西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/18(月)

[]もっと家族のことを話しましょう 11:49 もっと家族のことを話しましょう - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - もっと家族のことを話しましょう - 西川純のメモ もっと家族のことを話しましょう - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はゼミ生達に家族のことをよく話します。そして、飲み会の時も、「息子といっしょに風呂にはいるから」と言って一次会で帰ります。でも、これって小中高の先生にとって、絶対に必要なことだと思います。

 まず、子どもたちに大人の姿を伝えることが出来ます。そして、同時にもう一つの意味があります。それは、「先生は自分の親ではない」ということを自覚させることが出来ます。家庭的に問題がある子どもの場合、教師に親代わりを求める場合があります。そして、教師もそれを自分の仕事の一つだと勘違いしている場合も少なくありません。しかし、教師は親ではありません。どうせ中途半端な親代わりにしかなれません。本気に親代わりになったら、自分自身の家庭を犠牲にします。じゃあどうするの?という声が聞こえそうですが、そりゃ、みんなで支えあえる集団を作ればいい。

 想像してください。A:職員集団からは冷たくされるが、校長だけからは認められる。B:校長とは疎遠だが、暖かい職員集団の中にいる。さて、AとBどちらが良いでしょうか?

 さらに、家庭持ちの教師は、保護者に対して積極的に家庭の話をすべきです。「私も妻であり、夫であり、親である」ことを徹底的に理解してもらわなければなりません。世の中には、教師が土日を潰してクラブ指導をすることを当然だと思っている親がいます。しかし、その親に、自分の子どものことを話すべきだと思います。少なくとも、今よりは分かってくれると思います。

 なお、うちの息子は担任の先生家族の話を楽しみにしています。

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/19 14:56さんせーい!私も生徒によく息子の話をします。それから親になるときの心構え(子どもに教える程度の漢字を覚えろ!など)も話します。

jun24kawajun24kawa2007/06/19 15:18息子には、お前はお兄ちゃんになって、お父さんになるんだ。お父さんになることが一番偉いんだぞ。そして、おじいちゃんになって、ひいおじいちゃんになりなさい、と言っています。あははは

さとう@山形さとう@山形2007/06/19 21:38いろいろなイマジネーションがわいた文章でした。
「みんなで支え合える学級をつくろうよ」と、子供たちに語りかける(アジテーションする?)ことを大事にしよう…とか、保護者の方々に、「自分も親として…」と、笑顔で語りたいとか。
もちろん、すでに、そうしています。
そして、「こんなにわかってもらえるんだ」と実感しています。

jun24kawajun24kawa2007/06/19 22:06有り難う同志!
背負いきれないものを背負うふりをするより、
いっしょに背負ってもらい、
共に前に進む方が良いですよね!