西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/09/10(月)

[]増殖中 18:05 増殖中 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 増殖中 - 西川純のメモ 増殖中 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この前、洗脳旅行にこられたど偉りゃ~ご一行様よりメールをいただきました。洗脳旅行にこられた3名が、別の指導主事3名に説明し、ご理解頂けたとのメールをいただきました。また、事務所勉強会を開いたそうです。そして、ライブを見たい、見せたいとのご希望をいただきました。早速、別府鹿児島の同志に依頼をしましたところ、即時、ご快諾頂けました。

 同志へ

 集団は多いほど、多様であるほど、学び取るものも多く、安定するというのは、子どもばかりではなく、教師の『学び合い』においても正しい!わ~い!ドンドン進むぞ~。参観の方の洗脳よろしくお願いしますと、「子どもたち」にお伝え下さい。

[]自慢 08:38 自慢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自慢 - 西川純のメモ 自慢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学部4年のゼミ生は、今、ICレコーダーデータを海に泳いでいます。卒業研究で入ったY小学校子どもたちの学びを明らかにするためです。その一人のブログ

『実際に教育現場に出たらこんなに子どもの声を聞くこともないだろうし,次はどんな授業をしているのかが楽しみに思えたりするし。

不遜ですが,普通の教師よりも子ども一人ひとりの声を聞いている時間は超えているとも思う』

 とありました。

 22歳の学生物言いとしては、本当に不遜です。しかし、事実です。教壇からの子どもの声は聞こえたとしても、子ども同士の会話を教師は聞こえません。

 このようなゼミ生達がゼミの仲間であることを誇りに思います。

newtown0426newtown04262007/09/10 12:14全くその通りです。子どもたちの会話大事ですけどほとんど聞けていません。

jun24kawajun24kawa2007/09/10 13:51ありがとうございます。
でも、newtownさんは、今は聞けるでしょ!
今まで教えてばかりいたときは、子どもを評価することなんて無理です。でも、『学び合い』はそれを可能にします。今日も、いっぱい、子どもたちの素晴らしさを鑑賞できたと思います。