西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/08/31(金)

[]本日 21:56 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 とにかく、不在中の仕事をこなすので精一杯でした。

07/08/30(木)

[]到着 22:37 到着 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 到着 - 西川純のメモ 到着 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 北海道から帰りました。家族旅行の期間中、毎日、50通弱のメールをこなしました。明日は朝から夕方まで仕事です。ふ~

kluger1213kluger12132007/08/31 08:36 先生、お帰りなさい。今度、北海道のお土産話聞かせてください。旭川動物園のお話はちょっと残念でした。行こうという気持ちが薄らいでしまいました。

jun24kawajun24kawa2007/08/31 15:40ただいま。あなたの自慢話も期待していますよ。

07/08/29(水)

[]旭山動物園 15:43 旭山動物園 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 旭山動物園 - 西川純のメモ 旭山動物園 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 旭川について旭川市旭山動物園依存していることがよく分かりました。朝一番に町を出発して30分後に到着しました。ついてびっくりしたのは中学生以下は無料です。大英断です。意気込んで入場しました。

 が、「はずれ」です。動物の見せ方に新機軸があることは十分に認めます。が、それだけで、全体的にアンバランスです。印象としては、動物の見せ方を決める人に頭のいい人が数人いるだけの動物園です。

 本日は、旭山動物園としては特別混雑した日とは思えません。しかし、食堂・トイレ(特に女子便所)が大混雑です。こんな時は、人の持つエゴイズムがもろだしになるので、不快な思いをします。明らかにこの面での知恵はないように思います。これが「動物の見せ方を決める人に頭のいい人が数人いるだけ」と思った原因です。さらに言えば、動物の見せ方といっても、建物関係のみとも言えます。入場直後(9:30)に動物のふれあいコーナーに行ったら、なんと掃除中で「ふれあえません」でした。馬鹿馬鹿しくあきれました。想像してください。10時開店のデパートに入ったら、3階の売り場は準備中で買い物できなかったとしたら・・・。もし、トータルな企画を出せる人がいて、その一つに動物の見せ方が含まれるならば、こんなアンバランス動物園にはならないと思います。

 また、職員は参観者が「嫌い」という印象を持ちました。職員が参観者に笑顔を見せている場面は極端に少なかったです。まあ、しょうがないでしょうね。「フラッシュ禁止」と連呼しているそばで、フラッシュ撮影をする人が続出しているのですから。でも、我が家のように、それに対応している人までも嫌いになる必要はないように思います。この動物園管理職が、動物園が客商売であることを分からせていないように思います。

 まあ、トータルに言えば、一度はきても良い場所かもしれません。しかし、二度は絶対にいきたくない。さらに言えば、人から「どうだった?」と聞かれたら、「いかない方がいいよ。むしろ、ゆったりと動物を見られる手近の動物園の方が良いよ。少なくとも、小さい子どもはそう思う」とアドバイスします。

 ちなみに、上記と同様な印象を持った柏崎トルコ文化村は、数年で客足は激減し、最後は潰れました。

追伸

 根本的改善をするとしたら、かなりの資本投下が必要です。しかし、それは危険性が高い。私が管理者だったら、社員教育をちゃんとします。そして、ジブリ美術館のように予約制にして入場者数を制限します。その方が、長く生き残るように思います。地方動物園バブルに踊っているという印象です。

[]子を持って知る子の恩2 07:17 子を持って知る子の恩2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 子を持って知る子の恩2 - 西川純のメモ 子を持って知る子の恩2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 かなり前に「子を持って知る子の恩」というメモを書きました。昨日も、息子が北海道に行きたいと言ってくれたおかげで、皆既月食をみることが出来ました。

 考えてみれば、私は本当に親孝行です。私は年まで生きて、健康で、家族を持ち、生活しています。私が息子に望むことは、それだけです。いや、それだけでも感謝し切れません。

OB1989OB19892007/08/29 20:10行く機会がありませんでしたが,TDLとはずいぶん異なっているようですね。夢は夢のままの方がいいのかもしれません。

jun24kawajun24kawa2007/08/29 23:51はい、夢のままの方が良いように思います。

まるしんまるしん2007/08/31 00:27こんにちは、北海道にいらしていたのですね! 旭山動物園…。私は旭川出身で、園長もよく知っているし…ちょっとだけ彼らの肩を持つとすると、そもそも閉園寸前の動物園だったのです。なんというか、こんな事態は最初から想定されていない所だということでしょう。観光客が大量に入り込むことなどまるで考えていなかったわけです。私が小さい頃は、閑散としていて、とてもいいところでした。雨の日に、高校をさぼって、一人で見に行ったこともあります。客はぼくを入れて10人くらいでしたよ(笑)。人気が少し落ち着いたらいいなあ、と思います。

jun24kawajun24kawa2007/08/31 15:43はい、その通りですね。
私の心配しているのは、あのままでは急激に人気が下がるようにおもいます。旭川の観光を一手に担っている柱が倒れたら大変です。だから、ブランド化をねらったら、と思いました。あの人数がなければ、もんくなく、勧めます。

07/08/28(火)

[]到着 14:26 到着 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 到着 - 西川純のメモ 到着 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 札幌から旭川に2時ごろ到着しました。が、そこから行けるようなところがありません。ということで、明日の旭山動物園のために、英気を養いたい!家族旅行と言うより、私にとってはアスレチックスだ!

[]北海道 17:41 北海道 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 北海道 - 西川純のメモ 北海道 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新婚旅行北海道です。なぜって、日本語が通じるからです。十数日かけて道南・札幌小樽を回りました。そのとき発見したことを、今回も発見しました。

 北海道というと、一つの県と同じように思います。しかし、東北地方と同じだけの広がりを持つ地域です。もし、今日福島、明日は仙台、あさっては秋田というような旅行計画を立てれば、誰でも無謀だと分かります。しかし、北海道だと、それをやりがちです。

 今回は息子が鉄道に乗りたいという、という目的ですのでしょうがありません。しかし、今回の移動計画は本当に無謀です。明日は旭山動物園に行き、そして札幌に戻ります。ふ~

chunsuzumechunsuzume2007/08/28 14:44行けるようなところがない・・・。
それなら鉄分補給で富良野線ということで(^^)v

F-KatagiriF-Katagiri2007/08/28 16:17自動車で富良野に向かう途中、「ノロッコ号」を追い越しました。本当にのろのろ走っていました。それに乗ったらきっと息子さんは大満足だと思いますよ。

jun24kawajun24kawa2007/08/28 17:37ちゅんさん、Kさんありがとう
今、旭川の町から帰りました。
ばかばかしいですが、たまっていた洗濯物をコインランドリーであらい。旭川の本屋にいきたいという息子につきあいました。息子は、鉄道も好きですが、本が大好きです。

HirarinHirarin2007/08/28 22:47旭山楽しんできてください。
私が先週学会の合間を縫って行ったときは朝札幌から電車に乗って旭山動物園に行き、夜はサッポロビール園でジンギスカンでした。
動物園が混んでいなければ、十分時間に余裕をもって楽しめると思いますよ。
本屋に行くあたり、さすがDNAは受け継がれていますね。恥ずかしながら我が子たちは札幌のホテルでテレビのリモコンをいじりまくって大変なことをしていました。

jun24kawajun24kawa2007/08/29 06:34Hさんありがとう
今日も楽しんできます

07/08/27(月)

[]○ぶん補給 18:13 ○ぶん補給 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ○ぶん補給 - 西川純のメモ ○ぶん補給 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は9時30分に函館を出発して札幌に1時に到着しました。息子は鉄ぶん補給をしました。長時間電車に乗ると飽きるため、私はDVDを普段は見ます。しかし、家族旅行の場合は、息子が絶えず面白いことをやらかすので飽きません。それからバス等に乗って3時にホテルに到着。「しずくちゃん」という息子の大好きな漫画に載っていたところです。プールの売りのホテルです。息子は大満足です。それを見て私は大満足です。

さとう@山形さとう@山形2007/08/27 19:28札幌ですか。
この夏、札幌のジンギスカンを3食食べました。ラーメンでは「信玄」というお店がおいしかった。佐藤水産の水産物もすばらしいものでした。おいしいものをお召し上がりください。

MizuochiMizuochi2007/08/27 21:34先生の夏休みの話題に触れ、ホッとしています。
やっぱ・・・休まなくちゃ!

jun24kawajun24kawa2007/08/28 08:54さとうさん、Mさん、ありがとうございます。
これから旭川に出発します。
家族の荷物を運ぶために、ちょっと、腰が痛い。
年です。とほほ

07/08/26(日)

[]到着 21:07 到着 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 到着 - 西川純のメモ 到着 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 9時間かけて函館に到着しました。私の方は、いい加減、飽きてしまいました。ただ、息子が絶えず面白いことをしでかすので、飽きません。息子の方は大満足です。普通だったら、電車は方法ですが、息子の場合は電車に乗ることが旅行目的になっています。

 函館に着き、風呂に入って、食事をしました。大満足の内容です。今から寝ます。ぐ~

[]出発 06:40 出発 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出発 - 西川純のメモ 出発 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 楽しみで、楽しみでしょうがない息子は、昨日はなかなか寝ませんでした。そして、本日は朝早くから起きています。今から出発です。

MizuochiMizuochi2007/08/26 10:36気を付けて行ってらっしゃいませ!

jun24kawajun24kawa2007/08/26 21:04ありがとうございます。
楽しんできます。

chunsuzumechunsuzume2007/08/26 22:11何を隠そう(いや、隠すことはないんですが)、私も「鉄道に乗ること」自体が大好きです。きっと、息子さんと話が合いそうです。どうぞお気をつけて!お帰りも鉄路ですか?

jun24kawajun24kawa2007/08/27 05:43あはははは
そうですか、ちゅんさんも電車好きなんですね。
帰りは、息子を説き伏せて、飛行機にしてもらいました。

MizuochiMizuochi2007/08/27 09:42鉄道ファンの方が電車に乗ることを
「鉄分補給」というそうですね。
なんかいいなあ。。。

jun24kawajun24kawa2007/08/27 18:18Mさんへ
楽しんでいます!

