西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/10/05(金)

[]無口な子 22:17 無口な子 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 無口な子 - 西川純のメモ 無口な子 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は基本的に人と話すのが不得意です。ですので話したがりません。こんなこというと多くの人は、「うそ~」と言います。まあ、講演会や授業の様子から言えばそうでしょう。しかし、あれは落語文楽と同じよう、練りに練った話なんですから。私は自分が話が下手だということを十分に理解しているので、それを補うために、徹底的に練習し、計画しております。一方、家では語らなくて良いので、殆ど語りません。家内や息子がしゃべっているのを、ニコニコして聞いているだけです。たまに、「ね~、学校であったこと話してよ」と家内から言われますが、そのたびに「何もないよ」とだけです。でも、何も話さなくても良い家が大好きです。でも、出張で一人になるのは嫌いです。誰かがしゃべっているそばでニコニコしているのが私は好きなのだと思います。本日は、Yと個人ゼミをしました。彼の研究テーマを話し合いました。彼にいっぱい夢を語りました。

 今までの我々の研究では、会話分析が主です。クラスの圧倒的大多数は学び合うことによって、よくしゃべります。静かにしている子も、ぽつんとしている子も、本当はしゃべりたいので、『学び合い』の文化が成立するとしゃべりだします。ところが、少数ですが殆どしゃべらない子がいます。でも、だからといって、その子が嫌がっているかと言えば、そうは見えません。また、周りの子どもも、その子ども存在自然に受け止めています。まるで家での私のようなんです。

 Yに語ったのは、そのような子が、そう見えるのは何故かを出せないだろうか、ということです。そんなことが分かれば、私のような子が、無理矢理、しゃべらなくても良いんだということが明らかになります。これは、いろいろな面で大事なことだと思います。私個人としても、本当に知りたい。でも、すごい難関があります。それは、その子はしゃべらないからです。従って、会話分析ではそれを明らかに出来ません。映像記録によって、様々なサインを見いだす必要があります。先行研究はあります。T研究室でのAさんのアイコンタクト研究です。おそらく、アイコンタクト以外にも様々な非言語コミュニケーションがあるはずです。でも、こりゃ大変です。でも、すばらしいことが生まれます。ワクワクします。

あべたかあべたか2007/10/06 03:52今回の文章の前段。
西川先生が人と話すのが不得意という話。
わたし自身とまったく重なります。
うれしいような、うれしくないような……笑。

jun24kawajun24kawa2007/10/06 07:31え~
会を企画して企画・運営する能力があるじゃないですか?
私の場合は、『学び合い』を広めようとする人が、そういう会を企画・運営する能力のある人なだけです。私にそういう能力があればと、いつも思います。私の場合は、初対面の人と会うことが不得意なので、知らない人が参加する(いや、それを望んで望んでの)会を企画・運営する能力はないんです。とほほ
でも、前にメモったことがあるのですが、杜氏は上戸はダメだそうです。下戸だと酒のいろいろなニオイに敏感だそうです。人と関わることが不得意というのは、そういう面では、いい面であると積極的に解釈しようと思っています。学び合いが不得意だから、得意な人が気づかない面を気づけると思っています。
学び合いが得意な人とネットを組めば強みになります。あべたかさんもそうやっているんでしょうね。