西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/12/24(月)

[]無理のある問題 09:45 無理のある問題 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無理のある問題 - 西川純のメモ 無理のある問題 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の夏休み宿題の○付けをしています。簡単な足し算引き算をするのは老化防止の計算をしているようなものです。普段使っていない部分を使っているようです。

 文章題には、いいな~っと思う問題がありました。例えば、「かぶとむしを とりに やまへ いきました。16ぴき とりました。ともだち 3にんに ぜんぶで 9ひき あげました。 なんびき のこっていますか。」という問題です。「ともだち 3にんに」の部分がちょっとひねっていますね。一方、無理があるな~という問題があります。例えば、「よる ほしが 7こ ひかっていました。 しばらくして みると 6こ ふえていました。 いま ほしは なんこ ひかっていますか。」という問題です。星が7個だけ光っている状態、さらに、6個増えるという状態があり得るでしょうか?星の光の強さは千差万別です。見える、見えないがはっきり分けられるわけはありません。それに満点の空に星が7個だけ光っている状態なんてあり得るわけありません。実際に星を見れば、この問題に無理があることは明白だと思います。以前、『「13個のアメを二人で分けると何個でしょうか?」という問題の答えは6.5個ではなく、7個と6個だ』という文章を読んだことがあります。全くその通りだと思います。

makine45makine452007/12/24 15:02算数の問題をこのように読み出すと、かなり笑えます。授業のときによく笑っています。高学年になると、もっと笑えるので楽しみになさってください。

jun24kawajun24kawa2007/12/24 15:15それ、ブログでアップしてよ、お願い。
コンピュータ画面の前で大笑いしたい!