07/08/25(土)

[]本日 22:10 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日大学院入試です。しかし、午前中はノウハウ本の最後の仕上げをしました。結局70ページに抑え、一応、書き上げました。もう少し寝がせたいと思っています。しかし、ノウハウ本を作ろうと書いたのですが、ノウハウ本になっていないように思います。

 午後からは大学院入試面接を行いました。みなさん真剣です(当たり前ですね)。私の方は、淡々と任務を行いました。

 明日から家族旅行です。息子が行きたがっていた北海道まで、9時間かけて、息子の大好きな電車で移動します。

07/08/24(金)

[]発進! 13:42 発進!    - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 発進!    - 西川純のメモ 発進!    - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日先生を変え、学校を変え、前橋市を変え、群馬県を変えるため、修士1年のFさんが出発しました。Sakさん曰く、Fさんはイスカンダルに出発するそうです。それを聞いて直ぐに、「いそげFよ群馬県へ、日本教育が崩壊するまで、あと●●日・・」と浮かびました。F(ヤマト)発進!主砲三連装ショックカノン、副砲三連装ショックカノン、艦首ミサイル煙突ミサイル、対空用の2連装パルスレーザー、そして波動砲、何でもかんでもぶっ放して、結果を出してね。

[]反省 13:42 反省 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 反省 - 西川純のメモ 反省 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 講演会ではインパクトあるデータ、語りをします。だって、講演会ですから。でも、普通の先生だったら腰が引けるのは当然です。遅ればせながら、それを反省しています。そこで、今度のノウハウ本に以下を書くことにしました。でも、どう読んでもノウハウ本の表現ではない・・・

 『『学び合い』の授業の姿の実際に関しては動画配信をしております。是非ご覧下さい。しかし、それを見ると、「面食らったり」、「混乱する」かもしれません。そこで、今まで皆さんがやっていた授業との関連で『学び合い』を説明したいと思います。

 『学び合い』の授業を一般の人に分かりやすく伝えるとするならば「学力向上も人間形成も全てはクラス作りが基本で、クラス作りができれば、全てのことが全部うまく、かんたんに出来る。」という至極、当然で多くの教師が納得できる表現にまとめられます。そして、そのクラス作りを「いつ」やるのかを考えれば、学校教育の殆どの時間は「教科学習」の時間で占められているのですから、その時間でやらねばなりません。これも当然だと思います。教科学習の時間でクラス作りをするとしたならば、子どもたち同士の関わりの時間を教科の時間において保証しなければなりません。これまた当然だと思います。子どもたち同士の関わりの時間を保証するためには、教師が一方的に話し、書く時間を削減する必要があります。これまた当然だと思います。教師が話す時間を削減するためには、限られた時間の中に何を残すかということです。教師の仕事は、目標の設定、教授(子どもから見れば学習)、評価、環境の整備ですが、今までの一斉指導の中では教授が殆どを占めており、それを残しては、子どもたち同士の関わりの時間を保証することは出来ません。そのため、子どもたち同士の関わりで学習が成立するような、目標の設定、評価、環境の整備に力を注ぎます。

 さて、皆さんの授業を簡単に説明すると、以下のようになると思います。

1)導入

  身近な話題を話しながら、その時間で行う内容に繋げます。落語で言えば「まくら」ですし、「前ふり」にあたります。これを通して、子どもたちの意識を本時の教材に向け、興味関心をわかせます。

2)説明

 算数・数学だと基本的な仕組みを説明し、例題を教師が解きます。国語の場合は、3)の作業にあたる「教科書の読み」が先になるかもしれません。その場合は、作業でやらせたことを教師が意味づけたり、整理し、まとめます。

3)作業

 子どもたちが何かをします。算数・数学の場合ですと、教科書にある問題を解くことがそれにあたります。国語の場合は、単元の物語文を読んだり、要約をまとめるなどがそれにあたります。

 上記の2)と3)が繰り返えします。

4)まとめ

 本時で分かったことを子どもたち答えさせ、子どもたちが分かっているかを確認します。そして、分かったことを黒板に書きます。

 いかがでしょうか?教科や単元によって変化はありますが、大ざっぱに言って上記にまとめられると思います。それでは上記の授業と『学び合い』の違いを順を追って説明します。

 先に述べたように、『学び合い』では2)にあたる説明を出来るのは、教師だけとは考えていません。多様な教育媒体を通して、既に知っている子どもが一定数いると考えています。さらに言えば、日本の指導要領は全国民が学ぶべきことを規定しているものですので、極端に難しいことは求めていません。そして、日本の教科書その指導要領に準拠しております。そして日本の教科書は優秀ですし、副読本・参考書は多様です。従って、それらを利用すれば、自力で理解する出来る子どもがいると考えています。そのような子どもを黙らせて座らせて、一人の教師が説明するということはかなり効率が悪いと『学び合い』では考えています。だから、授業の多くの時間を費やしている説明は大幅に削減できると思います。しかし、今、何を達成しなければならないかということは、子どもは分かりません。そこだけが残ると考えています。

 もし、ある『学び合い』の授業の構造が以下のようなものだった場合、

 導入→説明(但し、作業でやるべきこと述べることを中心にしており、極めて短時間)→作業→説明(但し、作業でやるべきこと述べることを中心にしており、極めて短時間)→作業→まとめ

 の場合は、実はごくごく普通の授業と大きな差はありません。でも、これも『学び合い』です。では、どこが分かりやすい違いかと言えば、3)の作業の時間配分です。『学び合い』の場合は、3)の作業が授業時間の過半数(時には90%以上)を占めます。そんな時間を配分できるわけはない、とお思いかもしれませんが、 例えば、理科の実験の授業や体育の球技の授業は作業の時間(即ち、児童・生徒実験の時間、試合の時間)が過半数を占めています。即ち、現状の授業でも、『学び合い』の授業と極めて近い授業をやっている場合は少なくありません。では、なぜ、理科の実験や体育の球技でそのようなことが出来るかと言えば、目標が明確だからです。例えば、理科の実験の場合、「電圧と電流の関係を求めよ」という目標を与え、必要なプリントを与えています。また、体育の場合は「試合に勝て」という目標がそれにあたります。

 もちろん、実験の前に座学の授業があり、試合の前にフリースローやドリブルの基礎指導があります。その時間は教師の説明が多くを占めることになります。しかし、先に述べたように、そのような時間ですら、子どもたちの中にそれを出来る子どもがいると考えると短くできると考えます。

 1)の導入も削減可能と考えています。教師が導入に力を入れるのは、クラスの中にはその教科・単元に興味関心がない子どもが少なくないことを知っているからです。そのため、そのような子どもに興味関心を持ってもらうために、そのような子どもが興味関心を持つような内容と、その教科・単元との関連を説明します。これは、それなりに有効です。

 しかし、どのような説明をしても、興味関心を持たせられない子どもがいることも教師は知っています。そして、「しょうがない」と諦めているのではないでしょうか?教師は教科の内容や話術などの指導法でなんとか興味関心を高めようとしますが、どんな内容であっても、どんな話術であっても全ての子どもを引きつけることは不可能です。では、ホモサピエンスである我々が、最も普遍的に興味関心を持つ対象は何でしょうか?我々は他のホモサピエンスだと考えています。我々は内容や話術に「ひねり」は不要で、他のメンバーと関われることを保証すれば、内容や教師の話術以上に興味関心を高められると考えています。『学び合い』では関わりながら作業をしているので、導入を必要ないと考えています。

 4)の「まとめ」も削減可能だと思っています。この「まとめ」の削減が、実は、多くの教師にとってもっとも抵抗を感じる部分です。この「まとめ」を削ると、「子どもが本当に分かっているか確認できない」、また、「絶対に抑えたいところを確実に伝えたい」と言われます。でも、本当でしょうか?

 「子どもが本当に分かっているか確認できない」とおっしゃいますが、「まとめ」の5分間で何人ぐらいの子どもに答えさせることが出来るでしょうか?その数人の子どもが出来たか出来なかったを確認するために、クラス全員の子どもの「関わる時間」を削減する意味があるでしょうか?毎時間、毎時間、確認しなくても、結局、定期的に行うテストで分かっていないと教師に分かってしまうと子どもが分かれば、毎回、まとめで確認する意味はあまり無いと我々は考えています。むしろ、子どもたちが「分かりたい」と真剣に思えば、教師に確認されなくても、自分自身で確認するのではないでしょうか?

