西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/11/09(金)

[]点数 22:35 点数 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 点数 - 西川純のメモ 点数 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は何度も業者テストの点数のことを書きます。但し、業者テストの点数なんて、どうでもいいと思います。しかし、大事にしています。

 平均点を上げるなんて、たやすいことです。一部の子ががんばれば、それなりにあがります。しかし、クラス全員の点数が向上するのは大変です。クラス全員もれなく80点以上を実現するためには、ものすごいコミュニケーションがなければなりません。私は業者テストの点数はどうでもいいと思いますが、それによって示されるクラスのコミュニケーションの質の高さに着目しています。

 それに、親が『学び合い』を理解するには最も簡単な指標です。子どもたちが自分たちの質を評価できる大事な指標です。分かったようで、分からん、ふぬけたお題目の呪縛から逃れるための指標です。

 仮に、一部の子どもが80点に達しなかったとしても、それを知った子ども集団が「みんなでやろう!」と奮い立ったら、そりゃ全員が100点を取ったぐらいに凄いことです。ただし、教師はその子どもたちの姿に感激しても、「クラス全員80点以上とれ!」と明るく、厳しく求め続けましょう。それが教師のお仕事です。

[]算数 14:26 算数 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 算数 - 西川純のメモ 算数 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 1971年8月15日にアメリカはドルと金の交換を突然停止ししました。その結果、それまでずっと360円だったドルがあっという間に308円となり、今では、百数十円となっています。この混乱で破産した人は山ほどいます。ドルショックと言われます。

 私は最近怖いことがあります。全国には算数の教科教育研究で飯を食っている研究者、そして、飯を食おうとしている院生さんがいます。また、各県の小学校には研究会があり、算数部門という会があります。それらの人は、自らの実践研究に誇りを持っています。が、『学び合い』が浸透すれば、それらが全く無意味だということが分かります。まるでドルショックのようなことが起こるでしょう。

 昨日のメモに書いたように、本年度になって社会で『学び合い』をやっていた先生がおられます。最近、算数でも『学び合い』をやり始めました。昨日実施した業者テストの結果を聞きました。1クラス23名中、100点が12人、90点以上が9人、80点以上が2人で全員が期待得点以上です。旧来の算数指導の常識では考えられないレベルを、やすやすとクリアしています。ちなみに、その時間において担任の先生がやったのはニコニコしているだけです。旧来の算数教育学だったら、何故、子どもがそんなに分かったかを研究するでしょう。でも、我々はそんなことを細かく調べようとは思いません。だって、23名一人一人違うからです。そして、それらを分析し、パターン化しようとしてもしょうがないと考えます。だって、日本中の小学生は全員違った理解の仕方をしていると考えているからです。我々は、その次元のことを気にしない代わりに、子ども集団が関わり合える環境と、そのための教師の「考え方」に着目します。あたかもコップに水を注いだら水はどうなるかを、水分子一つ一つの運動方程式をたてて解明するのが無意味であるのと同じです。そんなこと考えなくても、小学生でもコップに水を注いだらどうなるかは分かります。

 どんな教科であっても、『学び合い』の効果は絶大です。しかし、『学び合い』が簡単なのは算数だと思います。理由はいくつかあります。

 第一に、課題が単純で分かりやすいからです。「深い読み」、「深い社会認識」、「美しい音」というような、分かったようで、分からないものに拘りを持つ先生が少ないからです。

 第二に、『学び合い』で一番難しいポイントは、「やる」という一点です。本メモで何度も書いている「バンジージャンプ」と同じです。大抵の先生は、自分の大好きな教科は自分で教えたいと願います。まあ誇りもありますし、何よりも自分が楽しみたいのです。しかし、小学校の場合は全科担当です。全ての教科が少ないという先生は多くはありません。そして、算数が大好きという先生は多くはありません。従って、やる、というポイントに抵抗が少ないのです。

 どんなダイエット食品の広告よりも信じられない効果を短時間で上げられる『学び合い』が広がるはずです。でも、そうなると今まで営々と積み上げていた算数科指導の蓄積が暴落してしまいます。それが怖い。

追申 14日に算数の、「いっしょにいるだけ」の異学年をやることが決まりました。これまた楽しみです。

OB1989OB19892007/11/09 14:57いよいよ始まりますね。バンジージャンプに挑んだ管理職に敬意を表します。自分が今頃校長をしていたら真っ先に飛び込みます。

janglejapjanglejap2007/11/09 19:59先日は「可視化」していただきびっくり!そして感激です。
算数で取り組んで初めてのテスト、今日結果がでました。少人数指導なので15人です。100点7人、90点以上6人、75点1人、20点1人でした。(20点の子は怠けているわけではありません。周りの子も教えています。)今日のメモを拝見してそうだ、うちはどうかな?と見てみたらこの結果なのでまたまた驚いて感激しています。これだったら本当に、少人数なんかしないで大人数でやりたいですね!

jun24kawajun24kawa2007/11/09 22:10OB1989さんへ
私は管理職には「もっと、もっと」と吹き込んでいますよ。うふふ
janglejapさんへ
20点の子も、75点の子も、そして90点以上の子も、みんな、これからです。どんどん、学び方を学んでいくと思います。もっともっと面白いことが起こりますよ。ワクワク
でも、本当に少人数なんて馬鹿馬鹿しい。