西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/27(水)

[]混乱を楽しめる 22:42 混乱を楽しめる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 混乱を楽しめる - 西川純のメモ 混乱を楽しめる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 西川ゼミの人に語ることです。

 研究を計画し、実施するとき、思った通りの結果が出る場合と、出ない場合があります。当然、後者の場合、ゼミ生は混乱し不安になります。実は、指導教員の私もそうです。が、私はその不安を「見切る」ことが出来ます。何故なら、我々がやっていることは、大筋においては絶対正しいことをしています。だから、凄い結果が出るはずです。もし、そのように見えないとしたら、我々がその凄さを見いだせない、旧来のくびきに縛られているためです。

 例えば、『学び合い』が成立しているのに、そのクラスの担任は学び合わそうと思っていないと答えたとき、我々は混乱しました。しかし、『学び合い』は教師が仕組むものではなく、教師が邪魔しなければ、子どもが選択するということを分かることが出来ました。

 異学年学習の最初、子ども達は私語だらけの班が生まれました。それも殆どの班がそうです。我々は混乱しました。しかし、詳細に分析したとき、私語には素晴らしい意味があることを発見しました。

 我々の初期に開発した自己モニターという方法が、見事に失敗する結果を得て、我々は混乱しました。しかし、子細に分析したとき、方法が重要ではなく、その方法を使う教師の考え方の方が重要であることを発見しました。

 以上の発見は、現在の『学び合い』の基礎をなす発見です。そして、上記以外にも多くのの混乱がありました。その混乱の末に得たものによって、現在の『学び合い』があります。

 思った通りの結果が出るときは、それは現在の理解の地平を広げることが出来ます。しかし、思った通りの結果が出ないとき、それは現在の理解とは違った次元の地平が広がるときです。それ故、今では、私はゼミ生達が得た結果で混乱したとき私はワクワクします。おそらく、そのゼミ生にとっては地獄の時間なのかもしれません。いや絶対にそうです。しかし、私は、その先に素晴らしいものがあることを確信しています。だから、我々の進んでいる道が確かであることを、コマコマした理屈ではなく、大づかみの考え方で説明します。そして、「安心して、前に進もう」と語ります。おそらく、「気楽に何言っているんだ」と思われているのかもしれません。いや、そうでしょう。でも、私が出来るのは、「どうやったらいいか」を語ることではなく、「やるべきだ」ということを語ることです。それが『学び合い』における教師の立ち位置です。

 先ほど、ある同志からメールが来ました。悩んでいる同志へのエールです。

 『子どもたちの混乱を楽しめるようになれば、きっともっともっと楽しくなります。『学び合い』というすごいことが起こっているように思いますが、何でもないごく普通子どもたちの姿です。でも、その姿こそが、本当にすごいことなのだと今は思います。』

 正しい道です。混乱は次の次元へのステップアップの助走です。

 おそらく、気楽なおっさんの戯言かもしれません。しかし、私という、このおっさんは本気でそれを信じています。