西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/10/24(水)

[]国語 22:51 国語 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語 - 西川純のメモ 国語 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小学校の花の観察といえばアブラナです。でも、何でアブラナを観察するかご存じでしょうか?

 典型的な花を思い浮かべてください。花びらがあり、萼(がく)があり、おしべ、めしべがあると思います。花の観察を通して、そのような基本的な構造を学びます。そして、花びらの数、おしべ、めしべの数には一定の法則があることを学びます。この至極簡単なことを学べる花は、実は数少ないのです。例えば、市街地で一番目につく花は、イネ植物です。ところが、生物を学ばない人には花に見えません。だって、花は色鮮やかと言うイメージがあります。小学生に、これが花だ、と言っても納得しないでしょう。市街地で次に多い花はキく科植物です。タンポポが代表的ですね。でも、この花は集合花です。つまり、普通の人が花びらの一つと思いこんでいるのが、実は花一つなんです。さらに特殊化が進んだコスモスヒマワリなどは、花びらにも見えません。コスモスヒマワリの花の中心のテンテンは一つ一つが花なんです。チューリップユリはごく普通の花に見えますね。でも、よく見てください。それらには萼(がく)がありません。実は、外側の三枚が萼で、内側の3枚が花びらです。萼があまりにも美しいので、萼に見えません。春の花として代表的なサクラは観察に適切のようです。しかし、サクラなどのバラ科植物はおしべの数が多すぎて、数えきれるものではありません。以上のようなことから考えると、アブラナ以外は観察に使えないのです(例外はカタバミがありますが、花が小さすぎる)。認知心理学では族類似という概念があります。我々が持っている自然カテゴリーの多くは、そのカテゴリーのものが持つ特徴を多く持っていますが、その全てを持つものはほとんど無いのです。

 「手引き書」に書きましたが、身分制度が崩壊することによって、教育は一つ一つの職場教育から離れていきました。そして、それら全ての職業の基礎となる知識・技能を学ぶ場として学校が生まれました。共通項を見いだしていくと、結局、どの職業とも関係ないものが生まれます。昔から、読・書・算は、どの職業にも関係する基礎的なものです。それ故に、非常に広い範囲の共通項であることを国語は求められます。それ故に、ある意味現実から離れてしまい、ある意味で最も醜悪なものとなっているように思います。

 例えば、作文です。我々は小中高と数多くの作文を書きました。思い出してください。その作文は誰に向けた作文なのでしょうか?考えてみれば、それが曖昧であることに気づくと思います。「自分ですか?」でも違いますよね。現実問題としては、「先生」が見ることを予想しています。しかし、「先生」へ書いたとも言えそうもないですよね。変なことだと思いません?学校卒業してから、一度でも「誰に」を意識しない文章を書いたことがあるでしょうか?ましてや、日本語は「敬語」が特に発達してるという特徴を持つ言語です。それなのに国語で、この異常な作文が不思議に思われないということが、私にとっては不思議でしょうがありません。逆に言えば、国語『学び合い』に関して大鉱脈だらけと言えます。そのごくごく手始めを「学び合う国語」(東洋出版社)に示しました。その本の副題である「国語コミュニケーションの教科にするために」は、我々の本当の願いです。

追伸 このメモの前置きは長すぎですね。ごめんなさい。私は元々は理科教育学出身で、理科教育学で学位をいただき、現在日本理科教育学会の学会誌の編集委員長を務めています。が、大学の都合により、理科教育の授業を出来ない状態におります。そのため、たまに、長々と理科のことを書きたくなります。

追伸2 ということで国語は面白いと思っているのですが、同志Kさん以降、国語をやりたいという人は私の研究室に来ない。残念だな~。国語国語の立場でやることの意味を否定しませんが、一歩離れた立場から見るほうが斬新な発展が出来るのに・・

[]源氏物語 22:51 源氏物語 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 源氏物語 - 西川純のメモ 源氏物語 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 源氏物語を読むと、かなり違和感を感じます。古文の多くは、貴族を読者として想定しています。決して、庶民を読者として想定していません。庶民の私にとっては、違和感を感じます。貴族社会を描いても、読者を一般庶民を想定している近代文学とは違うように思います。そして、源氏物語の読者の常識もかなり現代人と異質です。ラブレターで愛の告白をしているところは純情派のように見えますが、いきなり夜ばいするなどは破廉恥に見えます。源氏物語中高生の教材にするのは、ペントハウス小学校英語に使うようなものではないかとも思えます。

