西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/10(日)

[]日本征服計画 21:58 日本征服計画 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本征服計画 - 西川純のメモ 日本征服計画 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 平成6年度の調査によれば、約43万人の小学校教師と約27万人の中学校教師が全国の学校で働いています。ニッパチ理論(集団の2割の革新者(確信者)がいれば、集団全体の8割を動かすことが出来る)に従えば、小学校教師の8.7万人、中学校教師5.4万人が革新者(確信者)になれば、日本中の全ての人は9年間、『学び合い』という理想的な民主社会生きる経験を持つことが出来ます。日本には47の都道府県があります。ということは、平均小学校教師1800人、中学校教師1100人が革新者(確信者)がいれば、「その県」の全ての人は9年間、『学び合い』という理想的な民主社会生きる経験を持つことが出来ます。そう考えると、迂遠な事とは思えなくなります。

 しかし、革新者(確信者)であらねばなりません。「あ~、昔お世話になったよ」や「今でも、プリントコピーして、忙しいときに使っています」では駄目なんです。『学び合い』は考えが大事です。テクニックでは使えません。「あ~、昔お世話になったよ」や「今でも、プリントコピーして、忙しいときに使っています」では、「もどき」にはなれますが、『学び合い』が保証する、学力が向上し、人間関係が良くなり、教師が楽しく楽になることを1年間持続することは絶対に実現できません。逆に言えば、それを1年間持続し、その意味を分かった人間革新者(確信者)になっています。

 もし、一人が毎年5人の革新者(確信者)を生みだし、その革新者(確信者)がそれぞれ毎年5人の革新者(確信者)を生み出すならば、5年間で3125人の革新者(確信者)が生まれます。それは「その県」の全ての人は9年間、『学び合い』という理想的な民主社会生きる経験を持つことを保証するに十分な数です。ネズミ講と違って、『学び合い』はいくら広がっても破綻する要因はありません。だって、お金はかからないし、楽になり楽しくなるのですから。更に言えば、上記はスケールメリット効果を入れていません。それに、『学び合い』はすごい利点を持っています。日本中のあらゆる研修会は教育の問題を、小分けにしています。例えば、「国語、算数、数学社会理科・・・、生徒指導、キャリア教育、特別支援、教育評価、学校経営・・・」のように。しかし、『学び合い』は全ての問題をトータルに解決します。つまり、多様な窓口から入ることが出来ます。

 私は最近、『日本中の全ての人は9年間、『学び合い』という理想的な民主社会生きる経験を持つことが出来る』という荒唐無稽な夢をリアルに思い描くようになりました。