西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/17(日)

[]愚痴の分析 21:51 愚痴の分析 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚痴の分析 - 西川純のメモ 愚痴の分析 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々と文句や愚痴を書きますが、上越教育大学は本当に良い大学です。もし、私の親戚や友人の子どもが教員になりたいと願っていたならば、迷わず本学を勧めます。その理由は、色々あります。しかし、第一に教師が良い!もちろん、どの職場でも当たりはずれがあるのは当然です。しかし、本学ははずれが極めて少ない。本学でも教員評価をしています。それを読む限り「はずれ」とハッキリ分かる教員は1%程度でしょう。私が読み取れない部分を足しても、数%に収まるはずです。それぞれの職場で置き換えてください。二十数人の職場で一人いるかいないかのレベルです。あの悪名高い(???)大学において、その割合を維持しています。凄いでしょ!「俺は教員養成なんて馬鹿馬鹿しい。基礎研究をする!」と宣言する信じられな教員養成系大学教員が少なからずいます。しかし、本学ではそんな教員は皆無です。もちろん、心の中でそのような考えを持っている人はいるかもしれませんが、とても公で発言することは出来ない文化を本学は持っています。従って、本学における授業は教育学、教科教育学はもちろんのこと、教科専門の授業においても「教育」を意識している授業が殆どです。また、個人的に言えば、過去メモに書いたように、信じられないほど上司に恵まれました。その上司との関係は、天国みたいな関係を20年間維持し続けています。

 では、私が文句や愚痴を言い続けるかと言えば・・・・

 第一に、雪です。今の年齢では、何とかやっています。しかし、退職後に何とかやれる自信はありません。雪国で20年間過ごしていますが、冬の出張電車に乗り、トンネルを抜けて太平洋側の太陽を見ると、「これこれ、これでなくっちゃ」と爽快な気持ちになります。それ故、こちらで家を建てるつもりはありません。が、私の退職する19年後には温暖化で状況は変わるかもしれません。冗談ではなく、20年前と今では雪の状況は全然違います。

 第二に、交通の便です。毎年毎年、日本全国に講演で呼ばれます。大抵の場合は、一度、東京に出てから遠方に出ます。更に言えば、上越付近の電車は深夜は通りません。東京から新幹線越後湯沢には夜遅くまで走っています。しかし、越後湯沢から直江津電車は深夜は走りません。それ故、東京から直江津に到着するためには、7時頃に出発しなければなりません。もし、新幹線空港のある年の大学に勤めていれば、出張時間は2、3時間短縮できます。そして、多くの場合は出張期間を1泊減らすことが出来ます。が、あと7年で新幹線が開通します。

 以上のように、地球温暖化新幹線の開通も味方になってくれます。しかし、第三番目が駄目です。

 普通大学教師は、全学(総合大学の場合は学部)の学生に授業をすることが出来ます。しかし、私は平成12年に新コースに異動しました。その結果、所属した旧コースの子ども達に教えることができなくなりました。そして、今回、また新たなコースに異動したら、さらに教えられなくなります。子ども達に教えるということを既得権益と考えている、ごく、一部の教師と、その教師をおもんぱかる誰かさん地球温暖化新幹線に比べて、ちっぽけなこと。でも、それを解決できないかもしれない自分。

 戦うことによって得るものと、失うもののバランスを考えると、馬鹿馬鹿しくなり始めてきました。今の私が望んでいることは、学生に授業をすることなんです。そんなことを出来ないかもしれない状況を馬鹿馬鹿しく感じます。

 こんな事を書くと、直ぐに心配する人がいるので書きます。ケツを巻くることは簡単ですが、それは20年前から同じです。私はねちっこく戦い続けます。

ftogpxtakaftogpxtaka2007/06/18 09:42おはようございます。確かに,学年の教員が,すごく仲良く,しかも楽しそうに子どもたちと接していた年の子らは「将来教師になりたい」という子が多く(中には「楽そうだから」と言う子もいました),バタバタと生徒指導などに追われている学年の子たちは「教師にだけはなりたくない」という子が多かったのをすごく今でも覚えています。生徒は,僕らが思っている以上に教師のことを見てるんだなって感じました。

jun24kawajun24kawa2007/06/18 10:21良い教師の卵は目の前にいるんですね。
暖めましょうね。