 「絶対に押さえたいところを確実に伝えたい」とおっしゃいます。多くの授業の最後に、絶対に押さえたいところを短い言葉でまとめ、黒板に書いてまとめる姿が見られます。しかし、そのように書くことにどれほどの効果があるのでしょうか?もし、そんなに効果があるならば、授業の最後ではなく、授業の最初に黒板に大書して、「本日は、これを理解することが目標です」と語るべきだと考えるのが我々です。

 以上の様に、『学び合い』では教師がやっていることの多くを削減し、その時間を子どもたちが関われる時間を保証しております。しかし、多くの教師にとっては、上記の説明を読んでも、削減することに抵抗感があると思います。それならば、削減しなくても結構です。先に述べたように、現状の授業と『学び合い』の授業の間には、中間型はいくらでも存在し得ます。教師が不安になれば、その不安は教師の表情や言動ににじみ出てしまいます。そうなれば子どもが不安になります。不安だったら、「まとめ」をしても結構です。

 しかし、考えて欲しいのは、我々は授業あたり数分の語り(いや十数秒の語り)だけの授業を数ヶ月続けていても(いやだからこそ)、先に述べた様々な効果を上げています。教師の時間を削減できないと言うことは、子どもたちが関わり合いながらクラス作りをする時間を削減していることを意味しています。そのような時間を削減するだけの意味があるかを考えて欲しいと願います。どこまで削減できるかは、逆に言えば、教科学習の時間のどれだけ多くの時間をクラス作りに費やせるかは、その人次第なのです。』

kluger1213kluger12132007/08/25 12:51先生、多大なプレッシャーありがとうございます。また、夢でうなされそうです。でも、私は戦いに行くのではありませんよ。武力や圧力では何も解決しませんから。人はただ(学び)愛によって変わるものですから。(笑)今回の研究で一番変わるのは自分自身かもしれません。

jun24kawajun24kawa2007/08/25 16:27もちろんそうですね。以下の通り修正します。
主砲三連装愛のショックカノン、副砲三連装愛のショックカノン、艦首愛のミサイル、愛の煙突ミサイル、対空用の2連装愛のパルスレーザー、そして愛の波動砲、強力な愛の力で結果を出してね。
 夢で逢いましょうね。期待しています。あはははは

07/08/23(木)

[]ノウハウ21:44 ノウハウ本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ノウハウ本 - 西川純のメモ ノウハウ本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は午前中からずっとノウハウ本の原稿書きをやっています。ノウハウ本を書こうと思っているのですが、どうやっても考え方を書いてしまいます。というのは、ノウハウを書きはじめると、「あ~、これって、こういう風に誤解するだろうな~」と思い始め、その誤解をしないように書き始めるといつのまにか考え方を書いてしまいます。最初の目標は10ページぐらいのノウハウ本を書こうと思ったのですが、現在の段階で50ページを超えてしまいました。それも、まだ先が見えないほど書かねばならないことが山積みです。う~ん、私にはノウハウ本は書けないのかな~

 明日は学部コースに関する書類書きに忙殺されるし、明後日大学院入試です。しばらく、ノウハウ本は書けません。でも、とにもかくにも、どうやったら『学び合い』が出来るかを書いた本を書き上げ、HPに公開したい。

[]学び合う国語 21:44 学び合う国語 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び合う国語 - 西川純のメモ 学び合う国語 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 9月下旬か10月上旬には「学び合う国語」が世に出る予定です。これは『学び合い』で国語を実践している小学校中学校高校先生方の実践をまとめた本です。何度も書いていることですが、算数・数学、体育、技術家庭科で『学び合い』は本当に簡単です。何故って、目標の設定が単純に出来るから。ところが国語社会イメージしずらいと言われます。でも、本当は簡単だと言うことを示す本です。

 最近、ある中学校国語先生に『学び合い』の説明をしました。説明した後で、「国語は『学び合い』は難しいと言われるんですが・・・」と言いかけると、その先生は「いや国語こそ『学び合い』は合っています」と言われていました。国語で達成すべき事が明確に分かっている方なので、国語の『学び合い』がイメージできるのだと思います。こういう先生こそが、教科の力がある国語先生だな~、と思いました。

あべたかあべたか2007/08/24 05:58■ノウハウ本
西川先生がノウハウ本ですか。
面白いですねえ。教師になってずっとノウハウばかりを追求して中身のない人間になっているわたしです。
が、「目指すべきもの」を理解した上で「どうすればよいか」がわかると「考え方はわかるのだけど、それをどうやって実現すればいいのかわからない」と思われている先生には福音になるかと思われます。ノウハウ本。楽しみです。

■学び合う国語
出版されたら即、買います。
「いや国語こそ『学び合い』は合っています」とおっしゃった先生の「学び合い」の授業を見てみたいですね。どんなことをされるのでしょうか。
わたしも、言葉を駆使する「国語」だからこそ、「学び合い」をうまく実現できれば最高に面白そう!とは思います。まぁ、自分が学級を持っていたらいろいろと実践、いや実験をしているところだとは思いますが……。

jun24kawajun24kawa2007/08/24 07:42有り難うございます。
ノウハウ本はネット公開を考えています。つまり無料。
学び合う国語をお買いあげいただくと、我が家に100円入ります。お客様(あべたかさん)は神様です。

F-KatagiriF-Katagiri2007/08/24 09:43あべたかさん、私の授業でしたらいつでも見に来てください。『学び合い』は方法ではないので、見ただけでは「これが『学び合い』?」と思われるかもしれません。話し合ってもいないし、立ち歩きもしない子どももいます。しかしいーんです。究極的には授業以外でも(日常生活で)学び合うようになるのが目標ですから。

「学び合う国語」出版の目処がついたのですね。楽しみ楽しみ。

07/08/22(水)

[]洗脳完了! 15:34 洗脳完了! - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗脳完了! - 西川純のメモ 洗脳完了! - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、3名様の洗脳完了しました。休み明けの実践を楽しみにして(もちろん、いくぶんかの不安も)お帰りいただきました。結局、理解した後は、やってみて納得するしかありません。

 洗脳旅行に関する、ゼミ各位の洗脳能力を高く評価します。

 あ~楽しかった!

07/08/21(火)

[]萎え22:33 萎える - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 萎える - 西川純のメモ 萎える - 西川純のメモ のブックマークコメント

 みんなが納得するなんて一人の教師が出来ないことは、私はよく分かっています。でも、分かってくれない人の存在は、私は気になって気になってしょうがありません。萎えます。やっかいな性格だと思います。でも、この拘りがあるから、7割8割の人が分かるのでは納得せず、十割が分かるという『学び合い』に至ったのだから、しょうがありません。

 でも、視線を避け、首を振って納得できないという分かりやすい意思表示をするぐらいだったら、ちゃんと議論すれば実りあるのにな~

[]洗脳旅行 22:33 洗脳旅行 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗脳旅行 - 西川純のメモ 洗脳旅行 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を理解しようと洗脳旅行に来られた人が、たった1日の洗脳旅行の結果、『学び合い』を理解してもらいにはどうしたらいいかに頭を使うようになっていただけた。萎える一日だったが、それが救いです。明日は、追加の洗脳希望者がいらっしゃるワクワク

07/08/20(月)

[]不思議 22:35 不思議 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不思議 - 西川純のメモ 不思議 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、「Who's Who in the World」に掲載が決まったとの英文の手紙が来た。ネットで調べると以下の通りであった。

Who's Who in the World® はシリーズの中で最も選択基準が高く、権威ある紳士録とされており、215カ国の約5万人の人物情報が収録されている。』

http://ja.wikipedia.org/wiki/Marquis_Who's_Who

 調べてみると、掲載されることは大変名誉なこと「らしい」。しかし、なんで私が選ばれたのか、不思議です。だって、世界66億人の5万人です。つまり、確率的には日本で900人しか選ばれないということです。あらゆる分野の人が含まれています。ということは教育学関係者は数人のレベルだと思います。いくらうぬぼれが強い私でも、疑います。う~ん、新手の詐欺かな~  

[]今日も楽しく洗脳21:57 今日も楽しく洗脳中 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日も楽しく洗脳中 - 西川純のメモ 今日も楽しく洗脳中 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日洗脳希望者を富山県愛知県から迎え、ゼミ生一同で洗脳中です。大抵の方は、洗脳を通して、それまでの自分では「考え方」と思っていたことは、実はテクニックであることに気づきます。そして、「考え方」を変えると、同じ現象が全く違って見えることに驚きます。あとはバンジージャンプを飛べるか、です。でも、本日も、学校教育意味を熱く、暑苦しく語りました。わざわざ上越まで来るような志の高い先生です。実は、自身の過去に、私の語ることの多くがあったことに気づきます。

 志の高い先生と時を過ごすことは、本当に楽しい

OB1989OB19892007/08/21 06:40おめでとうございます。いよいよ世界へですね。楽しみです。

jun24kawajun24kawa2007/08/21 08:13ありがとうございます。
お金の絡む部分は避ければ、詐欺でも被害が無いはずです。まあ、そっちょくに喜ぶことにします。

さとう@山形さとう@山形2007/08/21 21:26おめでとうございます。どれだけすごいことなのか私には見当がつきませんが、すばらしいことですね。

別件ですが「洗脳」、いいですね。行きたい!

jun24kawajun24kawa2007/08/21 22:20ありがとうございます。
洗脳旅行は楽しいですよ。

07/08/19(日)

[]虫嫌い2 19:04 虫嫌い2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 虫嫌い2 - 西川純のメモ 虫嫌い2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、小さい虫を怖がることが、いかに馬鹿らしいかを、こんこんと息子に話しました。夫婦交互に説教したしたため、涙声になりました。

 本日、意を決して、親子で虫取りに関川の土手に行きました。

 案ずるより産むが易しです。虫をさわれるようになりました。

 ホッ

inoueinoue2007/08/19 22:42よい夏休みですねー。虫触りおめでとうございます。

jun24kawajun24kawa2007/08/20 07:48有り難うございます。
今年は出張ばかりで、息子と一緒に遊べませんでした。
反省です。
来年は、遊ぼうと思います

07/08/18(土)

[]虫嫌い 14:41 虫嫌い - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 虫嫌い - 西川純のメモ 虫嫌い - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家内から息子が虫を怖がってしょうがない、と教えられました。今日散歩で試したところ、体長2mm程度のアリも恐れています。なだめすかしても、怖がって触りません。かなりの重症です。

 私の場合は、高校時代の春から秋の殆ど全ての日は、学校の裏の崖で蝶々採集をしていたんですが・・・

F-KatagiriF-Katagiri2007/08/18 21:11うちの長男は虫好きです。ムシキングから入りました。今はそれほどでもなくなったのですが、ピーク時は、どんな虫でも捕まえようとして、小さなカンにダンゴロ虫を何匹か入れて家に持ってきました。やめてくれ〜!最近下の子がムシキングにはまってきました。

jun24kawajun24kawa2007/08/18 21:51なるほど~
今の時代は、そのような情報からなんですね。
有り難うございました。

07/08/17(金)

[]ナイトミュージアム 13:10 ナイトミュージアム  - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ナイトミュージアム  - 西川純のメモ ナイトミュージアム  - 西川純のメモ のブックマークコメント

 駄作だ・・・。名優のロビン・ウィリアムズミッキールーニーをあのように使うなんて、犯罪だ!

