西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/01(金)

[]再び涙 22:26 再び涙 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 再び涙 - 西川純のメモ 再び涙 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 下に書いてある「一年生」を読んだ同志からのメールです。読んで、また泣きました。メールやりとりをしているだけで、こんな感激をいただける。ありがたいと思います。(一年生、をお読みになってない方は、まず、下の一年生をお読み下さい)

 緊急避難的な対応の後、最終的な解決を子どもに任せたところは、『学び合い』を会得された証拠だと思いました。今年度より『学び合い』を試み始めた方です。しかし既にこのレベルに達しています!

西川先生 こんばんは、○○です。

【大事なこと】一年生を読んで感動しました。今の自分にはその様子がありありと想像できます。なぜかと言うと「学び合い」を始めてから同じようなことが何度かあったからです。

 5分、10分・・・と時間が過ぎていくとこちらから関わっていこうかとイライラしますが、我慢して見守っていると切れている子供椅子に腰掛けさせて落ち着かせるなど何処で身に付けたのと吃驚してしまうほどです。イライラする必要など全くないことが後から分かります。トラブルを解決した子供達は、何もなっかたようにその時間の学習までも終わらせてしまいました。よく子供同士のトラブルがあった時すぐ対応するようにと言いますが、普通の学級では、授業があるからと後回しにされます。それでは、肝心の学習にも身が入るわけはありません。子供もにとってそれを解決しないと前に進めないからです。たとえ直ぐに教師が関わったとしても子供のように上手く解決はできません。子供が納得しないままに適当な所で仲直りさせるのがおちです。子供達は、それをずっと根に持ちそれ故教師の前では、おとなしくしておいて裏でコソコソと言うことがおこるのでしょう。そんな事で今まで精神的にかなり参っていましたが「学び会い」のお陰で邪魔さえしなければその後には、「感謝・感激」が待っていることが分かりました。

 話は変わって、○日前の出来事です。

 内科検診がありました。男の子達は、上半身裸になってかなり興奮気味でした。「静かに受けましょうね。」と言ってあったのにかなり騒がしい状態でした。子供達が何とかしてくれるだろうと待っていましたがなかなか静かになりません。養護の先生に注意されました。興奮している子供達は、なかなか静かになりません。お医者さんが、冗談交じりにうるさい子は、「パンツも取ってもらおうね。」と言うと図に乗って「いいよ。」ときました。もう我慢の限界です。腕をつかんで二人の子をロ-カに放り出しました。短気が私のいけない所です。次の手を打たなければと思い学級に戻った子供達に話ました。

T:「君たちの態度はどうでしたか。」

C:「お医者さんに迷惑をかけた。」

T:「それじゃその責任を取らないといけないよね。みんなで話し合ってどうするかまとめて下さい。」

しばらくして

C:「全員で謝りに行きます。」

T:「分かりました。そうして下さい。」

しかしお医者さんは、すでに帰った後でした。

C:「保健の先生が、伝えておくと言っていましたよ。」

T:「君たちは人に任せて責任を取ったことになるのですか。」

~その後の子供対の会話から~

みんな病院に行くと忙しいから迷惑だよね。」

「何人かで行けば。」

「それでも対応しないといけないから同じじゃない。」

電話はどう。」

「それも同じだよね。」

 結局子供達の出した結論は、みんな手紙を書こうと言うことになりました。中心になって話し合いをまとめた子は、家でも自分達の判断が正しいのか家族に相談してそれで良いと言っていたと翌日私に報告してくれました。

今日、お医者さんがまた検診に来るよと伝えると養護の先生といつ頃持って行ったらいいのかの打ち合わせまでして無事手紙を届けました。素晴らしドラマを見ているようです。20数年教員をしてきてこういう気持ちを味わったことはありません。

 凄い子供達です。「感激し、感謝する」それで給料がもらえる。ありがたいことです。』

enablerenabler2007/06/01 11:36私も泣きました。Kaya

jun24kawajun24kawa2007/06/01 13:28有り難うございます。
共感していただける人がいることで、もっと心豊かになれます。

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/01 14:35私もウルウルです。その場面が目に浮かぶ。

MizuochiMizuochi2007/06/01 15:11私も・・・。

jun24kawajun24kawa2007/06/01 15:30あはははは
類は友を呼ぶ
泣き上戸が集まった、飲み会みたいだね。
でも、自分の過去の事例があるから、ありありと思い浮かぶんだよね。

OB1989OB19892007/06/01 21:25遅ればせながら.....(涙,涙,涙...)。

あべたかあべたか2007/06/02 04:45「[大事なこと]語ること」についての質問

すみません。
わたしの理解力が不足しているのか、西川先生のおっしゃっていることがよくわかりません。
いえ、書かれていることはわかるのです。
ただし、そのわたしが行った子どもたちへの言葉かけに対してのコメントとして読むと、よくわからなくなります。

つまり、わたしが行ったことは「考え」を伝えようと言うよりも、「型」ばかりを気にしすぎているということをお話しされたかったのでしょうか?
わたしの文章のどの部分にどのようにコメントをしたのかを(少し鈍い)わたしに理解できるように教えていただけますと幸いです。

OB1989OB19892007/06/02 06:31涙,涙,涙...。

jun24kawajun24kawa2007/06/02 06:37ごめんなさい
誤解を生じさせてしまいました。
わたしは、あべたかさんの言葉が型に囚われたものではなく、あべたかさんの「考え」によって生まれた言葉だと感じてコメントした次第です。だから、「大丈夫!あべたかさんが見える、感じる以上に、子ども達は分かっていますよ!」という意味です。
言葉足らず、ごめんなさい。許してください。

あべたかあべたか2007/06/03 06:31ありがとうございます
試行錯誤で前に進んでいきます。これからもご指導ください。