西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/01/29(火)

[]志の重層関係 22:52 志の重層関係 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志の重層関係 - 西川純のメモ 志の重層関係 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ちょっと難しい、哲学的な表現です。すんません。

 我々は、基本的にはエゴイストです。でも、家族という自分以外の人の幸せを本気で願うと自分が幸せになることを知っています。

 でも、それより抽象度が高くなると理解するのが難しくなります。我々は「成績が上がり、人間関係が改善し、特別支援が楽になる」と主張しています。多くの人にとっては、誇大広告に過ぎると思うでしょう。そう思うのは当然です。でも、私には驚きなのは、それが誇大広告ではないと分かっても、それにシフトしない人がいるからです。でも、しょうがありません。狭い、狭いエゴの立場に立てば、赤の他人の子どもの成績が上がること、人間関係が改善すること、障害が楽になることは、どうでも良いんです。ようは、自分のクラス、授業で文句を言われるずに終わり、あまり遅くならずに自宅に帰れれば良いんです。残念ながら、それが現実なのかもしれません。

 でも、本当のエゴを実現するためには、より高い望みを実現しなければなりません。家族と自分の関係と同様に、子どもたち一人一人、そして全員の幸せは、自分の幸せにつながります。そして、自分のクラスが幸せになり、自分が幸せになった後は、その後があるのです。それは、自分の学校、自分の地域が幸せになることが、自分の幸せになるのです。自分が正しいと思っていること、自分が幸せに思っていること、それを広げる努力をしないのは、狭いエゴなんです。でも、愚かな私には、その力はありません。私が伝えられるのは、数少ない同志ぐらいです。とほほ

 同志に求めます。自分の知っていることを、自分が知っていることでよしとしていないでしょうか?そして、この1年、それを広げ、同志を求める努力をしているでしょうか?もちろん、手強い相手を説得せよ、とは申しません。でも、説得できる人はいるはずです。では、何人、説得できたでしょうか?しょうがない、と諦めているのは狭いエゴです。伝えることによって高まる、これは子どもの『学び合い』だけではありません。そして、それによって、多くを得るということも子どもの『学び合い』だけではありません。

 ちなみに、下の「Q&A」の同志のメールの最後に以下がありました。その伝えた人によって、自分が高まっていることを、その同志は知っています。

『うれしいことがあります。本校の○年生の担任の先生は若い先生です。私が昨年持った子どもたちを今年度もってくださっています。私の学級を引き継いでもらったこともあり,よく子どもや授業の話もします。その先生も私の情報をもとに「学び合い」に取り組んでいるのですが,その学級の成績がどんどん上がっているみたいです。「え,あの算数の苦手な○○ちゃんが90点!?」「○○君が100点?」という感じ。さらに驚きなのは,算数の苦手な○○ちゃんにその先生が「すごいねえ~,がんばったねえ~」と言ったら○○ちゃんは「みんなが90点取らなきゃ意味ないじゃないですか,先生いつもいってるでしょ。」と答えたそうです。ヒエ~。そのことをまたうれしそうに話してくれるその先生にもまた脱帽です。その先生も一緒に高崎におじゃまするつもりです。よろしくお願いします。』

katunori-skatunori-s2008/01/29 22:38「どう語るかは、その方しか分からないこと」なんですね。
先生は、わたしたちにめあてを示し、結果を求め、そして方法はゆだねてくださるのですね。きつそうですが「理想の上司」です。

rion_fujirion_fuji2008/01/29 23:01 私が担当するあるクラスには,まったく耳が聞こえない子がいますが,周りの子と十分学び合っています。ただ「みんな」を求め,本気で求めていることをアピールする場面を2回ほど設定しました。あと少しだけ配慮しています(目標を共有する場面で他の子が対象児に伝えているときは間を取ります)

jun24kawajun24kawa2008/01/30 07:00ありがとう同志
我に百万のみかたあり!

iku-nakaiku-naka2008/01/30 09:01私の「志」は、まだまだ「狭いエゴ」だと痛感しました。教師の「業」のハードルは高いですが、「粘り腰」で頑張りたいと思います。私はみんなが「みんなの幸せ」を願っていると信じています。

jun24kawajun24kawa2008/01/30 12:25期待しています。