[]教職大学院 09:10 教職大学院 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職大学院 - 西川純のメモ 教職大学院 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平成16年8月4日の午前8時で場所は筑波のホテルの朝食会場でした。ちょうど学会で筑波に出張し、ホテルで懇意の他大学管理職の方と一緒に朝食を食べたその時、「西川君、専門職大学院って知ってる?」と切り出されました。話を聞いた私は腰を抜かしました。それから3年間、私が最も頭を使った仕事が、この教職大学院です。 

 上越教育大学が7月末に文部科学省に計画を提出したことは、各種の報道の通りです。11月末まで審査があり、認可を頂けると来年の四月からの発足です。そうなれば、私は学習臨床コースから教職大学院へ異動します。

 http://www.juen.ac.jp/contents/new/2007/070607/index.html

 関係者の知恵の総結集です。大学教育制度が始まってから百数十年、また、半世紀を超える戦後の教員養成の歴史の中で、本学の教職大学院は特筆されるべきものと自負しています。昨日の「専門職」のメモに対応できる、プロ養成のための大学院です。

[]洗脳希望08:28 洗脳希望者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗脳希望者 - 西川純のメモ 洗脳希望者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 夏休み後半、及び9月、10月に来られる洗脳希望者に関して、夏休み中なのでブログゼミ関係者に告知します。

 8月20日~22日まで、名古屋市先生富山県先生洗脳旅行に来られます。

 9月3日~5日まで、九州の某県の教育行政のとっても偉い先生と、もう一人の先生洗脳旅行に来られます。

 9月18日~12月17日まで、富山県先生内地留学で来られます。(机用意してね)

 10月16日~19日まで愛知県先生洗脳旅行に来られます。

 ゼミ総掛かりで、楽しく、ためになる『学び合い』をしましょうね。

07/08/16(木)

[]専門職 17:59 専門職 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 専門職 - 西川純のメモ 専門職 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 かなり前のメモ「教師にむいている・むいていない」を書く際、調べて驚いたことがあります。その当時の統計によれば、小学校先生の数が41万人、中学校先生の数が26万人で、高校先生の数が28万人、4年制大学先生の数は29万人です。そして医師の数は24万人ぐらいです。数から言えば、小中高の先生は、大学教師そして医師と同じ人数です。

 有能な教師の方から、専門職になろうともがいていたことを聞きました。私から見て、その人は専門職です。だって、素人には達成できないレベルの授業が出来ますから。ところが、そのような方が、自分の専門性に不安を持っています。ところが大学教師の中で、自分の専門性に不安を持っている人がどれほどいるでしょうか?不遜ながら言います。わたしが大学院生だったときの学問業績に達していない、大学教師は日本中に山ほどいます。そして、その実体を一般人は知りません。本日、ふと、何故だろう~、と思いました。色々考えましたが、開放性免許制度のためのように思えます。

 戦前の教員養成の反省から、あらゆる大学で、一定の免許科目をとれば教員免許が取れるようにしたのが開放性免許制度です(ここでは、その是非を議論しません。)。その結果として、実際の教師の人数の十倍以上の免許取得者がいます。ところが、医師免許は開放性ではありません。医師の数と医師免許取得者の数は、限りなく同じです。つまり、24万人しかいません。大学教師の多くは博士課程に入学した人です(必ずしも修了しているわけではありませんが)。博士課程に入学する人は、やはり、ごくごく一部です。

 博士課程や医学部は多くの人にとって未知の世界です。ところが、教員免許の取得は広く知られており、実際に取得している人も多く未知ではありません。小中高の教師の専門性が、広く認められていない理由は、おそらく、そんなところが原因のように思います。う~ん

07/08/15(水)

[]仕事が進まない 17:47 仕事が進まない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事が進まない - 西川純のメモ 仕事が進まない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、仕事が進むと、宣言した罰が当たったのかもしれない。本日は、全く進みません。

 今度、1週間弱、家族旅行をしたいと思っています。「仕事を忘れて」と言いたいところですが、仕事を完全に忘れることは出来ません。期間中に、私しか対応できない、そして即座に対応しなければならない仕事が起こる可能性があります。従って、メールチェックと文書作成は出来る状態にしなければなりません。しかし、いつも出張で持っているコンピュータは重すぎます。息子の服とか、なんじゃらかんじゃらを持たなければなりませんから。小さいコンピュータでも買わねばならないかな~、と思っていました。ふと、4年ほど前に使っていた、超小型モバイルがあったことを思い出しました。さっそく、棚のおくから引き出して動かすと、ちゃんと動きます。OSXPです。「やった~使える」と喜びました。

 しかし、4年前のコンピュータです。ウインドウズアップデートもしなければなりません。なにしろサービスパック2も入っていません。ウイルス対策ソフトも新しいのを入れなければなりません。そして、4年前に使っていたメールソフト現在使っているメールソフトは違います。これらをしなければなりません。

 朝8時半から始めましたが、まだ終わりません。基本的には、コンピュータがやってくれるのですが、合間合間に「いいですか?」という確認を求められる。それに対応しないと、アップデートが止まってしまう。仕事をしつつ、横目でチラチラと、そのコンピュータを見なければなりません。そんな状態では集中できません。

 ということで、仕事になりませんでした。

さとう@山形さとう@山形2007/08/16 20:09機械というものは、ほんとに融通が利きませんね(^^;)
人間というのは、そういう意味で、実にすばらしいものですね。

jun24kawajun24kawa2007/08/16 21:55本当に人間は良くできていると思います。

07/08/14(火)

[]仕事が進む 13:17 仕事が進む - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事が進む - 西川純のメモ 仕事が進む - 西川純のメモ のブックマークコメント

 お盆休み大学仕事をしていると、本当に仕事が進みます。本日の午前中の仕事は、以下の三つをこなしました。

1)秋に福井大学である研究集会で本学を代表して発表してきます。その予稿集原稿を書き上げました。

2)教職大学院関係の本を出版しますが、その分担分(40頁ほど)を書き上げました。

3)次に出版する「学び合う国語」の初稿チェックを行いました。

4)毎日来る多数のメール処理をしました。

 さて、上記を信じられるでしょうか?午前中の3時間で上記を仕上げるなんて無理だ、と思うのが一般的です。でも、本当です。そして、それには種があります。例えば、2)の原稿を、0から書き上げるとしたら、筆の速い私でもある程度の時間がかかります。私がやったのは、ワードで新規文章を開きます。そこに最低限書かなければならない事項を箇条書きで書きます。それに関して過去に書いた原稿がないか、グーグルデスクトップ検索、メールソフト全文検索ブログの検索で探します。そうすると、昨年の秋に愛知教育大学で講演を行いましたが、そこでの講演が使えることが判明しました。そして、その筆記録が愛知教育大学で作成され、チェックのため私に貼付ファイルで送られたことを判明しました。そのファイルを開いて、「です、ます」調を「である」調に直せば、直ぐに8ページぐらいの原稿になります。そんなこんなことを繰り返せば、1時間少々で40頁の原稿が出来上がります。

 私は毎日、文章を書き、それをコンピュータに記録します。そして、それがいつか役に立ちます。だから、上記のような仕事が出来ます。そして、それが成り立つのは、私の教育研究、そして大学での仕事、全ては一つの方針でまとめられているので、全ての情報が流用することが出来ます。そして、それが出来るのは、ありとあらゆる場面に適用できる『学び合い』という考え方を基本に据えているからです。

 さすがに頭がパンパカパンになったので、借りてきたビデオ映画を見ることにします。

[]墨攻 15:48 墨攻 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 墨攻 - 西川純のメモ 墨攻 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 期待していたが、たいした映画ではなかった・・・

07/08/13(月)

[]本日 16:51 本日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日 - 西川純のメモ 本日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 久しぶりに大学研究室に戻りました。研究室コンピュータの前でしか出来ない仕事をやり続けました。膨大な仕事を、驚異的な速度でこなしている自分を、「俺って凄いな~」と思います。が、ポイントは、くよくよ考えず、とにかく目の前にある仕事をこなすということだと思います。今できない仕事、今やりたくない仕事とにらめっこするより、今できる仕事、いややりたい仕事をすべきだと思います。そうしているうちに、今出来ない仕事が今できる仕事に変わり、今したくない仕事が今してもいい仕事に変わります。ふ~

[]思いつき 16:51 思いつき - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 思いつき - 西川純のメモ 思いつき - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は教科によらず、学校種によりません。が、多くの先生方の頭の枠組みは教科別であり、学校種別です。それだったら、会も「小学校国語の『学び合いフォーラム」としたほうが、取っつきやすいのかなとも思います。思いつきです。もちろんコアのフォーラムあっての話ですので、先の話だと思いますが。

F-KatagiriF-Katagiri2007/08/14 14:26公開ゼミで話を聞いていて、「算数では学び合いの授業はできるが、国語では……」という方もいらっしゃいました。教科によるとらわれがある証拠だと思います。だからといって、「『学び合い』は文化だ!」と主張しても受け入れてもらえない可能性が高いので、目標設定をみんなでする分科会も必要だと思いました。そこでピンポイントで「小学校の国語の「だいぞうじいさんとがん」の目標設定を作ろう!」という具体的なワークショップを開催して、ああだ、こうだと議論していくと、わかっていくのかなぁ?とも思います。
また、国語の教師の私が算数の目標設定をしていく分科会というのも、面白いかな?なんて考えます。

jun24kawajun24kawa2007/08/14 17:21ピンポン!
ビンゴです!
面白い、面白い!