 国語教育の専門の方に、ご意見をいただきたいな~

[]仲人 07:15 仲人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仲人 - 西川純のメモ 仲人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 埼玉県先生『学び合い』ライブをみたいと希望されました。早速、私が仲人となって、埼玉県本庄市の仁手小学校佐藤準先生を紹介しました。11月19日です。その日は、ライブ希望先生の代休の日で、教務の佐藤先生が授業をやる日で、両者が一致した日です。なお、『学び合い』は人数が多いほど、多様な人がいるほど、簡単に質高い学びが成立すると考えています(一般の少人数・習熟度別と真逆、でも、我々の方が本当の少人数・習熟度別ですが)。ご希望の方があれば、私にメールください。佐藤先生との仲人をしますよ。

 ライブは、いいですよ~!

sumi-chansumi-chan2007/10/24 19:33西川先生、ありがとうございます。
今からとても楽しみにしています。
>>でも、我々の方が本当の少人数・習熟度別ですが
本当にそうですね。
ちょっとくすっとしてしまいました。(笑)

jun24kawajun24kawa2007/10/24 22:52佐藤先生から、いっぱい刺激を受けてください。
期待しています。

池田修池田修2007/10/25 08:45もともと日本には「座の文学」がありますから、集団で言葉を使って楽しむという文化はあると思うのです。言葉がコミュニケーションのツールであるならば、個人ではなく集団の中での国語というのを意識しない国語は、いかがなものかと思うわけです。

jun24kawajun24kawa2007/10/25 09:33池田さんへ
そういう国語が主流になるように、結果を出しましょうね。

池田修池田修2007/10/25 13:26これがなかなか厳しい。ですが、学習ゲームなどを体験してもらうと私の言わんとするところは、伝わります。「たほいや」などはその典型です。この辺りからとは思っています。

iwaseniwasen2007/10/25 20:28文章を書くと言うことは、伝えたい誰かがいることが大前提だと思います。(自分自身に当てても含めて)読み手を意識して書く、しかもそれは友達と学び合うことができる、結果書くことが好きになり、書く力も向上する、そんな作文を目指して日々奮闘しています。

さとう@山形さとう@山形2007/10/25 23:04作文の話。以前教えていただいた「アドレス」ですね。
この頃、「手紙を書く」という授業をしまして、相手意識の大事さを実感しました。最近、「そば打ち体験の先生へのお礼の手紙を書く」授業をし、「冬が近づき寒くなりましたが、お元気ですか。」「来年も教わりたいと思います。」などと書く2年生にしびれたところです。
「手紙を書ける人間にする」ということも、学校教育の大事な役目だと感じました。これもコミュニケーション力ですね。

池田修池田修2007/10/26 08:32『源氏物語』ですかあf(^^;。
学問的にどうということではなく、私が中学生に古典を教えていた時は次のように考えて指導していました。

「古典は、大人のためのものである」という前提です。子ども用に書かれている古典はないはずです。そうだとすれば、中学生や高校生に分かるわけがないと思っています。ですが、この場合の分かるは、「納得」の方の分かるです。「理解」の方の分かるは必要だと思っています。

・花の色は移りにけりな・・・(百人一首 小野小町)
・世の中に絶えて桜のなかりせば・・・(古今和歌集 在原業平)
・葡萄の美酒夜光の杯・・・ (涼州の詩 王 翰)
・泣く泣く首をぞかいてんげる。(平家物語 敦盛の最後)
・「御定ぞ、つかまつれ」 (平家物語 那須与一)

など、中学生が学ぶ古典であっても、理解は出来ても納得はできないものは沢山あると思います。

「花の色は 移りにけりな いたづらにわが身世にふる ながめせし間に」
なんて、

「世にふるながめ」は、「世に降る長雨」と「世に経る眺め」の掛詞。「移りにけりな」の「に」は完了の助動詞、「けり」は詠嘆の助動詞、「な」は詠嘆の終助詞。二句切れ。倒置。

と説明することは出来ます。そして、まあ、掛詞ぐらいは中学生でも理解できます。しかし、これを納得するのは、今の日本の女性であれば30歳を過ぎるぐらいからでしょうか。

ですが、30歳のときにこの歌を理解していないと、納得というプレゼントを古典から貰うことが出来ないと思っています。1000年もの時間がふるいにかけて残してきたものですから、納得にも時間がかかって当然だと思っています。

