西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/11/13(火)

[]どん欲 22:01 どん欲 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - どん欲 - 西川純のメモ どん欲 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』が成立して、すばらしい姿になったのに、いつの間にか停滞していることがあります。あっと気づいたら、好きなもの同士の固定的集団になっている。何故か?

 いろいろな理由があります。その一つに、前と同じレベルの要求をしている場合です。『学び合い』によって勉強の仕方が効率よくなります。簡単に言えば、要領良くなります。そうなると、いままで難しかった課題が簡単になります。人は怠惰な生物です。それほど努力しなくても解決できるような課題だと、努力しなくなります。そして、安直な集団を形成します。

 『学び合い』の教師はどん欲であらねばなりません。つねに「もっと、もっと」と思わねばなりません。子どもの様子を見て、「この子たちだったら、こんなことを実現できるのではないか?」と夢を見なければなりません。子どもより、もっと先を見なければなりません。走り続けなければ集団は腐ります。ただ、一人で走るように尻をたたいてはいけません。みんなでワッショイ、ワッショイと明るく走り続けるよう尻をたたきましょう。一人が疲れて動けなくなったら、みんなが、その子を背負って走る集団にしましょう。そのためには明るく、どん欲にならねばなりません。

 子ども集団は凄い力があります。だって、教師の30倍の人間の力があるのですから。

[]ルール追加 17:37 ルール追加 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ルール追加 - 西川純のメモ ルール追加 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我がゼミは「自己判断・自己責任」を原則としております。自己判断を最大限許容しております。しかし、「自己判断・他者責任」となることが立て続けに起こりました。そこで以下のルールをHPに加筆しました。

『現場学校への最初の交渉

 個人の資格で入るのではなく、「西川研究室」という看板を背負って現場にいく場合は、学校現場に研究ではいるとき、その最初は、西川に了解を取ってください。相手方の校長に、私が連絡をしてお願いします。西川研究室内部のことは、私が飲み込めば問題ありません。しかし、現場学校で失敗すれば、後輩に迷惑がかかります。

 物品の購入

 物品を研究費で購入する場合は、西川に了解を取って、西川が手続きをします。領収書を持って、西川に事後報告をするのはやめてくださいね。勝手に購入した人の私費で処理することになります。』

 私の問題にしたいのは、上記のことが起こるのは、ゼミメンバー同士のコミュニケーション不足です。十分にコミュニケーションが行われたならば、上記のような馬鹿馬鹿しいことはおこるはずありません。今回に限り、このようなことが起こったという罰金を自分に科しました。しかし、今後は「自己判断・自己責任」を求めます。正しい判断をするには、他者とのコミュニケーションを行うことは、どんな人にも大事なことです。

 合併、増資に関しては株主の同意が必要です。あはははは

[]大株主 15:32 大株主 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大株主 - 西川純のメモ 大株主 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近の西川研究室における私の位置は会社における「社長」というより「過半数の株を持っている大株主」のような位置にあるようです。とにかく、そう感じます。社長より「過半数の株を持っている大株主」のほうが圧倒的に権力を持っています。が、日常の経営方針に関しては、社長以下の経営陣にお任せです。株主としては、株価が上がり、多くの配当がなされれば文句を言いません。

 しかし、本日、修士2年生の方に関して、「ひさしぶり」に指導をしました。なんか社長になった気分です。でも、もしかしたら株主総会での発言なのかな・・・

[]感染方法 15:32 感染方法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感染方法 - 西川純のメモ 感染方法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 不謹慎な例を言わせてください。

 多くの指導法、教育論が本を読んだり、講演会を聞いたりするレベルで出来るようです。まあ、本のページをコピーすれば使える指導法はあります。まるで空気感染みたいなもんです。『学び合い』も、そのレベルで感染できる方がいます。でも、その方は感染する前から保菌者なんです。多くの方は、そのレベルでは感染できません。実際にライブを見たり、我々と議論したりすると感染できます。また、スカイプやメールのやりとりでも感染できます。が、いずれにせよ「肉体接触」が必要です。まるでエイズのようです。しかし、エイズのように不治の病になるのが強みとも言えます。

 現場で、職場の仲間に『学び合い』を広めるにはどうしたらいいかを悩んでいる方は多いと思います。一番いいのは、お互いの授業を見せあいっこすることです。しかし、忙しい状態でなかなか大変です。そこでお勧めなのは、「いっしょにいるだけの異学年」です。方法は簡単です。一方の学年には「教科書○ページ~○ページを全員が出来るようにしなさい」と言い、他方の学年には「教科書○ページ~○ページを全員が出来るようにしなさい」と言いい、最後に、「みんなとはみんなですよ」と言うだけのことです。課題をあわす必要はありません。ただ、いっしょにいるだけのことです。だから、なんも準備はいりません。

 明日、地元の学校で初挑戦です。楽しみです。ワクワク

chunsuzumechunsuzume2007/11/13 16:08
>エイズのように不治の病になるのが強みとも言えます。

見事に感染しちゃいました。治らないんです、先生!
(治りたくないです。もっともっと、という感じです。)

jun24kawajun24kawa2007/11/13 16:22あはははは
それじゃ、もっと不治の病仲間を増やしましょうね。

osugiosugi2007/11/13 17:57最近、話す相手が保菌者かどうかなんとなく分かるようになってきました。まだ、なんとなく、ですが。「学び」について5分も話せば分かる気がします。昨日は愛知で見つけました。

jun24kawajun24kawa2007/11/13 18:26はい、私も分かります。少なくとも、直ぐ感染する人は分かります。