07/08/12(日)

[]主催23:05 主催者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 主催者 - 西川純のメモ 主催者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 新潟でのフォーラム終わってから1日経った。あまりにも多くの人と出会い、多くのことを学び、多くのことを感じ、それを整理できない。でも、ぽつり、ぽつりと頭に思いつく。

 あのフォーラムは「子どもに学ぶ教師の会」の主催である。そして、私はその代表である。その代表として私がやったことは以下の通りです。

1)同意

 準備をしている人から、「○○で、いいですよね」と聞かれることが「たまに」ある。その場合は、何も考えず「いいんじゃない」、もしくは、「何で私に聞くの?」と応えました。まあ、いつもそのような対応するので、殆ど聞かれませんが・・・

2)愚かな心配

 一度だけ、「予算は大丈夫?」と準備の人にメールをしました。

 その返信は『先生、お疲れですか?お疲れの時は、なんでも心配になります。それとも、会計を担当されますか(笑)?』である。直ちに、降伏した。

3)宣伝

 宣伝をこのメモでやりました。

 以上が準備段階にやったこと。

 当日、「主催者」としてやったこと。

1)挨拶

 会の初めと、懇親会の初めに1分少々の挨拶をしました。それ以外の挨拶は、全て会の運営の方々がやっていただきました。例えば、講演会の講師である中村さんの対応は私がやっていません。求められずに何かすると、きっと「お疲れですか?」と言われそうなので、しませんでした。

2)受付の留守番

 フォーラムでの殆どの時間は、私は受付にいました。おそらく受付にいた時間は、私が一番長いはずです。といっても、おそらく誰も来ないだろうな~という時間と、途中で帰る人から名札を受け取る時間です。なんとなく私が出来ることは、「いいよ、僕が座っているから。それより、勉強してきな」と学生さんを受け付けから追い出すことのように感じました。これって、良いのか悪いのか、ちょっと分からないけど、直感は私のすべき仕事のように感じます。嬉しかったのは、私がそういうと、学生さんがニコニコしながら会場に行くことです。勉強になる会だということを分かっている証拠です。

3)評価

 会がいい会であると私が評価していることを、メモで書きました。でも、そんなこと書かなくても、会場における私は全身で喜びを発していたと思います。

 ということです。従って、一般的に主催者がやるべきことを、私はやっていません。が、これが正しいと思います。あ、一つ忘れた!

 目標の設定です。来年は参観者は千人で、参観者の感激の涙で会場は海になり、『学び合い』を会得し、夏休み以降に『学び合い』を実践する人が日本にあふれかえる。

 関係者の力量から考えれば、チョロい、と本気に信じられる。それが私の強みです。あはははは。

 あ、聞こえる。0.2秒で「はい」という声が・・・

[]川の字 23:05 川の字 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 川の字 - 西川純のメモ 川の字 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2週間ぶりに、上越我が家で、家族そろって川の字で寝ます。あ~、し、あ、わ、せ

MizuochiMizuochi2007/08/13 23:15上越におかえりなさいませ。
ホントにハードなスケジュールですね。お体を大切にしてください。
さて、フォーラムでは受付係、ありがとうございました。
会の顔(代表)である先生が、
もっとも多くの参加者に出会える場所(受付)を
自発的に担当してくださったこと、
大いに自慢させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2007/08/14 08:08来年度はお化粧して、可愛い受付係を目指します。
なんちゃって

07/08/11(土)

[]フォーラム 17:09 フォーラム - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フォーラム - 西川純のメモ フォーラム - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合いフォーラムが終了しました。今、移動中の新幹線の中です。電車の時間の関係で、関係する方々にちゃんと御礼と評価を出来ないことをお詫びします。

 まず、感謝。いい会でした。参加者数の増加はもちろん、参観していただけた方への説得力が昨年度より増したと思います。これも、参加者、運営関係各位のおかげだと思います。しかし、まだまた改善すべきものは多いはずです。もっと説得力をませる。一緒に知恵を出し合って考えましょうね。

 最後に、もう一度、感謝

[]新興宗教 08:22 新興宗教 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新興宗教 - 西川純のメモ 新興宗教 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 シンポジウムという名の懇親会で、Aさんが「『学び合い』という新興宗教を信じていいのか悩んでいます」とおっしゃっていた。まさに、新興宗教であろう。

 一般の先生方が信じている宗教(以下既存宗教)では、ご本尊は「スーパーマン教師」であるのに対して、この新興宗教では「子どもたち」です。既存宗教では教材ごとの様々な呪文・真言があり、それらを覚えなければならない。しかし、この新興宗教では子どもを信じることを大事にする。それがあれば、呪文・真言は無用だと考えている。ただ、子どもを信じるためには、「学校教育は大人になるためにある。そして、大人になることを、教科学習で行わなければならない。すなわちみんなで、漢字を一つでも多く覚え、計算が速く正確になることによって心は成長する。」、「一人一人の子どもは全員、別々の支援を必要としており、それをするには一斉学習では不可能だ」ということを理解しなければならないとしている。ちなみに、既存宗教では、「漢字を一つでも多く覚え、計算が速く正確になることが教科学習目的だと考え、心の成長は学活や部活でやることだ」と信じている。また既存宗教は、「正しい呪文・真言を唱えれば、得意な子どもも、不得意な子どもも、気になる子も分かる」と信じている。そして、既存宗教では多くの呪文・真言を覚えることによって、自らがご本尊である「スーパーマン教師」になることを目的としている。一方、新興宗教では、ご本尊である子どもを信じることで、ごく普通の教師のままで救われると考えています。

 私はこの新興宗教を信じています。

おしきですおしきです2007/08/11 18:09みなさんお疲れ様でした。本当に充実した2日間でした。昨日の中村文昭さんの講演の中の「若い人を信じる」というスタンスや「その気にさせる環境をつくる」というところなど「学び合い」に通じるなと思いました。しかし、実はまだまだ私は「学び合い」をよく理解していなくて、いつも片桐さんにうだうだ言っていたのですが、今日西川先生のお話を伺いながら、ちょっとこれは本気でやってみようかなという気持ちになりました。新興宗教なるほどね。
本当にみなさんありがとうございました。

あべたかあべたか2007/08/11 21:17いろいろとお世話になりました。
いろいろと考えました。西川先生のおっしゃること、納得することばかりです。
まずは、このフォーラムに参加されている方々が、西川先生のことが大好きであるということがわかりました(わたしも)。
そして、とてもフランクな会であることも実感しました。
様々な席上で、調子に乗って、失言、暴言、そして、失礼な質問を繰り返して、回りから失笑を買いました。が、それでも許してもらえる雰囲気。とても素敵です。
ありがとうございました。
実践を重ねてみます。
そして、また、積極的に参加させてもらいます。
ありがとうございました。

マックマンマックマン2007/08/12 05:02『学び合い』フォーラムに2日間参加させていただきありがとうございました。
私も、すっかり洗脳されてしまいました。
 これから子どもを信じて、
『学び合い』の実践を積み重ねていきたいなと思っています。
ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2007/08/12 17:40みなさん、ありがとう、ありがとう!
みなさんの一言一言で勇気がわきます!

07/08/10(金)

[]講演 16:10 講演 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 講演 - 西川純のメモ 講演 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 フォーラムのオープニングは中村文昭さんの講演会。良かった~。生で聞いて、Kさんが中村さんの講演にこだわった理由がよくわかった。初日の公開ゼミは各分科会であつく開催中である。受付の学生さんに「私が受付するから、勉強してきな」と言って、今は私が一人で受付しています。今日は、もう誰も来ないかな~と思ったら、Atさんがいらっしゃった。ちょっと前までは「可愛い女の子が受付だったんですよ」と言って笑いをとった。にこにこ

[]再会 08:38 再会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 再会 - 西川純のメモ 再会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は宮城県栗原市で講演してきました。あまりご縁のない地のようですが、知人がいっぱいいました。講演の主催者である学校の教頭先生は、「何故理科が難しいと言われるか?」時代の読者の方で、それが機会にメールやりとりをして、5年前に講演に呼んでいただいた方です。また、会場には以前にメールやりとりをしたかたとお会いしてビックリ。また、ゼミ卒業生のHとも合いました、久しぶりに馬鹿話をいっぱいしまして、なでなでして分かれました。栗原市の近くの登米市には私が二十年前に上越教育大学に移動した直後のときに、大学院生だった方が校長先生でおられます。その方と二時間も話しました。帰りは2シーターの超高級外車仙台まで送っていただきました。

 講演も楽しく語れ、いろいろな方と再会できて、とっても楽しかった。今から、新潟市フォーラムに出発です。

さとう@山形さとう@山形2007/08/10 17:38中村さんの講演、まさに「予想以上」でした。
「ご質問がある方」と言われたら、まっさきに手を挙げようと思って準備していました。まもなくシンポジウム。先生や皆さんとお話するのが楽しみです。

jun24kawajun24kawa2007/08/11 06:36中村さんも予想以上でしたが、さとうさんも予想以上でした。
感謝!

07/08/08(水)

[]不満 08:16 不満 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不満 - 西川純のメモ 不満 - 西川純のメモ のブックマークコメント

何度もメモで紹介しているポズナーの概念転換モデルによれば、我々は概念転換するためには以下の4つの条件が必要です。

1)先行概念への不満が生じなければならない。

2)理解可能な新しい考えが、利用可能なものでなければならない。

3)新しい考え方は、もっともらしくなければならない。

4) 新しい考え方は、先行概念より生産的でなくてはならない。

 眺めてみると、1以外は、行動してから本当にわかるものです。

 私は長年、携帯電話を使いませんでした。私の周りの人の殆どすべての人が使っているのにも関わらず使いませんでした。使ってみれば、これほど便利なものはありません。長年、意固地になって使わなかったのが、馬鹿みたいです。これは、ブログにせよ、電子メールにせよ、同じです。今では上記三つは、私の3種の神器になっています。

 なぜ、それをなかなか使わなかったかと言えば、とりあえず携帯電話が無くても、生活できるから不満があまりなかったからです。携帯電話が「もっともらしい」ことも、「生産的」であることも知っていました。しかし、私にとって携帯電話をピコピコ指で押している学生さんの姿は魔法使いのように思えました。そして、私がそれを使えるようになるには、そうとう大変だと思っていました。簡単に言えば、面倒だったんです。だから、いろいろな屁理屈・小理屈で先延ばしにしていました。つまり、私にとってのネックは1)と2)だったんです。

 2)に関しては、コテコテのマニュアル本で対応できるかもしれません。考え方を伝えるのは出来ませんが、とりあえずは『学び合い』もどきは出来ますし、それでもかなりの効果を実感できます。その実感を得た後に、不満を持ち、その段階で「考え方」の重要性を理解し、受け入れられるのだと思います。

 問題は1)です。残念ながら、現状に不満を持ってない人が多い。例えば、数年に一人ぐらい、クラス不登校が生じたとしても、「避けられない災難」ぐらいに感じて、決して自分自身の人災とはとらえていないのではないでしょうか?人災だとしても、それは前の担任、前の学年、親等の人災であり、それを継続させているのは自分の人災だとは考えていないのではないでしょうか?

