西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/09/11(火)

[]3回目 17:05 3回目 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 3回目 - 西川純のメモ 3回目 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先週の金曜日月曜日火曜日大学近くの学校に、現職院生さん達とお二人の先生サポートに入りました。

 事前に、その先生がたの授業見ましたが、「こりゃ、簡単に出来る」と思いました。「遅くとも2週間で、『学び合い』の初期段階は卒業だ」と思いました。愚かにも私は間違いました。このペースでは、今週中に「ご卒業」です。

 最初の金曜日に最初の語りを行い、課題を与えました。子どもたちがドンドン動きます。特に、世話好きな子どもがドンドン動きます。しかし、褒めることが少なかったというのが、その先生の反省です。

 月曜日、教えない、褒める、つぶやく、そして説教が全開です。子どもがもっと良い動きをします。しかし、課題量が多すぎたために、子どもが関わる時間を十分に保証できなかったというのが、その先生の反省です。

 本日火曜日。既に、その先生の語りは型から離れ、自由に語れます。子どもの動きが激変し、「全ての子ども」が学習に集中し続けています。子どもたちが生き生きしている姿、また、その姿を見て喜んでいる先生の姿を見ていると私は幸せになります。

 もちろん、子細に見れば「抜け」・「課題」はあります。しかし、それはクラス作りの中で解決されます。これからが楽しみです。その先生方には、チョモランマのように見えたクラスの課題を、子どもたちが自然に解決することを知った瞬間の「その先生」の顔を見たい。心が洗われるような、いい顔をしているはずです。それが楽しみです。

 行き帰りの車の中で、一緒に入っている院生さんのお一方と話しました。「なんで、こんなに簡単で、効果絶大なこと、やらないのだろうか」と。