西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/01/24(木)

[]グループ構成・解答編 12:49 グループ構成・解答編 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - グループ構成・解答編 - 西川純のメモ グループ構成・解答編 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ありがちな誤答は、教師が班を構成するというのがあります。これは最悪です。だって、どんな班がベストの班だということが教師に分かるでしょうか?課題によって、その日によって、一人一人の子どもにとってのベストの班があるのです。それらが互いに影響し合って、その課題、その日のクラスの班が決まります。そんなの教師が分かるわけありません。

 次に、ありがちな誤答は、「休み時間の仲良しグループは駄目です」と言うことです。これは、目標と方法を取り違えています。『学び合い』では、何を達成すべきか、そして達成できたかには着目しますが、どうやるかは気にしません。なお、「仲良しグループばかりでいいのかな~」とすっとぼけて呟くのはOKです。ただし、あまり繰り返すと、「休み時間の仲良しグループは駄目です」と同じです。これが『学び合い』の同志が犯しがちな間違いです。我々は『学び合い』とネーミングをつかっていますが、学び合うこと自体が目的ではありません。一人一人が、そして全員が高まることが目的です。そうしたときにホモサピエンスが選択するのが『学び合い』なんです。

 では、どうするか?それは課題の達成を促すのです。例えば、「今のみんなで、クラス全員が80点以上とれるのかな?・・クラスの中にわからない子がいないかな?・・・・自分たちは分かったと思っているけど、本当に分かったのかな?・・・分かったつもりなんじゃないかな?」と呟くのです。そして、テスト結果で厳しく評価します。つまり、「全員」でなければ「駄目」ということを明確に伝えます。

 ちなみに「仲良しグループ」であるが、テスト結果で全員80点以上を達成しているならば、それはOKなんです。教師である、あなたが与えた課題を解決するベストの班が「仲良しグループ」なんです。ただし、このようなことが起こったとしたら、それは、あなたが子どもを見くびって、レベルの低い課題を与えている証拠です。もっと凄いことを求めましょう。

 なお、班構成においても、細かく見る必要はありません。注目すべきは、構成されたグループが流動的か否かです。教師にとってベストと思われるグループが形成されたとしても、それが固定的であるならば、『学び合い』が悪い状態になっている証拠です。また、グループ同士の交流があるか否かに着目します。つまり、離合集散しているか否かに着目します。もっと平たく言えば、学級崩壊状態になっていることがベストなんです。ただし、学級崩壊との違いは、子どもたちが課題に関して話しているということです。そして、もっとハッキリしているのは、そのクラスの最低点が驚異的に高いということです。

 このQ&Aのポイントは、班構成は方法にすぎず、教師がとやかく言うべきではない、ということです。そして、だれと一緒にやりたいかは多様で流動的で、教師が最善の姿を予想できることは無理だと言うことです。

katunori-skatunori-s2008/01/25 05:41論旨からずれてしまいますが、教師はサービス業なのでしょうか。
自分で自分の仕事をサービス業だと思うのはよいと思いますが、「おまえたちはサービス業だろ」と言われると、何か違和感があります。

jun24kawajun24kawa2008/01/25 06:30あはははは
レトリックですよ。
言葉には色々な側面があります。
上記の表現の趣旨は”だれのため”という側面に着目すれば、農業よりサービス業のほうが適切だということだと私は理解しました。