西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/09/05(水)

[]不安なこと 16:10 不安なこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不安なこと - 西川純のメモ 不安なこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日お茶を飲みに控え室に行きました。お茶飲み場で、学部生+現職院生さんがゼミをしていました。私はお茶を飲みながら、好奇心旺盛なおっさん(即ち『学び合い』における教師)になりました。

 その中で、10月27日、28日に横浜で行われる教科教育学会の発表原稿を既に送っているということが判明しました。私は見てもいないし、それどころか、送ったということも知りません。そして、ゼミ生のだれも、私に見せようとも、報告しようとも思いません。だから、「あ、先生に言ってなかったですね」と満面の笑顔で事後報告がありました。まあ、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)が大好きな校長だったら激怒するところでしょう。が、我がゼミセオリー通りですので、私は「あはは、そう」で終わりです。私がチェックしなくても、最高レベル発表原稿になっていることに関して、微塵も不安はありません。それだけの研究室ですから。

 が、不安になりました。というのは、今度泊まるビジネスホテルは、大浴場のあるビジネスホテルにしたいな~、と思っていたのですが、このままでは、私に関係なく決まりそうです。そこで、「ね、大浴場のあるビジネスホテルにしてね」とお願いしました。

 私は、ゼミ生の学会発表に関しては不安はありません。不安なのは学会参加で泊まるホテルの方が不安なんです。あはははは。これって、自慢しているんですよ。

[]洗脳終了 12:33 洗脳終了 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗脳終了 - 西川純のメモ 洗脳終了 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ただいま、洗脳を終えてご一行様はお帰りいただきました。今後が楽しみです。

[]記念日 12:33 記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 記念日 - 西川純のメモ 記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は、息子が家内のおなかの中にいることを知った記念日です。8年前のこの日から、我々を幸せにし続けてくれています。

さとう@山形さとう@山形2007/09/05 19:27「最高レベルの発表原稿になっていることに関して、微塵も不安はありません。それだけの研究室ですから。」というところ、驚きです。「期待を裏切られた~」などと思うことがないわけですね。「信じる」とは、こういうことですね。

わたしはきのう、指導している放送委員の子たちに「ん~~、今日のは準備不足がひどかったねえ!」と言っちゃったばかりです。

HirarinHirarin2007/09/06 05:51>さとう@山形さん
大丈夫ですよ。先生は発表原稿を見ていませんが、ゼミ生は全員ゼミ生の原稿を見て何度もアドバイスをしてきました。お盆休みもそこそこにして学部生は頑張っていました。
学部生の原稿は、知らない人が見れば間違いなく修士レベルの原稿に仕上がっています。院生は博士レベル??でしょうか。
あとは「期待を裏切る発表」(←期待以上の発表で、先生が「怒る!」ことです)のために精進する、精進させるだけです。

jun24kawajun24kawa2007/09/06 08:56さとうさんへ
 駄目だったら、駄目と言っていいんですよ。本当は出来るのに、という信頼がありさえすれば。ね。
Hさんへ
 あはははは、まったくそうだね。セオリー通りです。『学び合い』は、子どもでも大人でも全く同じ。もちろん、我がゼミでもね。予想以上の発表を聞いて、「彼らの能力を見くびっていた俺はなんてバカなんだろう~」と泣く準備をして横浜に行きます。

さとう@山形さとう@山形2007/09/06 19:53>hirarinさん
「ゼミ生は全員ゼミ生の原稿を見て」いるということ、なるほど『学び合い』とはこういうものか!と思いました。
>先生
「信頼」は、もちろんあります。
「泣く準備」をしておきます(^_^)v

jun24kawajun24kawa2007/09/06 22:23俺は感激で泣きたいな!と宣言したらどうです。
私なんて、しょっちゅう言っていますよ。
さとう学級だったら、それに応えてくれます!