西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

08/01/06(日)

[]学校公開 22:44 学校公開 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校公開 - 西川純のメモ 学校公開 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校として『学び合い』に取り組んでいる群馬県高崎市の八幡小学校(小川博揮校長)が 平成18・19年度高崎市学力向上フロンティア事業に関連して、『学び合い』による公開授業をいたします。学校として取り組んでいるのですから、当然、一人一人の先生方ごとの迷いや確信の温度差があります。しかし、学校レベルでの取り組みを公開していただけると言うことは、とても意味があります。是非おいで下さい。

1 期  日

平成20年2月1日(金) 13:30~15:30

2 場  所

  授業:各教室

パネルディスカッション:オープン教室(参加人数によって体育館になります)

3 公開内容

  13:30~14:15 5校時 授業公開(各教室)

 14:30~15:30

  パネルディスカッション

パネラー:

    上越教育大学 西川純教授

    高崎市教育委員会 本多利幸指導主事

    保護者代表

    児童代表

    研究主任 平野くに子教諭

4 備  考

・できる限り乗り合わせでお願いします。

・授業公開は各学年とも1~2クラスを予定します。教科等は国語・算数・社会・理科を 中心にその他教科も公開します。教師が「明確な課題提示」を行い、児童の自由な学習 情報交換の場で教師が「必要な情報を可視化」(クラス全員に情報のありかを広く伝える)します。指導案は作成しません。

・以下にある「学び合い」の授業の見方を参照してください。

・授業を参観いただける方は校長先生の了解を得た上、

学校名、参加者氏名(授業、パネルのそれぞれに参加する場合は○をつけてください)、自家用車台数見込みを明記したものをFAX(027-328-2192)でお送りください。

5 学び合い』 の授業を見ていただくときの注意

※児童がどんな会話をしているのか、そばに寄って聞いてください。

○黒板に「明確な課題」が示してあるか。

○課題追求に入る前に「みんなで」わかる・できることが児童に伝わっているか。

○教師は、課題追求のとき、児童が見つけた課題解決を促す情報のありかを「可視化」しているか。(「これは役に立つね」「いい考えがみつけられたね」など全体の児童に伝える)

○児童は、自力解決したり、友だちと話し合ったりして、課題解決に向けて必要な情報を集め、考えを整理しているか。

○「みんなで課題解決できたか」「どのように課題解決できたか」をたずねているか。

katunori-skatunori-s2008/01/07 06:41パネラーに、「保護者代表」はともかく「児童代表」がいるのですね。驚きました。先生の「初夢」が、実現に一歩近づいていますね。

jun24kawajun24kawa2008/01/07 08:47はい、少しづつですが前進です。
でも、考えてみれば、当事者の子どもを参加させない方が、変ですよ。あははは

katunori-skatunori-s2008/01/07 21:21職員室で「子どもがパネラーですよ、すごいですね」と話題にしました。こういう話には「なるほど、すごいねえ」という肯定的な反応が多いのでした。「グループ学習の手引き」からはなかなか離れてくださらないのに(^_^;)

jun24kawajun24kawa2008/01/07 21:36本当に教師の業は深いと思います。
期待しております。

iku-nakaiku-naka2008/01/07 21:52今日、校長先生に「行っても良いですか~」と一応確認(?)をしてみました(もちろんOKだと思っていました)。申し込みが後日になると思いますが、是非参加させて頂きたいと思っています。宜しくお願いします。

jun24kawajun24kawa2008/01/07 22:04出来るだけ、複数の人と行くと良いですよ。
学びあえます。