西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/12/19(水)

[][]仲間 22:32 仲間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仲間 - 西川純のメモ 仲間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は、学習臨床コースの教員の忘年会です。楽しかった。とにかく、みんなが普通の人でいいな~、と感じます。来年度からは別組織に異動します。でも、そこでも楽しい集団になりそうです。

 今年一年も、もうすぐ終わりです。この一年は、仲間の広がりと強さを感じる一年でした。日本の色々なところで、様々な形で、私と無関係な『学び合い』を広げる活動が行われるようになりました。今までは、私のよく知っている方が、『学び合い』を広げていたように思います。しかし、現在は、我々が広げた人が、広げていく段階に進めました。いや、私とは物理的に全く会っていない人が、『学び合い』を理解し、広げていく段階に進みました。

 『学び合い』の初期段階は本当に簡単です。最大でも2週間で大丈夫です。でも、中級段階の「みんな」の徹底は、時間がかかります。では、中級、上級段階に進んだ人のみが、初期段階の『学び合い』をサポートできるのでしょうか?そんなことはありません。初期段階の人が中級段階、上級段階の人をサポートできます。そして、サポートすることによって、自らが中級段階、上級段階に進めることが出来ます。上級段階の人だって、人をサポートすることによって、現状を維持し、さらに上を目指せます。それは『学び合い』を実践している方だったら、子どもを見れば明白です。また、『「勉強しなさい」を言わない授業』をご覧ください。

 私は初期段階、中級段階、上級段階という表現を使います。しかし、それらは子どもたちの姿であって、固定的なものではありません。是非、右の検索で「段位」と検索してください。そこで書いているように、『学び合い』を実践している人にはレベルはありません。重要なのは『学び合い』をやるか、否かの二種類しかいません。

 私だから出来る、もの凄いサポートなんてありません。私と話した方、また、私のメールのやりとりをした方だったら、ご存じだと思います。私が語ること、書くこと、それは常識の範囲を超えるものではありません。単に、囚われから離れることによって、ごく普通の常識を積み上げた論理を展開しているだけのことです。そして、私自身も常識に「頻繁に」囚われます。そのときは、二十歳そこそこの学部学生からも「正され」ます。

 同志各位にお願いします。広げることによって、自らを高めてください。広げることによって、子どもを高めてください。教えることは、学ぶこと。だって、それが『学び合い』の基本的なセオリーでしょ!

追伸 2週間で会得して、他の人に広げる、その連綿を続ければ、1ヶ月で4人、2ヶ月で16人、3ヶ月で64人、4ヶ月で256人、5ヶ月で・・・。ほら、日本中に広めるなんて簡単でしょ。あはははは

追伸2 本日の飲み会は1次会で退散し、家に戻りました。帰ると、息子がニマ~~と笑っています。「どうしたの?」と聞くと、「おとうさん、かえって、うれしい」と一言。だっこして、風呂に入れて、添い寝をしました。だから、家に早く帰りたい。

iku-nakaiku-naka2007/12/19 22:45教えることは学ぶこと・・・良い言葉ですね(今更ですが)。
ブログ等を通していろいろな方からアドバイスを頂けます。
そして、それが私の刺激にもなります。そして『学び合い』が広がります・・・。やっぱり『学び合い』って凄いですね!!。

jun24kawajun24kawa2007/12/19 22:58でしょ、でしょ
だからブログやってよかったでしょ
周りに広げてね。