西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/11/04(日)

[]Web2.0 23:42 Web2.0 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - Web2.0 - 西川純のメモ Web2.0 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 1994年11月から電子メールを使いましたので、電子メール歴は13年です。その殆どはアルメールで、2年前からはベッキーでした。今後は、グーグルのGmailを中心に使うことにしました。今年の3月には、HPのメモをブログに移行しました。予定管理もYahoo上で管理しています。どんどん、私の仕事の情報が、目の前のコンピュータから、世の中のどこかに存在している情報の向こう側の世界に移行しています。最後に残っているのはワープロですが、これとてもグーグルのDocsやノートがもう少しで肩代わりしてくれそうです。

 マイクロソフトの時代がこんな風に終わるなんて想像もしていなかった。最終的にはグーグルは無料のLanを世界中に提供するようになるだろう(想像ですが)。そうなったら、NTTもソフトバンクもauも、そしてありとあらゆるプロバイダーも終わってしまう。私が大学院の時代はハードを売る時代だった。それがソフトを売る時代に変わり、今ではソフトを使ってもらう時代になった。世界中の数十億人の一般人が良質の情報を無料で提供する時代に、一部のエリート集団が情報を産みだし有料で販売するシステムは機能しないと思います。無料の情報の流れをコントロールする者が勝者になります。

 考えてみれば『学び合い』も教育のWeb2.0と言えます。マイクロソフトの時代は高度なソフトを動かすことの出来る高度なハードが必要でした。一人の教師が教える時代には、それを駆使できる教師が求められました。ところが、無料・良質・膨大な情報がある世界においては、ことさら高度なハードは必要ではありません。むしろ、無料・良質・膨大な情報はどのようなものであるかという理解が重要です。教室には学習者という無料・良質・膨大な情報があふれています。それらに教師が勝とうとする試みは、マイクロソフトがグーグルに勝とうとする試みのようなものです。無駄です。グーグルの戦略に乗るべきです。むしろ、グーグルの先を見据えるべきです。ダイナミックで面白い時代を生きているとワクワクします。

rion_fujirion_fuji2007/11/05 08:12アメリカでカナダ・オーストラリアの人の間では,ITをいかに教育の中で活用していくかが話題になっていました。携帯電話やipodを授業の中で子どもたちが活用していくというものです。学校の中の規制緩和も必要かな?
そのあといかにバランスをとって制御していくかがポイントですけどね。でも,学び合いの考えでは子どもたちがバランスを取りそうですけどね。

jun24kawajun24kawa2007/11/05 08:40はい、そう思います。
教師があれこれとルールを課すより、最終的に押さえるべきことを伝え、彼らに任せる方がいいと思います。