西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/01/29(火)

[]校長来る 16:51 校長来る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長来る - 西川純のメモ 校長来る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、上越に『学び合い』のライブを見に校長が来ました。いつも通りの『学び合い』です。見終わった校長の感想は、実に典型的な反応です。それは、「子どもたちが自然ですね」という反応です。『学び合い』を本などで読むと、何か魔法の何かがあると感じます。そうでなければ、「2週間以内に、成績が上がり、人間関係が改善し、特別支援が楽になる」という、とてつもない効果はありえないと思うのが普通の考えです。しかし、ライブを見れば、それが、ごくごく自然であることが分かります。

 でも、同時に「これを、どのように職員に伝えたら・・」とおっしゃっていました。これまた典型的です。そこで、「私を呼ぶお金があったら、管下の職員をライブ参観させて下さい。百の言葉より、ライブが一番です。できれば二人以上で派遣するといいです。何故なら、帰りの車中で自分が見たものを語り合うことによって理解し合えます。そして、帰ってから他の職員に語るとき複数だと心強い。上越までおいでにならなくても、最寄りの実践者のところを紹介します」と申しました。

 教育センター、教育研修団体、県市町村教育委員会の主催するような多人数の研修の場合は、派遣して下さい、とも言えません。でも、学校単位の研修会だったら、私を呼ぶより、その予算で、こちらに来て頂いた方が、数段効果があると思います。

追伸 今回は、上記の提案をして校長がライブ参観です。でも、上記のような提案をして、「いや、時間がなくって」と断るようなところだったら、とてつもなく失礼ですよね。だって、私だって時間がありません。その私を呼んで、自分は忙しいというのは・・・。まあ、その失礼を乗り越えるだけの講演料を頂けるのであれば、いいですけど。あはははは。

 なお、ライブにまで来ていただいた、その校長の学校に3月におじゃまします。がんばるぞ~

katunori-skatunori-s2008/01/29 22:38「どう語るかは、その方しか分からないこと」なんですね。
先生は、わたしたちにめあてを示し、結果を求め、そして方法はゆだねてくださるのですね。きつそうですが「理想の上司」です。

rion_fujirion_fuji2008/01/29 23:01 私が担当するあるクラスには,まったく耳が聞こえない子がいますが,周りの子と十分学び合っています。ただ「みんな」を求め,本気で求めていることをアピールする場面を2回ほど設定しました。あと少しだけ配慮しています(目標を共有する場面で他の子が対象児に伝えているときは間を取ります)

jun24kawajun24kawa2008/01/30 07:00ありがとう同志
我に百万のみかたあり!

iku-nakaiku-naka2008/01/30 09:01私の「志」は、まだまだ「狭いエゴ」だと痛感しました。教師の「業」のハードルは高いですが、「粘り腰」で頑張りたいと思います。私はみんなが「みんなの幸せ」を願っていると信じています。

jun24kawajun24kawa2008/01/30 12:25期待しています。