとっては意味がありますが、子どもにとっては毎日、毎日が、かけがえのないものですから。上記を、日本全国にちらばる○○さん、○○さん、○○さん・・に向けて語ります。あと1ヶ月しかないかもしれませんが、あと1ヶ月もあるのです。

[]大阪の同志 21:43 大阪の同志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大阪の同志 - 西川純のメモ 大阪の同志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は大阪の同志の授業を参観しました。参観しながら、どういうところが『学び合い』の伝わりにくいのかを考えました。一応、いくつかのポイントを語りました。でも、自転車の運転と同じで、ふらふらしながらでも運転できるようになれば、すぐに体に染みつきます。そして、その段階を既に越えています。

 大阪で『学び合い』のライブを見せることが出来るならば、近畿に『学び合い』を伝えることが出来ます。ワクワクしました。

[]政治は出来ない・・・ 06:49 政治は出来ない・・・ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 政治は出来ない・・・ - 西川純のメモ 政治は出来ない・・・ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、ある学生さんと話し合いました。その学生さんは、話を聞きながら「はい、そういうことが有効である場合もありますね」と限定的に相づちをします。また年長の先生だったら、「この馬鹿、何言っているんだ」と腹で思っていても、「全くその通りです」と応えるでしょう(私はこの種のことに敏感なのですが、それを気づかせないように話し続けることは出来るようになりました。えっへん)。そうできないところが学生さんです(あの年齢では美徳の一つともいえます)。でも、私はこの年になっても学生さんレベルです(決して美徳ではないですが)。「あ、この学生さんテクニックのレベルで理解している」と判断し、またまた熱く語ってしまいます。人には「伝わらない人にこだわるよりも、伝わる人を増やしましょう」と言っても、旧来の教師根性が残っています。とほほ。それに比べると、政治が出来る学生さんがちゃんとフォローしていました。偉いな~

 [虎の穴]カテゴリーに補足すべきと思いました。あれは、現場経験のない学生さんや、現場経験1年ぐらいの先生をイメージして書いています。決して「名人教師・スーパー教師養成講座」ではありません。教師を5年もやれば、教科書と教師用指導書をちょこちょこ見れば、1時間の話の組み立てを出来るようになるでしょう。校長から「教案を出せ」と言われない限り、教案を作らなくなるでしょう。そんなレベルになれば、怒鳴るように語る必要はありません。視線の動かし方に気を遣う必要はありません。十年一日の授業をするよりは、自ら教材を開発し、それを実践するのはよいことです。だって、教師が生き生きしていれば、子どもは生き生きしますから。

追伸 ここでメモを終わればいいのですが、上記のことを理解しつつも、「私は一斉指導、および、それを前提としたすべての営みは、意味がない」と心の中で思っている。と、心の外に表明してしまうのが私の性分です。同志各位は、政治をしてください。私は出来ませんから。とほほ

[]ライブ参観 08:43 ライブ参観 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ライブ参観 - 西川純のメモ ライブ参観 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日までは博士課程の仕事で大阪、兵庫におりました。その仕事が終わったのは5時で、大阪に着いたのは7時半でした。そういう予定ですので上越に帰るとしたら、夜行で夜中の2時に到着するか、富山で一泊して朝一番で帰るという流れです。しかし、かなり体に無理がきそうです。以前、それをやった直後に、「不整脈」になってしまいました。

 最近、大阪の同志から「ライブ参観に行きたいが、行けない。自分の実践が正しいか不安だ」とのメールをいただきました。私は「ビデオを送ってください。コメントします。」と返信しました。そのことを思い出しました。そこで、急遽、その先生にお願いして、1、2時間目の授業を参観させていただくことになりました。急なことでしたが、校長先生もご快諾いただきました。ということで本日はライブ参観に行ってきます!

こがけんこがけん2008/02/21 22:42西川先生、先日はありがとうございました!
私のこれからの課題は、言行一致です。
『学び合い』がさらに自分の腑に落ちました。
よい報告ができるよう、がんばります。

jun24kawajun24kawa2008/02/22 06:46期待していますよ。
今、関西が弱い。
だから、ライブ参観に上越や名古屋まで行かなければなりません。
一昨日、上越にライブ参観した学生さんにライブの様子をこがけんさんに話して、うらやましがらせるようお願いしました。
是非、大阪でライブOKの地を作り出して下さいね。
広げることによって高まる。これが『学び合い』の基本です。