西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/11/03(土)

[]学び合う国語 18:40 学び合う国語 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び合う国語 - 西川純のメモ 学び合う国語 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 指導要領改訂の方向性が新聞にリークされています。それによれば理科や英語が大幅に増えるそうです。理科教育や英語教育の研究者が狂喜乱舞しているかもしれません。しかし、今回の改訂の中心は国語力の向上であると私は思っています。しかし、国語力の向上といっても「国語科」力の向上ではありません。コミュニケーション力の向上です。

 今度、「学び合う国語」を出版しました。しかし、『学び合い』の国語ではありません。それは私も、片桐さんの部分にも書いたとおりです。『学び合い』は学校観・学習者観・授業観という考え方です。それを突き詰めると、多くの人が思っている教科から離れてしまいます。一方、多くの人は教科の内容を伝達することが教育だと思っています。今回の本は、多くの人に『学び合い』に出会えるきっかけを得てほしいと願って作りました。従って、意図的に純『学び合い』にはしておりません。

 しかし、一貫しているものはあります。それはある意味で革命的だと私は思っています。それは、国語を必然性のあるコミュニケーションの場としている点です。その革命的な意味を多くの人に伝わってほしいと願います。そして現状の国語科が、必然性のない不自然な学習であることに違和感を感じてほしいと思います。分かってしまえば、ばかばかしい変なことを日本中の国語でやっていることに気づくはずです。

追伸

 おそらく今年度末までに『学び合い』の特別支援の本を出します。そして、来年度中に、純『学び合い』の本を2冊出します。一つは、私の単著で理論的(もちろん実践的な理論)の本と、同志の共著の本を1冊です。『学び合い』の同志であっても腰が引けるほど、子どもを信じた実践です。そこまではリアルに計画できます。しかし、その先があります。その二冊でさえも常識的に見えるほど、革命的に子どもを信じる実践の本を出したい。でも、それが出来るためには、一人一人の同志の力ではなく、学校としての取り組み、いや、学校群としての取り組みが必要になります。でも、それを実現することをリアルに描き始めています。あはははははははは

 本に出るのは実践後、たいてい2、3年たっています。その2、3年の中で我々は常に爆走しているんです。

追伸2

 いずれにせよ、我々の本は、書いてあることを直ぐに使うことは出来ません。書かれていることを通して考え方を理解し、自分で具体を考えるという作業が必須です。

janglejapjanglejap2007/11/04 08:54『学び合い』の特別支援!!すっごく楽しみです。今の私の関心は『学び合い』と『特別支援』なんです。
「考え方を理解し、自分で具体を考えるという作業が必須」・・
実践を試みながら、体で覚えていこうと思います。ライブ見せていただき、感じたかったのに今回は無理だったのが残念!『学び合い』のライブラリーのある実践も私のパソコンではなぜか「実行できません」なのでそれも悲しいのです。

jun24kawajun24kawa2007/11/04 11:01特別支援の本は、今のところ2月中に発刊予定です。ライブラリーで動かない点に関しては、詳しい人に聞いてください。こちらも調べてみます。