西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/07/23(月)

[]夏休みの予定 22:26 夏休みの予定 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 夏休みの予定 - 西川純のメモ 夏休みの予定 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子が夏休みの予定表を書きました。それを家内から見せてもらいました。以下の通りです。

7~8時 おきる

~9時 あさごはん

~11時 しゅくだい

~12時 ちょっとゲーム

~1時 おひるごはん

~3時 おさんぽ

~4時 クッキング

~5時 おやつ

~6時 テレビ

~7時 とうさんをおむかえ

~8時 よるごはん

~9時 おやすみ

 ということで「とうさんをおむかえ」が堂々の毎日のイベントに挙げられています。ということで、何が何でも7時には家に帰らねば。

[]電子メール 21:48 電子メール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 電子メール - 西川純のメモ 電子メール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は真面目な先生からのメールが大好きです。読んでいるうちに、自分が元気になれる。その人達に『学び合い』を説明する過程で、自分自身の考え方が定まってくる。人に語りかけながら、自分に語りかけています。

 昨日も、本日も新しい方からメールをいただきました。昨日の夜10時に「学びあいについて相談なのですが、夏休みに入りさっそく明日から授業ではなくクラブでまず実行していきたいと思っています。部員は○○名で部員の先輩後輩の仲があまり良くありません。3日には発表する場がありあと二週間で曲を仕上げたいのですが、部員の気持ちがバラバラで、学びあいができるか非常に心配なのですが、具体的にどのように進めていったらよいのでしょうか?」というメールをいただきました。殆どチャット状態でメールやりとりをし、最低限のポイントを書きました。そうしたら、本日、「昨日はメール有り難うございました。昨日はドキドキで眠れませんでした、今日クラブで下手な説明ながら、教えあって今日この時間までに課題をやっていこうと話したら、そのとおりにできていて、驚きました!とても頼もしく感じました!」と返信をいただきました。こんなメールをいただけると、その余韻だけで幸せに安眠できる。

 本日も先ほど、力ある先生からメールをいただきました。クラス全体の話し合いに関する本質的な質問です。その方の場合は、我々の本を読破されている方なので、該当する部分を指摘するだけでOKです。次のメール楽しみです。その方のメールの最後に「結局メールを書くのに3日かかってしまいました。なかなか勇気がでず… やはり小心者です。でも勇気出して送ります。なかなか気楽には書けず(^^)」とあります。その先生のお年は存じ上げませんが、「可愛いな~」と思い、ナデナデしたくなります。尊敬する私のボスのT先生もそうですが、私が好きになる人は、少年少女の部分を残している「大人」です。

 私は真面目な先生からのメールが大好きです。だから、今まで一度たりとも返信しなかったことはありません。それも、誠意を込めて書いています。だって、その方からの次のメール楽しみですから。

 ということで、分からないことがあれば、お気軽にメールしてくださいね。