西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/07/01(日)

[]ゲド戦記 21:32 ゲド戦記 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゲド戦記 - 西川純のメモ ゲド戦記 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 買い物で電気店に行ったら、スタジオジブリから、「ゲドを読む」という無料の本がもらえるとの張り紙があった。早速もらって読んだ。無料とは思えない質の高さだった。が、しょせん無料である。当然、「ゲド戦記」のDVD販売を盛り上げようとする広告である。そして、提灯記事がある。その中で、ゲド戦記宮崎吾朗監督日本的な解釈によるものであるので、原作になじんだ人からの反発はしょうがない、というような内容の記事があった。残念ながら、この方はアニメファンではないのであろう。この作品が駄作なのは、解釈とか思想レベルの問題ではない、画像が平板で面白くないのである。ただし、画像が平板で面白くないというのは、決して1分あたりの原画の枚数で計れるものではない。

 例えば、「紅の豚」の一場面では、銃口のレンズに逆に写る少女の絵がある。銃口は殆ど気づかれないほど小さい。そんなところに凝っても、物語には影響はない。また、「うる星やつら」の「ビューティフルドリーマー」の一場面では、みんなビックリしてぶっ飛ぶ場面がある。それを遅送りにすると、何か気になるものが画面を横切る。しかし、その段階ではなんだか分かりづらい。苦労して、その場面をストップで捉えると、それはストーリーと無関係鉄人二十八号であることに気づく。こんな所に凝っても、アニメオタクしか気づかない。じゃあ、何故、そんなところに凝るのか?

 映画監督は実に多忙である。どう考えても、「ここで鉄人二十八号を飛ばせろ」とは指示しないだろう。もしかしたら銃口に写る少女絵コンテで指示があったかもしれない。しかし、そのディテールの指示はなかったと思う。では、だれが、そんなことに書き込みをしたか?それはスタッフの誰かである。そして、何故そんなことをしたか?そりゃ、その作品は自分の作品だと思い、その中に自分の足跡を残したいと思ったからだろう。法隆寺屋根裏には、名もない職人の署名が書かれていたと聞いた。それと同じである。ゲド戦記が駄作だと、「私」が思うのは、そのような厚みを感じないからである。

 『「座りなさい!」を言わない授業』に紹介した桐生さんの研究に、二種類の班の発表を紹介している。そこに示されているように、自分の作品と思わないと、人はその発表に興味関心を示さなくなる。おそらくゲド戦記スタッフにとって、ゲド戦記宮崎吾朗監督一人の作品と捉えられていたのではないか?そう想像しても無理はない。全く違った畑の人が監督に抜擢され、その人が宮崎駿監督子どもであれば、「親の七光り」と興ざめすることは想像に難くない。

 ゲド戦記ジブリ作品の中で突出した駄作である。しかし、その責任宮崎吾朗監督にあるというより、彼を抜擢したジブリ幹部に第一の責任がある。宮崎駿監督は、最初は反対したと聞いている。しかし、最後はそれを飲んだ。アニメ作品が集団作品であることを熟知しており、そして、宮崎吾朗氏の監督就任を拒否できた数少ない人である宮崎駿監督に第二の責任がある。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060807

[]の~んびり 16:35 の~んびり - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - の~んびり - 西川純のメモ の~んびり - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平成16年8月4日の朝から、ず~っと頭を使い続けていた仕事が、6月27日に一段落しました。実に3年間をかけた仕事です。後は「お上」のご判断を仰ぐだけのことです。さらに、6月3日~7月25日の間は、遠方への出張もありません。それ故、今週末は本当にのんびり出来ます。

 が、頭の中は既に次の戦いのための戦闘モードに入っています。

MizuochiMizuochi2007/07/01 22:24最近、何度も1982年に高畑勲監督(オープロダクション)が作った「セロ弾きのゴ-シュ」を観ました。ゲドよりも新しく感じました。子供たちも生まれる前の作品と知って驚いていました。ご家族で「の~んびり」のときにお勧めです。

jun24kawajun24kawa2007/07/01 22:30多謝!
映画は知っている人の口コミが一番信頼できる。