西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/02/03(日)

[]中学校に繋げるには 15:00 中学校に繋げるには - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中学校に繋げるには - 西川純のメモ 中学校に繋げるには - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小学校で『学び合い』を経験した子どもに、どうやったら中学校で『学び合い』を保証する方策を提案します。

 まず、我々が地道に『学び合い』を広げる努力をしましょう。その活動の中には、地域の学校に広めることが必要です。ただし、これには時間がかかります。そして、一人一人の子は、来年、それを求めています。では、どうするか?です。

 ポイントは「保護者」です。小学校の教師は自分の教え子の中学校についていくことは出来ません。ところが保護者はついて行きます。そして、学校は保護者の正当な要求には弱いものです。だから、保護者に『学び合い』の良さを分かってもらう必要があります。そのためには、保護者が求めていることに関して、十分に応えているという目に見える実績を積み上げましょう!

[]京都 14:43 京都 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 京都 - 西川純のメモ 京都 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今度の京都は充実していました。前のメモの書いたとおり、金曜日はI先生と二人の同志社大学の学生さんと飲みました。8時から1時半まで飲み続けたのです。これだけの時間、私と同じペースで飲めば、たいていの学生さんは「ゲロ」吐いて倒れてしまいます。ところが、最後まで飲み続けた。上越教育大学においては7、8年前に絶滅したと思われる、私の大好きな学生さんです。あはははは

 昨日は1時半より会が始まりました。昨日の学生さんもさわやかに参加です(脱帽)。そこから1時間10分程度、私が講演しました。その子、『学び合い』をしてもらいました。私の指示したのは「講演した『学び合い』に疑問や意見もあると思います。是非、それを話し合ってほしい。そして分からないことがあれば、手を挙げてほしい。私は応えます。なお、質問者が質問している間、私がしゃべっている間、静かにする必要はありません。途中でトイレに行くことも自由です。話し合いでは4~6人ぐらいが適当だと思いますが、それはお任せします。『学び合い』のセオリーから言えば、異質な出会いは多くのものを得られます。同じ大学、同じ職場の人は別々なグループに入った方が良いと思います。が、それもお任せします。20分後から質問を受け付けます。どうぞ」です。それから2時間、ずっと学び合っていました。『学び合い』のセオリー通りです。学ぶ価値のあるテーマを与えれば、ゴチャゴチャした手続きをする必要はなく(いや無いからこそ)学習者は学び合います。私の全体に指示したことはとは、盛り上がりすぎて時間に終わりそうもないので「やめてください」と言ったことぐらいです。

 関西を中心とした先生方、学生さんばかりではなく、岐阜、愛知、徳島・・・から参加していただいた方々に感謝します。皆さんの心に届いたと信じています。

追伸 同志各位へ。会では「ライブを見に来てください」を連呼しました。よろしくお願いしますね。

iku-nakaiku-naka2008/02/03 21:17・・・そうか!!!。保護者か!!!。その手があった!!!。確かにそうですね。私は、小中連携など「義務教育」から始めようかなあ~と思っていましたが、確かに、高校だって授業をするんですもんね。そうか、保護者かあ・・・。

jun24kawajun24kawa2008/02/03 21:38そうですよ~
ちなみに、教師が校長を超える権力者になれるポイントも保護者なんです。

とんたんとんたん2008/02/04 07:01西川先生のおっしゃる通りですね。
自分の学級については、これまで何度も学級通信で「教えない」ことの話をしてきました。ただ、もっと保護者にも広げて、保護者にも授業を観る力を身につけて(まあ、身につけなくても子どもの姿みれば分かるでしょうが、場合によっては誤解されるかもしれませんね)もらう必要があるでしょうね。
うちでは来年度から、保護者向けに研究だより(よい授業とは)を定期に配布する予定です。
ちなみに中学校対策として我がクラスのメンバーには、相手(先生)を観て、「自分たちでやらせて!と相談してごらん」と相談してごらん。これが精一杯のアドバイスです……。

jun24kawajun24kawa2008/02/04 08:04期待しています。
子どもたちのために、どんどん、やりましょう!

koushinsenjinkoushinsenjin2008/02/04 23:35 このスレを読んで、ずっとどきどきしています。
 先生、このサイトは、もちろん誰でも閲覧OKなんですよね?
 保護者も、生徒も児童も、それ以外の方々でも。

jun24kawajun24kawa2008/02/05 07:52はい。
だって、手の内をさらすというのが、我々の基本でしょ。
ここで書いたことは、保護者にとっても利益であることを書いているんですから。
是非、保護者に紹介して欲しい、と言いたいぐらいです。
あはははは

ながたくながたく2008/02/05 19:59岐阜の長瀬です。ありがとうございました。
「学びあい」が本学級でも始まりました。まさに、「かくれ学びあん」といったところですが、非常にスムーズにいきました。楽しくなってきました。

jun24kawajun24kawa2008/02/05 21:45ながたくさんへ
楽しんで下さい。そして分からないことがあれば、みんなでサポートしますよ。