西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/12/07(金)

[] 西川流『学び合い08:42  西川流『学び合い』 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク -  西川流『学び合い』 - 西川純のメモ  西川流『学び合い』 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ネットサーフィンをしたら西川流『学び合い』という言葉に出会いました。ビックリすると同時に、う~んと思いました。その理由を以下に述べます。

 物理学・数学には「流」はあり得ないと思います。量子力学はハイゼルベルクやシュレディンガーによって基礎を固められました。しかし、ハイゼルベルク流量子力学というのはあり得ません。相対性理論は、ほぼアインシュタイン一人によって完成されました。しかし、アインシュタイン流相対性理論という言葉もあり得ません。量子力学にせよ、相対性理論にせよ、個人の中にあるのではなく、個人と関係なくそれはあります。

 宗教、芸事には流派があります。しかし、大抵は個人のエゴが出発点です。有名な例ではヘンリー8世が離婚しようと思ったがキャソリックの教皇が許さなかったためイギリス国教会が独立しました。芸事の流派は、大抵は家元の遺産相続に関わるお家騒動の結果で生まれるようです。結果として、それぞれの流派は、ことさらに違いを持たせますが、素人から見ると、どうでもいいところのように感じます。

 『学び合い』でもっとも大事にしているのは考え方です。子ども観、学校観、授業観です。授業観は子ども観、学校観から引き出される必然ですから、子ども観、学校観の優先順位は高いです。従って、子ども観、学校観に合致するならば、全く学び合わなくてもOKです。ただし、合致するか否かは抽象論・神学論争で決められるべきものではなく、長期にわたるテストの成績・出席率・不登校率・・・の結果によって議論されるものです。その意味で、『学び合い』という言葉を「私」は提案しました。もし、それに合致しないならば、『学び合い』という言葉を使わないでください。すみません。それぐらいの我が儘は、言葉の提案者として許されると思います。

 さて、私が「う~ん」と思ったのは何かといえば、西川流『学び合い』という言葉を使った方は、西川流という形容詞に何を意味させたかったかということです。もし、上記の考え方が西川流であると考えているならば、そうでないものは『学び合い』ではありません。理由は上記に書いた通りです。もし、可視化とか、最初の語り等の方法を意味しているのであれば、あれは西川流ではありません。その多くは西川研究室に所属された院生さん、学生さん、また全国の数多くの同志が発見されたものです。それは、学術論文に明確に示しております。本においても、本文・レファレンスに明確に示しております。従って、個々の方法のレベルであれば、川合流であり、桐生流であり、水落流であり、神崎流であり、そして、百を超える同志の「流」の集積です。決して西川流ではありません。もし、このブログに書いていることのレベルであれば、その記載のほとんどは○月○日の西川ですが、それから数日後の西川と同じわけではありません。このメモでも何度も書いたように、私は過去の自分の愚かさを学ぶことが最大の喜びです。つまり、西川流『学び合い』はあり得ないのです。

 じゃあ、なぜ、そんなことを拘るか?それは西川流『学び合い』という言葉を使えば、別の○○流『学び合い』という言葉が生まれるからです。『学び合い』という言葉をあえて作ったのかと言えば、それは世にある“学び合い”が、子どもを有能として捉えていないと思うからです。それが証拠に、ゴチャゴチャと手だてを教師はしつづけます。また、世にある“学び合い”は、学力向上を主にねらったり、人間関係作りを主にねらったりします。結果として、バランスが悪く、継続性が低いです。残念ながら、犬山の実践も、フィンランドの実践も、それを行政レベルで実現している点では手放しで賞賛できます。しかし、あれは『学び合い』ではありません。

 『学び合い』の子ども観、学校観は、読んでいる限りは普通のことを書いているようですが、それを実際の授業で徹底するには、本当に革命的な考え方の転換が必要です。○○流『学び合い』という言葉が生まれたとしたら、その多くは個人、一つの組織のエゴが背景にあります。そして、子ども観、学校観が不徹底な、既存の“学び合い”の焼き直しになる危険性があります。それは断固避けたいと思います。

 過去にも書いたことですが、何度も書きます。『学び合い』は私個人の中にあるのではなく、私の外にあります。私は家元になるつもりはありません。私は『学び合い』に反する行動をすることが多々あります。そして、それを同志に正されることを喜びとしています。

 ということで西川流『学び合い』は存在し得ません。

追伸 言うまでもないことですが、私が気にしているのは○○流『学び合い』であって、○○流学び合い、ならば、全然気にしません。『学び合い』と学び合いは似て非なるものですから。