西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/17(日)

[]幸せ 21:51 幸せ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せ - 西川純のメモ 幸せ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前のメモhttp://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20030810)に書いたように、就職が出来れば人生の苦しみの半分は解決します。一生の伴侶に巡り会えば、残りの半分、つまり四分の1の苦しみは解決しました。子を授かれば、残りの半分、つまり8分の1の苦しみは解決しました。つまり、私は8分の7の苦しみから解放されています。私がビル・ゲイツの財力を得たとしても、安倍首相の後に首相になったとしても、八分の1の増減にすぎません。

 本日父の日です。一日の間、何度となく、神様仏様ご先祖様に祈りました。「感謝します、感謝します。家族仲良く、健康で」と。

 教師という職業は、伴侶と、子どもと楽しく過ごさねばなりません。だって、子どもにとって、最も身近な他人の大人は教師です。そして、教師は自分の子どもにとって、最も身近な大人です。子ども達が毎日見ている大人が幸せにならなくて、なんで、子どもが大人になりたいと思うでしょうか!!!!!!!!

 子どもに、ビル・ゲイツのような財力を得ることが幸せと語るべきでしょうか?安倍首相のようになるべきと語るべきでしょうか?野口英世のようにお札の図柄になることが素晴らしいというべきでしょうか?否です。神様仏様ご先祖様は、全ての人が幸せになるように世の中を作ってくれています。それは、身近な人と、飢えず、死を恐れず、安心して眠れるということです。

 全ての教師が、勤務時間内に仕事を終え、家に帰って子どもとじゃれ合い、腹一杯食べて、明日を憂うことなくぐっすり眠り、爽やかに起きられるように。そういう教師のクラスにこそ、早く大人になりたいと、そのために目前の課題を乗り越えたいと願う子どもが生まれます。

 教師は、自信を持って、幸せになるべきです。

ftogpxtakaftogpxtaka2007/06/18 09:42おはようございます。確かに,学年の教員が,すごく仲良く,しかも楽しそうに子どもたちと接していた年の子らは「将来教師になりたい」という子が多く(中には「楽そうだから」と言う子もいました),バタバタと生徒指導などに追われている学年の子たちは「教師にだけはなりたくない」という子が多かったのをすごく今でも覚えています。生徒は,僕らが思っている以上に教師のことを見てるんだなって感じました。

jun24kawajun24kawa2007/06/18 10:21良い教師の卵は目の前にいるんですね。
暖めましょうね。