西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/11/22(木)

[]大阪 00:37 大阪 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大阪 - 西川純のメモ 大阪 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明日、大阪の教員志望の学生さんが中心となったフェスティバルがあるので、前泊で大阪に来ました。本当でしたら学内の仕事があるため講師は無理でした。しかし、主催者の学生さんと話して、大好きになりました。こういう学生さんがいる限り、日本の教育は大丈夫だと思いました。ということで他の先生に代わっていただき参加します。

 どうせ大阪に来たのですからということで、前から面談希望のあった先生と会うことを計画しました。さらに、「『学び合い』は常に人数が多いほど、多様であるほど、安定し、得ることが多い」というセオリーに従って、近くの同志に声をかけました。楽しく6時間、話せました。

 その中の、ある先生がおっしゃっていました。「先生の手引き書の中で、ぐっと、来たのは、何のために教師になったのですか、の部分です。確かに、私は漢字を教えたくて教師になったわけではありません。子どもを大人に成長させるためです。でも、現実には漢字を覚えさせるレベルに終止している。だから、『学び合い』を学びたいと思っています。」とおっしゃっていました。

こがけんこがけん2007/11/24 00:12西川先生、昨日はありがとうございました。
まず、算数の教科書まで見て具体的に説明していただいたことで
『学び合い』のすすめ方についてさらにイメージがつきました。
そして、トラブルの多くなった低学年の子どもへの教師の関わり方は本当に目からうろこでした。ふえたトラブルを肯定的に見ることと、教師が仲裁に入る限り子どもたちだけで解決する力はつかない、ということを学ばせていただきました。
後、なんと言っても『学び合い』がすすんだクラスの驚くべき姿!
「ほんまにほんまかいな!」と思ってしまいます。

昨日お話をたくさん聞かせてもらって、『学び合い』への理解が
深まった感があります。
『学び合い』がいいって、当たり前のことですね。
・子どもは先生に教えてもらうより、自分らで教えあうほうが
面白いし燃えるにきまってるし、
・個別指導の時間が圧倒的に増えるから成績も上がるし、
・人間やっぱ信じて任してもらえたら「やるぞ!」って思いますもんね。
後、今クラスでやっていることを職員室におきかえたら、いかに子どもにひどいことをやっているかが実感できました。

本当にありがとうございました!

jun24kawajun24kawa2007/11/24 17:27あなたは、最長でも今年中に中期段階はこえられます。
そこから後は、どん欲になることです。
同僚のMさんと、子どもたちのための悪巧みをしてください。
そして自由都市の人たちといっしょに「大」悪巧みをしてください。
あはははは
何かあったら、直ぐにメールください。
期待しています。

こがけんこがけん2007/11/25 09:00西川先生ありがとうございます。
『悪巧み』いたします。
「もののはじまり何でも堺」
「堺から世界へ」
なんてフレーズもありますから!

jun24kawajun24kawa2007/11/25 09:22期待していますよ~ん!