 業者テスト平均値が、業者の期待得点をわずかでも上回れば上出来と感じるのではないでしょうか?平均値は、期待得点より数十点低い子がいても、満点の子がそれに対応する人数がいればなりたちます。そして、期待得点より数十点低い子がいても、「そりゃ、しょうがない」と思うのではないでしょうか?

 特別支援を必要とする子どもがいて、その子が問題を起こし続けた場合、適切な学校に入学させない親が悪い、介助員を配置できない学校が悪いと思っているのではないでしょうか?

 そして、結局、「しょうがない」と思っているのではないでしょうか?白状しますが、偉そうに書いている、私もそうでしたし、そうです。研究室の中で達成度が著しく低いゼミ生がいると、「あいつはしょうがない」と思います。心の中で「みんな」、「みんな」と呪文を唱えますが、「しょうがない」という気持ちはむくむくと起こります。しかし、そう考えている限り進歩はない。こりゃ大きな壁だ・・・

inoueinoue2007/08/08 09:54私が「しょうがないよなあー」と思っていたとき、ダメ出しをしてくれた西川先生の一言で目が覚めましたよ。

さとう@山形さとう@山形2007/08/08 11:31「グループ学習の手引き」に不満を持っていました。
あれこれ細かく指示をした「手引き」は、子どもをとまどわせるばかりで学習の深まりにつながりませんでしたから。

ftogpxtakaftogpxtaka2007/08/08 22:15残念ながら、「しょうがない」と思う方は非常に多いように思います。学年(クラス)がうまくいかないとき、「あの集団は誰がもってもうまくいかない」というような言葉をよく耳にします。”うまくいっているのは自分のおかげ、うまくいかないのは生徒のせい”という考え方だけはしたくないです・・・。

jun24kawajun24kawa2007/08/10 06:34inoueさんへ
だめ出しを求めていたinoueさんがいたからです。原因は私ではなく、ご自身ですよね。
さとうさんへ
何故、多くの教師がマニュアル本の手引き通りにやったときの子どもの死んだ目に気づかないのか不思議です。何故だろう・・
ftogpxtakaさんへ
~のせい、と思った瞬間に進歩が止まりますよね。

07/08/07(火)

[]今日 21:09 今日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日 - 西川純のメモ 今日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 兵庫教育大学の集中講義を終えました。最後に「『学び合い』を信じられない点はどこか?」という課題レポートを与えました。様々なご意見をいただけると思い、楽しみにしています。

このテーマは、実は上越教育大学試験でも課したものです。様々なご指摘をいただきます。確かに説明不足だったな~っと反省することは多いです。しかし、「○○出来るのだろうか?」という質問に対して、いつも思うのですが、「じゃあ、今、それ出来ているの?」と思います。我々には『学び合い』に関する膨大なデータがあります。しかし、同時に、一般の授業のデータもあります。それを分析すれば、一般の授業中の子どもはどのように行動しているかが現れています。そして、それは悲惨の一言です。それに満足しているのは、授業者ぐらいでしょう。が、教師の仁義で、それは出せません。それにしても、多くの教師は、何故、自分のクラス子どもたちの死んだ目に気づかないのだろうか・・・と思います。

現在長野県塩尻におります。明日長野県総合教育センターで講演します。

OB1989OB19892007/08/07 22:26明日はどうぞよろしくお願いします。期待しております。

F-KatagiriF-Katagiri2007/08/08 03:43そうそう、そうですよね。先日、同志たちと「大学受験対策と『学び合い』」について議論を交わしました。「大学受験対策授業をすると、一斉授業にならざるを得ない。」「受験生は知識を与えられるのを待っている。」なんて言ったから、「どうせ一斉授業で与える知識はそれほど定着しないんだし、その知識は紙に書けるものだから、プリントで全部配っちゃって、その知識をみんなでどう活用するかの授業にしたら?」と反論しました。
パネルディスカッションで、高校教師Mさんが、そこら辺を切り込んでくると思います。Mさんが「夏休み明けからそうしよう。」と思わせる切り返しをお願いします。

jun24kawajun24kawa2007/08/08 07:20OBさんへ
はい、しっかり語ってきます。
Kさんへ
理解と納得との違いを改めで感じました。

07/08/06(月)

[]楽しかった 22:36 楽しかった - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽しかった - 西川純のメモ 楽しかった - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日兵庫教育大学で集中講義を勤めました。少なくとも、私は楽しく語れました。でも、さすがに朝から夕方まで語り続けると、へたります。年です。

 夜は兵庫鳥取から参集いただいた偽学生さんと飲み会をしました。楽しかった。メールブログでしかお会いしたことのない方と、出会えて嬉しい。『学び合い』の同志は、初めて合っても旧知の仲のように感じるのは不思議であり、当然です。

 でも、わざわざ数日の時間と、多額のお金をかけて来てくれるような方は、私と繋がった方です。今回の偽学生企画で一番大事なのは、その方々と私とのネットワークではありません。その方々のネットワークの形成です。これってクラスネットワークと同じです

 異質なメンバーネットワークは多くのものをもたらします。今回の出会いは、面白い化学反応を起こしそうです。わくわく!

chunsuzumechunsuzume2007/08/10 06:38兵庫教育大学での集中講義に偽学生として出席させていただきました。生の西川先生の語りは、やはりイイ!すばらしい話術に感激しばながら、学び合いの肝の部分を聞かせていただくことができました。また、同じく偽学生として集まった方々とは、初対面なのに旧知の友のように接していただき、とても充実した時間を過ごさせていただきました。今後、新たなネットワークが始まるのかと思うとワクワクします。みなさん、どうもありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2007/08/10 06:59早速ありがとうございます。
これをきっかけに何かが起こりそう。
いや起こさねば!

07/08/05(日)

[]鬼の霍乱 21:46 鬼の霍乱 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 鬼の霍乱 - 西川純のメモ 鬼の霍乱 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は教材・指導法は馬鹿馬鹿しいと主張しています。そして、「教えるな」と主張します。が、私の授業はコテコテの教材・指導法のオンパレードです。小技・大技を繰り出します。オール1の高校生暴走族高校生物理学を教えた私です。学校制度にフィットした大学生や教師の八割強に、指導要領の縛りのない内容に関して、面白くて、ためになる話をするのは「ちょろいちょろい」と不遜に思っています。

 が、一度、西川研究室に入れば、全然違います。最初の半年は徹底的に議論しますが、それ以降はごちゃごちゃ言いません。最初の半年ですら、『学び合い』を基本としています。西川ゼミでの私と授業での私は全く、全く違います。でも、理由があります。

 『学び合い』は管理者としての立場のある人が出来るものです。小学校の担任、中学校高校の教科担任が出来ることです。私は3時間あれば『学び合い』は出来ると豪語します。でも、それは、その3時間の後に1年間、毎週数時間の授業を担当できることが前提です。大学の授業のように、半年間に最大15回しか授業を出来ないとはレベルが違います。それ故、講演会と同じに、教材・指導法、そして話術で押し倒すように語ります。

 私には博士課程に3人の学生さんがいます。三人とも修士課程で2年間教えた現職院生さんです。当然、『学び合い』で指導しています。最近、3人の学生さんの指導会がありました。前日からKanさん、Mさんが来ました。鬼の霍乱です。発表方法(プレゼン)に細かい指導をしました。一方、前日から来れなかったKrさんは無しです。それから1週間ぐらいたって、Kanさんからメールをいただきました。

 『先日は研究指導ありがとうございました。プレゼン指導を受けているときに「わー、俺、教えてもらってる・・・。」と思って、感動してました。その後、Mさんと「教えてもらっちゃったよねえ。」と感動シェアしてました。翌日、MさんがKrさんにその話をしたところ「そんなことあるはずがない。」と相手にしてもらえなかったそうです。』

 40代のおっさんたちを、心の底から可愛い思います。この業界で二十年以上修羅場を生き抜き、人に誇れる成果を上げていたのですから、伝えるべきものは山ほどあります。その殆どは「実証的教育研究の技法」という本に書きました。しかし、本に書けない部分もあり、これも小山ほどにはあります。伝えようとも思いますが、私が伝えようと思ったことの殆どは、修羅場の中で自らが気づいたことです。私が教えなくても気づくはずです。

我々の『学び合い』で教師が求めることは、教師が知っていることを感激して学習者が受け入れることではありません。教師の予想を超えることを、かるがると学習者が乗り越えることです。それによって教師は成長できます。もっと凄いドリームメーカーに。もし、愚かな教師がゴチャゴチャしゃべり始めたならば、やんわりとたしなめてください。そして、ゴチャゴチャしゃべろうとした自分の愚かさを大笑いさせてください。

 期待しています。

[]兵庫 18:41 兵庫 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 兵庫 - 西川純のメモ 兵庫 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日までは鹿児島にいました。鹿児島の品のいい大人の飲み屋で飲みました。が、その料金は学生さんが行くところとしても、かなり安い金額です。ビックリしました。いや~、鹿児島って良いところだ!

