西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/11(月)

[]ねずみ算 18:39 ねずみ算 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ねずみ算 - 西川純のメモ ねずみ算 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 急激に数が増えることをネズミの増殖にからめてネズミ算とよびます。ネズミが何故急激に増えるかと言えば、同腹の子どもが多いということより、子どもが成長して子どもを産むまでの時間が短いからです。そのため、幾何級数的に増殖します。その意味で『学び合い』は有利です。

 かっての「段位」(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060729)で書いたように、『学び合い』には段位はありません。『学び合い』は会得したか、否かしかありません。もし、子どもたち全員もれなく学習に向かって関わり合っているとしたならば、それは会得したということです。そうなれば100年前から会得されている方と、全く同じです。そして、会得するためにかかる時間は、まあ、1ヶ月で十分でしょう。でも、「まだまだ」と思いこんでいるのを、「来年も出来る」と思うには1年ぐらいかかる人もいるかも知れません。

 一方、多くの教育理論研修団体の場合は、段階も多いように思います。そして、実績を積んで、人に教えても良いと思われるような段階に達するまでには、かなり長い時間の修行がいるように思います。

 つまり、『学び合い』は、次の子どもを生むまでの時間が極端に短いという特徴があります。これは、広がるには、とても良い特徴だと思います。

 「まだまだ」と思ってらっしゃる方へ

 子どもを見て下さい。先に述べているように、子どもたち全員もれなく学習に向かって関わり合っているとしたならば、それは会得したということです。簡単に分かるのは、クラス全員、もれなく成績が上がり、人間関係が複雑で流動的になっているか否かです。それが成り立っているならば、会得されています。そうなれば、私を含めて我が同志全員と同等です。自信を持って広げて下さい。

さとうさとう2007/06/11 21:44はじめて書き込みをします。山形のさとうです。
教師修行ということばが好きな自分でしたが、西川先生の学び合いに接し、教員の仕事への違うアプローチを見つけました。「まだまだ」の自分ですが、自信をもって進みたいと思います。

jun24kawajun24kawa2007/06/11 21:53いえいえ、子ども達は段位証を、あなたに与えていますよ。自信を持って進んで下さい。

inoueinoue2007/06/11 22:12「自分の心を見直す」というところがズバッと自分のハートに届きました。ありがとうございます!!

jun24kawajun24kawa2007/06/11 22:27ハートに届いている方は、見直している人なんですよね。inoueさん、毎日、ブログ読んでいます。楽しみにしていますよ。