なもんで、『源氏物語』も、それでいいのではないかと。
来年、『源氏物語』は執筆から調度1000年となります。

jun24kawajun24kawa2007/10/26 20:53池田さんへ
 学習ゲームは、いつそれを捨てるか、ということを判断できるように若い先生に伝えなければならないですよ。そうでないと、ゲームがないとうまくいかないと、思いこむ先生が生まれる危険性があります。

Iwasenさん、さとうさんへ
 ご両人の決意表明、ワクワクします。2年生でも、1年生に向けての作文と、親への作文は分けて書けます。少なくとも、分けて書ける子どもがいて、その子と関わることによって、書けるようになります。

池田さんへ
 ちょっときつい書き方になるけど、誤解しないでね。今、38.5度の状態でこれを書いています。
 現在の教科教育の世界は、教科単位で動きます。全科を教える小学校の先生さえも、教科単位の研修組織となっています。そのため、他教科の常識というのが分かりづらい状態です。私は理科コースから学習臨床コースに移動し、各教科の先生方とつきあうようになってから、それを今更ながら感じました。
 一度、物理教育の先生の書いた本の、何故、物理を学ばなければならないか、という文章を読むと良いですよ。おそらく他教科の先生が読めば、「たわごと」としか思えないことを書いています。しかし、物理教育の世界、理科教育の世界で、理科人が集まって話し合う分には、まったく問題が生じません。理科人は「それを当然」と思います。
 残念ながら池田さんの上記の説明は、国語人以外には意味不明です。すくなくとも、その理由で日本中の人たちが学ぶ理由としては不十分です。まあ、国文学を専攻するような人ならばOKの理由だと思います。そして、池田さんレベルの人だったら、子どももなんとなく納得するでしょう。「池田先生が言うんだから」という理由で。でも、一般の先生が上記の理由を言って、子どもが納得するとは思えません。いや、子どもだけではなく、国語以外の先生が納得できる理由とは思えません。
 ちなみに、私が物理学を何故学ぶのかを説明するとしたら、それは、あれほど分かる人間と和なら無い人間の差が大きい教科は少ないからです。それをともに学び合う過程の中で、すぐに分かる子どもは全然分からない子どもとつきあい、その子を馬鹿にしたり、自分を偉ぶることのよいことを学べます。逆に、全然分からない子どもはすぐに分かる子どもとつきあい、その子に卑屈になったり、自己卑下しないことを学びます。
 教科の内容で、その教科を学ぶ意味を伝えることは、おそらく無理だと思います。すくなくとも、その教科を嫌う人を説得することは不可能です。

池田修池田修2007/10/26 21:52いやあ、お大事にしてください。
そうかあ、やはり国語の人だけか。うーむ。もう少し考えます。ただ、納得する必要はない。理解できれば良いってのは、ありだと思うのですがねえ。ダメか。
K桐さん、頼みます。

jun24kawajun24kawa2007/10/27 13:38K桐さんのレスも楽しみですが、私の補足です。
『学び合い』はどんな教材でもウエルカムなので、わざわざ、源氏物語に拘る必要はないのですが、古文に関しての私の願いは、現代語訳で学べばいい、ということです。例えば、シェークスピアの原典は古英語ですよね。夏目漱石だって「てふてふ」ですよね。ところが、そんなことせずに現代語訳で教材にしています。それは、その内容を主なるターゲットにしているからだと思います。一方、英語の学習では、言語を主なるターゲットとしているため、ことさら文学を教材にしていません。
 ソクラテス・プラトンの研究で第一人者と言われた田中美知太郎は、ソクラテス・プラトンを学ぼうとする哲学専攻の学生に、和訳で読みなさいと言ったそうです。もちろん田中は古ギリシャ語を縦横に読めます。なぜ、田中がそのように言ったかと言えば、一つの言語を学ぶと言うことは一生かかることです。だから、それに時間を費やすより、現代語訳で読みなさい、と言ったそうです。
 私は古文が文学作品をターゲットにしているのか、言語をターゲットにしているか曖昧だと思います。もし両方を目指すのが正しいならば、何故、夏目漱石を「てふてふ」で子どもたちに与えないのか、と思います。そして、もし、文学作品だったら、もっと他にありそうなものがあると思います。私は、世阿弥の花伝書や兼好法師、また、江戸中期の作品がいいな~と思っています。現代にも直ぐに生きますから。