西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/10/14(日)

[]説教 10:35 説教 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 説教 - 西川純のメモ 説教 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は長野セミナーに参加いたしました。北は秋田から、南は奈良から集まっていただきました。そこでの会で、実は『学び合い』を実践している人が、近くにいることを知ってビックリした方も多いと思います。会場では名刺交換と、今後のサポート交渉を行っている姿が多かったと思います。とても有意義でした。発表者のプレゼンが良かった。私も純粋に聴衆の一人として楽しめました。その後の懇親会、二次会で飲み過ぎたため、メモのアップせず。寝ました。朝はさわやかに起き、朝一番の電車で帰宅しました。

 二次会では、Sの前に座りました。Sは卒研で西川ゼミに所属して、2年間の臨時採用の後、今年の試験では合格しました。来年から正式採用です。馬鹿話をいっぱいした後、ふと、『学び合い』現場でやることの不安は何かを聞きました。じっと聞いた後に、以下のように説教しました。

 『おまえは何故、教師になろうとしたの?漢字を教えるため?計算を正確に出来るようにするため?それとも年号を多く覚えさせるため?違うだろう。子どもが大人になることに関われることが出来るからだろう?(Sうなずく)じゃあ、昨日、おまえは子どもが大人になることに関して何をした?この1週間、おまえは子どもが大人になることに関して何をした?この一ヶ月、おまえは子どもは大人になることに関して何をした?(Sは無言)おまえは胸を張って言えること無いだろ。(Sうなずく)たしかに若い教師が『学び合い』をすることは大変だ。自分自身を守れるだけの力はない。でも、うまく立ち回ればいい。『学び合い』をあたかも一斉指導に見せる方法はある。そして、おまえがすべきは職場で良き先輩を見つけろ。かならず、どんな職場にもいる。見つける方法は簡単だ。子どもたちの姿を見ればいい。これから三十年以上の教師人生が続くんだぞ。おまえが言った不安に関しては、細かく説明すれば、それが不安ではないことを説明できる。でも、そんなことを言う必要はない。おまえが目指した教師になる道は『学び合い』以外に不可能だ。どんな障害があってもやるか、それとも漢字を覚えさえることだけの教師になるかのどちらかだ。『学び合い』を出来ない理由を挙げて、幸せになれるか?結局、おまえがどちらの教師なるかを決めるだけだ。来年度になってからなんていう、たわけたことを言うなよ。おまえが今担任している子どもたちの人生においては、おまえがこれから担任する半年間は貴重な半年だ。ごちゃごちゃしたいいわけは聞かない、結果を出せ。期待しているよ。』

 Sに久しぶりに15分ほど説教をしました。教師は教える必要はありません。しかし、説教はすべきです。

追伸 二次会において、群馬でのセミナーに関して、決意表明とコアメンバーの結成がありました。と、可視化しちゃうんだ。

学び合う国語学び合う国語2007/10/14 21:28届きました!今まで、先生の本は3冊(勉強しなさいを言わない授業、なぜ理科は難しいと言われるのか、学び合いの仕組みと不思議)読ませていただきました。今、まだ読んでいる途中ですが、すごく読みやすくておもしろいです。『学び合い』に興味があり、自分なりの解釈でまなびあい?を始めてみたのですが、やはり目標をどうするのかがつかめなかったのです。「学び合う国語」を読んで、あ~こういうことだったのか~、それなら今までやったあの方法も学び合いだったのかな?などと考えています。とても楽しいです。明日に国語で「ガイドブックを作ろう」(6年光村)の単元で
作ったガイドブックをお互いに見合ってコメントをつける学習をしようと思っていたのですが、それが回覧作文とすごく似ていて、嬉しくなってしまいました。とにかく、味わって続きを読みたいと思います。ありがとうございました。

OB1989OB19892007/10/15 06:28当日ありがとうございました。会場の後片付けのため二次会に参加できず,群馬でのセミナー開催の結団式に立ち会えず残念です。あの後はKiriさんと二人で二次会をやり,来年度の長野セミナーの開催を相談しました。またよろしくお願いします。

jun24kawajun24kawa2007/10/15 06:36学び合う国語さんへ
 なんか分からないことがあったら、すぐにメールください。サポートしますよ。『学び合い』は本当に簡単です。一番難しいのは、やる、という段階です。まるでバンジージャンプみたいなもんです。だから、もう半ば以上は終わっています。
OB19889さんへ
初回であれだけなんだから、次回はもっとどかんとやりましょう。潜在的なニーズがすごくあることを実感しました。課題は県北かもしれません。Kiriさんが県南で勉強会を開いていますが、地元の先生に声をかけて始めたらいかがでしょうか?

OB1989OB19892007/10/15 06:54了解しました。N先生の課題には同感です。第2回に向けて張り切って頑張りたいと思います。