西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/04(月)

[]休み時間を見て下さい 22:31 休み時間を見て下さい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 休み時間を見て下さい - 西川純のメモ 休み時間を見て下さい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あるゼミ生が、ある先生と『学び合い』に関して話したそうです。それによれば、「小学校低学年は自己中心的である。だから、『学び合い』は不可能である。教師が子ども達を統制しなければならない。」と言われたそうです。そのゼミ生がなるほどと思っているようなので、この十年間でうんざりするほど何回も語ったことを再度語りました。ちなみに、一年生で『学び合い』を実践している同志います。その同志の方々によれば、一年生であることの違いは殆ど無いとのことです。強いて言えば、ごく初期の段階の「けんか」の扱いについて、注意するポイントがある程度だそうです。あわてて付け足しますが、テクニックレベルの問題ではなく、「考え方」のポイントです。さて、ゼミ生に語ったことは・・

 ゼミ生に、「そのクラス休み時間では、子ども達は自己中心的でバラバラだった?」と聞きました。ゼミ生はそれを否定していました。私の息子の幼稚園では、年中組ぐらいにはクラス全体でゴチャゴチャと遊んでいました。それが小学校低学年で出来ないとはとうてい思えません。さらに、「その」先生は力がある人のようです。クラスは良いクラスに育っているようです。そこで、ゼミ生に再度聞きました。「休み時間に子ども達が関わっているとき、色々な相談や交渉をしているはずだよ。我々の『学び合い』は、それを教科学習でやっているだけなんだ。だから、休み時間に出来るならば、『学び合い』は出来るはずだよ。そのクラスでドッチボールをするとき、先生がいちいち指示をした方が良いと思う?そして、ボールの投げる数を数えて、少ない子どもボールを渡すように指示を与えるべきだと思う?そして、そんなドッチボール面白いと思う?」と聞きました。

 このブログを読んでいる方の中には、『学び合い』が自分で出来るかどうか悩んでいる方もおられると思います。その目安をメモりたいと思います。既に6月です。明らかにクラスは、あなたの心を写しているはずです。担任しているクラスを思い出して下さい。以下の4つのうち、どれが最も近いでしょうか?

1) クラス全体での関わりは多い。固定的なグループというより、流動的なグループで集団が構成されている。男女の間も仲が良く、必要である場合、協働する場面が多い。仲間に入っていないと思われるような子はいない。

2) クラス全体での関わりは多い。固定的なグループというより、流動的なグループで集団が構成されている。男女の間も仲が良く、必要である場合、協働する場面が多い。しかし、仲間に入っていないと思われる子が数人いる。

3) 比較的固定的なグループを基本としている。しかし、そのグループが合体する場合もある。そして、どのグループにも固定的に属さず、どのグループにも属せる子どもがいる

4) 比較的固定的なグループによって構成され、相互の交流は殆ど無い。

 「1」の先生へ:あなたは一斉学習をしたとしても、「考え方」は我々の同志です。あなた自身が考えていることを教科学習で十全に行うには『学び合い』が最善です。10分程度、学校教育意味、そして教科を通して何を学ぶのかをちゃんと話せば、その日のうちに最高レベルの『学び合い』が成立します。

 「2」の先生へ:あなたは一斉学習をしたとしても、「考え方」は我々と極めて近い方です。「みんなで高まる」ということの意味を理解して、子どもに語れば、直ぐに1ヶ月ほどで質の高い『学び合い』に近づきます。ただし、子ども全員もれなく『学び合い』に参加するという最高レベルに達するには2ヶ月程度かかる可能性があります。諦めず、『学び合い』での子ども達の凄さを鑑賞して下さい。

 「3」の先生へ:目当てを明確に語り、方法を縛らなければ、遅くとも2~4週間で、『学び合い』の初期段階に達することが出来ます。この段階でも、多くの「グループ学習」のレベルを遙かに凌駕する成果を出すことが出来ます。早い方であれば、その人うちに『学び合い』の初期段階に達することが出来ます。2~4週間かかるのは、子どもが変わるための時間ではありません。あなたが変わるための時間です。

 「4」の先生へ:まず理解して欲しいのは、そのようなクラスにしているのは、あなたの「考え」からです。といっても、おそらく、ホームルームや様々な場面で、良きクラスを作ることに腐心していると思います。が、教科学習の時間はクラスづくりの時間ではなく、教科内容を学ぶ時間と割り切っているのではないでしょうか?しかし、その教科学習の時間こそがポイントです。学校教育の時間の殆どは教科学習の時間です。そこでのクラスの時間でクラス子どもが、他の子どもをどのように評価するかが決まります。『学び合い』では仲良くなる必要性はありません。重要なのは「バカにしない」ということです。バカにしなければ、例えうまが合わずとも、折り合いをつけながら協力することが出来ます。教科学習で「バカにする」、「バカにされる」ということの種を毎時間まいていたら、そりゃクラス関係が悪くなるのも当然です。このようなクラスで『学び合い』を成立させるには1~3に比べて格段に時間がかかります。しかし、今のクラスの状態が望ましいとは思っていませんよね。何とかしたいと思っておられるはずです。では、どうしたらいいか?既に書いたように、ホームルームの時間に「仲良くしよう」と言ってもしょうがありません。教科学習を変えねばなりません。もちろん、中学校高校の場合は教科担任制で、関われる時間は限られています。しかし、ご安心下さい。子ども達は教師によって、その振る舞いを劇変します。少なくともあなたが、あなたの教科指導において『学び合い』を行ったならば、あなたが管理者である時間は、望ましいクラスにすることが出来ます。時間はかかります。しかし、最大で数ヶ月レベルです。けっして1年間かかるわけではありません。今から始めれば、年度中に、素晴らしいクラスの姿に感激する時間を十分に得ることが出来ます。

ということで、全ての先生に『学び合い』を勧めます。今すぐに始めて下さい。サポートします。

inoueinoue2007/06/04 21:14どうぞ、体調にはお気をつけください。
8/10~11の「学び合い」フォーラムには参加したいと思っています。

jun24kawajun24kawa2007/06/04 21:52有り難うございます。
是非、実践の発表をしてくださいね。
自慢話、期待しています!

MizuochiMizuochi2007/06/05 10:11inoueさん
はじめまして。私からもフォーラムの実践発表をお願いします。

inoueinoue2007/06/05 23:12ありゃ???いや、あの「参加者」として参加したいと思っていまして・・・はい。発表するとなると、こりゃまた、えらいこっちゃです。

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/06 06:09inoueさん、「発表」なんて、堅苦しく考えず、「話題提供」と思って、授業記録(ビデオ)を持ってきていただければ、みんなでワイワイと話し合えますよ。考えてみてください。

OB1989OB19892007/06/06 06:35inoueさん,埼玉の発表でグッドです。埼玉の続きをやりましょう!期待してますよ。

OB1989OB19892007/06/06 06:42inoueさん,続けて長野でもいかがですか?秋のセミナーを企画中です。

jun24kawajun24kawa2007/06/06 08:28発表を常に発表者が主導するというのも、一斉学習と同じように古い考えです。みんなでやればいいですよ。

inoueinoue2007/06/06 22:28うわー、なんかすごいことになってきましたね。わかりました。覚悟(!?)を決めます。