西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/12/15(土)

[]やれること 17:37 やれること - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - やれること - 西川純のメモ やれること - 西川純のメモ のブックマークコメント

 13日に他大学の学生さんが『学び合い』を参観しました。その中に教員採用試験に合格し、来年度から教壇に立つ学生さんがいました。その学生さん「『学び合い』を新採の私がやるのは抵抗が多いと思います。どうしたらいいのでしょうか?もう、『学び合い』を見たら一斉指導は出来ません・・・」と言っていました。当然の質問です。私は、あはははは、と笑った後に、以下を語りました。

 『そりゃ今日の、最初に課題を短く語り、あとは子どもたちに自由にするという『学び合い』をいきなりやったらビックリされるだろうね。でも、方法はいくらでもあるよ。

 最初に教科書の一部分を読み上げるんだよ。出来れば、みんなで一緒に声を合わせればいい。そうすれば、君がクラスを掌握していることが見えやすくなるよ。殆ど無意味だけど、世のしがらみはしょうがない。その後、本日の課題を言うんだ。ただし、40分もしくは45分相当の課題ではなく、10分程度の課題でいいんだ。例えば、「広口瓶にろうそくを入れてふたをしました。しばらくしたら、ろうそくは消えました。何故、消えたか?どうぞ」と課題で10分程度話させる。その後、「じゃあ、それを証明するにはどのような実験をしたらいいか?どうぞ」という課題で10分程度話させる。そういう風に、1時間の授業を2、3に分けてやれば、一見、ごくごく普通の授業に見えるよ。でも、一斉指導とは決定的に違う面がある。例えば、その10分間の活動においてたち歩き・私語はウエルカムなんだよ。たいていの一斉指導の場合、話す相手は固定しているし、その人数は少ないよね。それとは全然違う。また、話し方に変な限定を付けはしない。それと、たいていの一斉指導の場合、話し合わせた後に、「じゃあ、1班、・・次に2班・・」といように次々に当てて、その回答を黒板に書き写して教師がまとめてから、次の課題に進むよね。ありゃ馬鹿馬鹿しい。時間のロスだよ。『学び合い』が成立していれば、子どもたちは情報を交換しているので、教師がそれを誘導したり、まとめる必要はないよ。第一、子どもたちがどんな話をしても一定の結論にまとめたいならば、子どもたちの発言を求めること自体無意味だよ。まあ、結論が決まっている校長が主催する職員会議で、「みなさんの自由は発言を求めます」と言っているようなもんだよね。あははは。そんなんだったら、「燃えるときに必要なものが無くなったからだよ。じゃあ、それを証明するにはどのような実験をしたらいいか?どうぞ」と言った方がフェアーだよ。そして、最後のまとめだけど、これまた時間の無駄だけど、世のしがらみはしょうがない。2、3分程度、やったふりをすればいいんだよ。まあ、こんなことをすれば、ごくごくスタンダードな授業に見えるはずだよ。それで、成績を上げて、人間関係を向上してたら、だれからも文句の言われる筋合いはないよね。あははははは』

 ただし、上記はテクニックに過ぎません。私が学生さんに伝えたかったことの第一は、『学び合い』において大事なのは、どのように授業をするかではなく、教師の心の有り様だと言うことです。

第二は、出来ない理由を挙げている人は、いつまでも何にも出来ないということです。出来る人は、出来ることを見いだし、それをやります。出来ることをやっているうちに、周りの状況が変わり、出来なかったことが出来るようになるものです。

rion_fujirion_fuji2007/12/16 01:24 すっごくわかります。どうしても型にこだわる人々が授業を参観するときは,私もある程度,型があるようにして授業をします。なぜか子どもたちは使い分けるんですよね~。やはり,状況に合わせて行動を変化させています。子どもは有能ですね。

jun24kawajun24kawa2007/12/16 07:07すくなくとも、こういう点は、子どもたちの方が遙かに有能ですよね。あはははは