 7時間かけて兵庫教育大学に到着です。早速、コテコテのノウハウ本の原稿を書いているのですが、いつの間にか長くなってしまう。昨日書いた「志」に関連する部分をどう書くか悩みます。あまり書きすぎるとノウハウ本でなくなるし、それが無いと誤解してしまう・・。

さてさて、明日兵庫教育大学学生さんと、西日本の偽学生さんに授業が出来る。楽しみです!

[]アニメ 18:41 アニメ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アニメ - 西川純のメモ アニメ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「時をかける少女」と「パプリカ」を見ました。両方とも良かった!大藪監督の「時をかける少女」も見ましたが、一つを選択するとしたら今回見た方です。「パプリカ」はストーリーを追うのに苦労するところがありますが、なぜかハッピーになれます。「千年女優」を見終わったときの感じです。「スキャナーダークリー」も見ましたが、実験的な映画です。が、コメントする気になれません。

F-KatagiriF-Katagiri2007/08/05 21:48「パプリカ」はアニメ化されていたんですね!知らなかった。「時をかける少女」は最近のリメイク(?)版ですか?漫画版なら読みました。

jun24kawajun24kawa2007/08/05 22:03パプリカは映画で初めて出会いました。
時をかける少女は別物と考えた方が良いと思います。
どちらもおすすめです。

MizuochiMizuochi2007/08/05 23:04先日はありがとうございました。
Kanさん同様、私も少なからず感激(?)しました。
・・・というのは、指導の内容はもちろんのことですが
それ以上にあのような光景があった、ということです。
同時に、あのような場面が先生と出会ってから7年間
なかった、ということです。
その理由の中のいくつかをいつか担いたいと願います。

jun24kawajun24kawa2007/08/06 05:41とりあえずは、2種類の物、待っています。

07/08/04(土)

[]志 17:58 志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 志 - 西川純のメモ 志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、ある先生からメールをいただきました。そのメールによると、今までの教師としての自分に自負と誇りと感じつつも、何か満たされなかったようです。それが何なのか、悩んでいたそうです。そこで、『「忙しい!」を誰も言わない学校』に出会い、その中で紹介した水落さんの言葉である「忙しさに押しつぶされて自分で自分にスポットライトを当てたくなることのないように過ごしていきたいものだと思いました。本当のプライドを手にするために。」という言葉に出会ったそうです。

 その方は、『ちょっと警戒したくなるほどに美しい言葉ですが、いい言葉だなあ、と思わずぐっときました。目指すはこれだと。私はまだ水落さんのように思えるほどではありませんが、自分の中で何が問題なのかが分かったので、気分はだいぶ楽になりました。問題がわかれば、たぶん半分は解決したようなものです。』とありました。

 その方へ以下のように返信しました。

 『『学び合い』には教材の力も、話術も、指導法も全くいりません。まあ、あったら便利なこともたまにありますが、本当にいりません。そして、たいていの先生が悩んでいるレベルのこと、それは「クラスの平均点を10点ぐらい上げる」、「気になる子を少なくする」レベルのことは、本当に簡単に解決できます。

 でも、それは『学び合い』の入門レベルでしかありません。そっから先に進むには、その人の「志」が一番大事なんです。多くの教師にとっては、大学の教職科目で学んだ教育観・授業観・学習者観はお題目で役に立たないものと思っています。たしかに、そうです。しかし、『学び合い』はテクニックではなく、教育観・授業観・学習者観が大事なんです。それがわかるためには、「志」なんです。』

 私が理学部に入学したとき、科学者を目指しました。そして、理科の教師は、科学者より一段も、二段も低い職業に感じていました。まあ、科学者になれない人がなる職業だと思っていました。なぜなら、科学者には知の創造があります。しかし、教師は科学者の創造した知の中で、程度の低い知識を子どもに伝達するだけのことだと思っていました。遺伝はDNAに二重らせん構造によって伝わっていると「発見する」ことと、遺伝はDNAに二重らせん構造によって伝わっていると「伝達する」ことのどちらが普遍的な価値を持つかは一目瞭然です。しかし、今はそうは思いません。教師は「遺伝はDNAに二重らせん構造によって伝わっていると「発見する」科学者を生み出す職業だと思います。さらに、そのような発見を出来る社会を形成する大人を生み出せる職業です。いかなる発見も人がなすものです。その人を、社会を生み出せる職業だとしたら、最高、究極の職業です。

 しかし、多くの教師が日々の実践で悩んでいること、それは「二桁の足し算の繰り上がりのわからない子がいる、どうしよう」とか、「武家社会の基礎はご恩と奉公が基礎になっている」とか、「ごん狐の兵十の気持ちが端的に表れる表現はどこだかわからない子どもがいる」とかです。どう考えても、数学者歴史学者、国文学者の研究者テーマに比べれば一段も二段も低いテーマです。なぜなら、いずれも数学者歴史学者、国文学者の研究者テーマと同じ土俵にたっている教材のレベルで悩んでいる。教師独自の専門性を高めようとする人は、指導法、話術を高めようとします。しかし、結局は心理学者落語家と同じテーマであり、そして、心理学者落語家より一段も二段も低いテーマです。

 教師の、教師だからこそのテーマとは、「大人を育てる」ということです。そこにこそ、たった一度の人生の中で選択した教師という職を、最高の選択だと確信し得る道だと思います。多くの教師が「大人を育てる」という志を持ち、教師の職業を選択したはずです。「二桁の足し算の繰り上がりのわからない子がいる、どうしよう」とか、「武家社会の基礎はご恩と奉公が基礎になっている」とか、「ごん狐の兵十の気持ちが端的に表れる表現はどこだかわからない子どもがいる」とかに問題意識を持ち、教師を選択した人は殆どいないでしょう。しかし、日常の「二桁の足し算の繰り上がりのわからない子がいる、どうしよう」とか、「武家社会の基礎はご恩と奉公が基礎になっている」とか、「ごん狐の兵十の気持ちが端的に表れる表現はどこだかわからない子どもがいる」という問題の中に埋没し、教材や指導法や話術に誇りを見いだそうとしています。または、授業外のクラブ指導、また、授業外の生徒指導の中で誇りを見いだそうとします。何故なら、日常の授業と「大人を育てる」こととをつなぐ道を見いだせなかったからです。しかし、『学び合い』は日常の授業の中で「大人を育てる」ことが出来ます。そして、本当のプライドを得ることが出来ます。

 だから、「そう出来る、そうしたい」という志が大事なんです。

[]鹿児島 07:29 鹿児島 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 鹿児島 - 西川純のメモ 鹿児島 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日から鹿児島に到着。活気のある町だという印象です。院生さんが探してくれた飲み屋も安くておいしかった。ホテル風呂は、肩までつかれる風呂だった。よかった、よかった。

[]気づかない 07:29 気づかない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 気づかない - 西川純のメモ 気づかない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 30人の子どもがいたら、30種類のわかり方があります。一人一人が個性的な疑問を持ちます。教師が一人一人の疑問に答えようとするなら、一人あたり1分少々(1校時÷30人)です。さらに、一人一人が複数の疑問を持つことを考慮するならば、数十秒ぐらいになります。仮に同じような疑問を持っても、それを疑問と感じる「時」は多種多様です。そして、それを疑問と感じる「時」にならない限り、それをいくら説明しても耳に入りません。例えば、実験の最初に実験の手順をすべて説明しようとすると、たいていの子は途中から耳が日曜日になります。だって、その手順を理解するには、実験の最初から最後までイメージする必要がありますが、それが出来るのは教師と成績のよい子ぐらいですから。という小学生でもわかる理屈から、一斉学習馬鹿馬鹿しいと我々は考えています。

 しかし、何故、多くの教師はそれに気づかないのか不思議に思っていました。が、ふとわかりました。理由としては・・・

 第一に、教師という特定の少数集団が「いい・悪い」を判断しています。例えば、古伊万里の皿の価値を決めているのは世界で何人ぐらいの人なのでしょうか?一般ユーザーがその判断に従っているならば、価値を決める人が何とでも出来ます。教師は日本全国に数百万人おり、もっとも就業人数の多い職業です。しかし、それでも日本人口のコンマ数パーセントに過ぎません。そして、それらの人は、現在学校教育システムフィットした人です。それ故に大学まで進学し、教職免許状をとり、教員採用試験合格しました。その人たちが集まって、教材や指導法を評価しているのですから、善し悪しがわかるわけありません。私はかなり前から、高校物理の指導要領の作成に、物理で苦しめられた人を委員として半数は含めるべきだと思っています。そうじゃないと、物理教育問題点がわかるわけ無いから。しかし、物理の指導要領も、そして、その他の指導要領も、それが大好きで、それがメチャメチャよくわかる人が集まって決めています。

 第二に、第一が成り立っているのは、市場原理がなりたっていないからです。映画評論家がどう書こうが、見れば、良いか悪いかが判断できます。ラーメン雑誌にどう書かれていても、嫌いな人は嫌いです。そして、それらが市場に残るか否かは、専門家から見れば愚かに思える、ユーザーの判断の集積です。だって、そのユーザーのための商品なんですから。そして、それが成り立っているのは、教師も子どもも親も、現状で満足しているからです。

 イギリスは食事がまずいことで有名です。留学した人にそれが本当かを聞きましたが、本当だそうです。彼によれば、イギリス人は決して味音痴ではなく、おいしいものを食べれば、おいしいとわかるそうです。じゃあ、おいしい食事をつくればいいと思うのですが、イギリス人は「今のままでもいい」と思っているそうです。おそらく、右を向いても左を向いてもまずい食事ばかりだからでしょうね。振り返って日本教育もそんな感じのように思えます。例えば、小学校の業者テストクラス平均値が、期待得点の八十点ぐらいをクリアーすれば、まあ、よしと思います。その中に、30点の子どもがいても、「そんな子どももいるよな~」と気にしません。数年に一人ぐらい、クラス不登校の子がいたとしても「そんな子もいるよな~」と気にしません。クラスに2、3人の要特別支援の子がいたとしても、「そんな子もいるよな~」と気にしません。

 「不登校を絶無に出来る」、「業者テストにおいて、クラスのほぼ全員が期待得点を上回り、7、8割は期待得点に10点加算した点数をとれる」、「要特別支援の子が気にならなくなる。さらに言えば、実は障害がない子だったことがわかる」が出来るということを伝えねば。

07/08/03(金)

[]コテコテのノウハウ06:08 コテコテのノウハウ本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コテコテのノウハウ本 - 西川純のメモ コテコテのノウハウ本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は小牧で講演しました。その前後に、今回の講演をお世話していただいた先生といっぱい話すことができました。さらに、懐が深い管理職の方と話すことができました。その後、直ちに大阪に移動して、Hさんに会いました。夢多く、かつ、実行力のある方です。これまた、楽しい時を感じました。Hさんからは、『学び合い』の奥義書(HPに掲載しています)の30分で読み切れるバージョンが必要だといわれました。小牧での話題も関連していろいろと考えました。

 『学び合い』はテクニックではなく、考え方です。が、それが難しい。

 私は講演では過激に語ります。最近のYzさんのコメントではないですが、旧来の学び合いと誤解されることを避けるために必要なことだと思います。だって、「子どもを信じる」、「学習者相互の学び合い重要だ」、「子どもの活動時間を確保しよう」という我々の主張は、多くの先生方には受け入れやすいものです。が、その反応は「あ~、今のままでいいんだ」、「ちょこっと方法を取り入れるか・・」程度になることは目に見えています。Hさんからは『学び合い』の奥義書の記載は丁寧すぎるとの指摘を受けました。でも、それは上記のようにテクニックとしてとらえられたり、表層で理解されることをおそれるからです。でも、どんなに丁寧に説明しても、考え方を伝えるのは困難です。結局、テクニックでやったときの限界を実際に経験しないと、自分がテクニックレベルで理解しているということを理解できない。そこで考えてみました・・・

 多くの教師が悩んでいることの大部分は、テクニックレベルの『学び合い』で解決できます。「業者テストクラス平均を1割程度上げる」、「気になる子どもの人数が減る」、「おいたてらえるような忙しさが軽減される」等はテクニックレベルの『学び合い』で解決できます。そして、テクニックレベルの『学び合い』だったら、思いっきりノウハウ的に記載できる。それも短くです。例えば、「最初に自信を持って、○○・・・・・と語ってください。授業中は、○○をしないように注意しながら、○○と声をかけてください。その際は、大げさに声を上げ、表情は満面の笑みをたたえてください。その際、子どもは○○という反応をするでしょう。その場合は、○○と・・・」のようにです。想像するだけでも『学び合い』を冒涜し、汚しているような気になりますが、しょうがありません。たしかに、それのレベルでも救われる子どもや教師はいます。このように書けば、3時間程度で『学び合い』もどきは実現できますし、一定の効果を上げることができます。

 が、すぐに限界が見えるでしょう。例えば、気になる子の人数は減少するが皆無にはならない。それ故、その子が気になってしょうがなくなります。成績のよい子が真剣にやったり、遊んだりします。それが影響してクラス全体の達成度が乱高下します。その段階になったとき、「考え方」ということの意味がわかるのだと思います。例えば、我々は「何故学校で学ぶのか」というお説教を大事にします。そして、「全員もれなく」ということを大事にします。それが単なるお題目精神論ではなく、もっとも根幹であることを理解しないと前に進めないことを説明できるのは、この段階です。それ以前に、いくら説明しても、お題目精神論だと理解してしまいます。

でも、そう割り切ってしまえば、それはそれなりに書けます。今度はコテコテのノウハウバージョンの『学び合い』の奥義書を書いてみようと思います。それを書けるまとまった時間はいつとれるか・・・。

 でも、テクニックの『学び合い』で失敗して、それを『学び合い』の失敗だと誤解されるのは、どうしても嫌だな~。でも、でも、テクニックの段階で止まる人もいれば、それを乗り越えられる人もいます。そして、私だってニックニックの『学び合い』の段階だったことがあります。それを乗り越えられるのには、多くの研究の蓄積があったからです。おそらく、テクニックの段階というのは避けられない、一つの段階なのだと思い始めました。ならば、割り切ってしまおうと思い始めました。

井上井上2007/08/03 13:16私が今、テクニックの「学び合い」です。それを乗り越えたいです。それには「失敗だと誤解しない」で、あきらめずに「学び合い」に取り組みます!!

jun24kawajun24kawa2007/08/03 17:35井上さんへ
どうぞ、メールしてください。
ちゃんとサポートします。
だいたいメールの5往復ぐらいで、テクニックの段階を脱することができますよ。お待ちしております。

07/08/02(木)

[]フォーラム 05:17 フォーラム - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - フォーラム - 西川純のメモ フォーラム - 西川純のメモ のブックマークコメント

 選挙最終日の候補者じゃないですが、「お願いします」を連呼します。この会のいいところは、日本各地の同志が集まってくれることです。私が書いていることを、いや、それ以上のことを、日々の実践の中でふつうにやっている人たちが集まります。「本当なの?」や「○○をできるか不安なんです・・」をその人たちにぶつければいいですよ。私の数百倍、納得できる説明と勇気を与えてくれます。

第3回教室『学び合いフォーラム2007

 2007年8月10日~11日(金・土)

  10日講演会,公開ゼミシンポジウム

  11日パネルディスカッション&公開ゼミ

   (於:クロスパルにいがた)

 http://www.rinkyokyo.com/manabiai/



[]弱気 05:09 弱気 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 弱気 - 西川純のメモ 弱気 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日より名古屋にいます。

 同志が苦労している姿を知ると弱気になってしまう。でも、その同志が正当な評価をしてもらうためにも結果を出さねば。今日犬山市の隣の小牧市で講演します。心に響け!と語ります。

07/08/01(水)

[]最近見た映画 05:06 最近見た映画 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最近見た映画 - 西川純のメモ 最近見た映画 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「王の男」は期待していなかったが面白かった。が、「戦場のメリークリスマス」と同様に、プラトニック同性愛的記載は不要だと思った。単なるオディプスコンプレックスや友情として描けばすっきりしていた。それを割り引いても、最下層の庶民が、権力の中に取り込まれ、翻弄される姿はよかった。

 「007 カジノロワイアル」はよかった。若い人は知らないと思いますが、「007 カジノロワイアル」という映画は私の子どもの時にもありました。制作者の全く違う、超豪華などたばた喜劇です。そのイメージを引きづりながら見ていましたら、全然違う。今まで見た007シーズ(ショーン・コネリー時代から)の中で、一番いい。荒唐無稽のテクニックは無い。荒唐無稽に強い訳ではない。スーパーマンではなく等身大人間(そりゃ、すごい人ですが)として描いています。その中で、世界各国を速いテンポで展開するのは007シリーズです。

[]伝え方 05:51 伝え方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝え方 - 西川純のメモ 伝え方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 親がにてほしくないものが、何故か子に伝わります。でも、それ「も」かわいいものです。我が教え子に、私がなおしたいと思っているところが、にているな~と思っている方がいます。その部分は、「おしえたがり」で「けんかっ早い」ところです。その同志が、自分のクラス保護者から、「先生は、そんなにとがっていて敵ばかり作るんですか?考えはいいのにもったいないです。子どもにも周りの先生にもわかりやすい言葉で伝えればいいのに難しくしすぎです」という核心をついた意見をいただいたそうです。私自身「も」どきりとしました。それに対して、その同志は以下のように書いています。

 『我らの『学びあい』を簡単に説明できると思います。でも、わかりやすく説明すると、聞いている人たちは、これまでの考え方を利用して理解しようとします。これが非常に厄介な問題です。

 例えば、子ども同士が話し合いをして問題を解決することは、誰でもその場面を想像できます。でも、その話し合いが、単に知識を持っている子から持っていない子への伝達する行為でないと理解するのは難しいと思います。さらに知識を持っている子がもっていない子に教わっていると理解するのは、これまでの考え方の上には、理解しにくいものです。もっと言えば、そこに教師が教えるとそれを邪魔することになるという考えにいたっては、思いもよらないことです。

 同じ状況を使って説明して、その状況を見ていても『学びあい』の視点で子ども学習を見て理解できるのは、これまでの考え方から離れないと難しいのです。でも私は知っています。「自分を変えることは簡単だが、他人を変えるのは難しい」ならば、あえて、これまでの考え方から離れ、違う視点で見ていることをアピールすべく、難しいスタンスを崩さないと思っています。でも、行った実践については、その経過をわかりやすく説明します。(今回の面接でもしました。)その内容について理解してもらいながら、さりげなく子どもの有能さをアピールしました。

 もっと簡単に説明できるはずだと思っています。もっと周りの先生ともうまくできるように振舞えると思います。協力して活動もできるかもしれません。でも、やっぱり、今はその流れではない。と感じます。相手に迎合もしたくない。本当に表面の状況だけ会うような実践をする人でなく、考えの根っこを理解できる「同志」と組まないと『学びあい』は根付かないと思います。それまではじっと我慢です。もしかしたら教員生活が終わるまでその状況は来ないかもしれません。でも、待ち続けます。動き出せるときまで、ひたすらデータ集めと先を見ていく考えを構築していくことです。つまり、遠くを目指して、日ごろの実践です。』

 まさにその通りです。これほど自分のいいたいことを、すっきりと表現してくれると、ゾクゾクします。

 でも「お互い」に、私のボスのT先生の「徳」を磨きましょね。あはははは。人を見て法を説きましょう。我が同志はそれができるはず。だって、「方法を説く」のではなく「法を説く」のが教師の職能だとわかっている方々ですモン。

 でも、おじさんでも、かわいいな~。