西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/06/01(金)

[]難しさのレベル 22:02 難しさのレベル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 難しさのレベル - 西川純のメモ 難しさのレベル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方より、『「勉強しなさい!」を言わない授業』の書評があることを教えていただいた(http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/5682/reading/2007-04b.html)。読んでみて、「鋭いな~」と思いつつ、自分の舌足らずを反省した。そこで補足をいたします。

 「学力上位者でも自力では解けないような課題」とは「学力上位者でも手も足も出ない課題」という意味ではありません。「学力上位者でも自力では完全に出来るわけではない、また、完全に自信を持てない」という意味です。何となく分かるような、分からないようなレベル。分かるんだけど、ちょっと自信がないレベル。です。こうなると前者だと誰かと協働で解決しようと思います。後者だと、誰かに自分の考えを語って、チェックを求めるようになります。この場合、必ずしも教師から見て自分と同等の学力(または同等以上)である必要はありません。極端に言えば、ただ、聞いてくれる存在であっても、意味があります。

 しかし、このレベルがどれほどなのか、これを見極めるのはなかなか難しい。それを、常にやらねばならないというのは、かなり大変です。が、簡単にできる方法があります。それは「みんなが出来る」です。自分が出来ることは簡単であっても、周りの人に説明するのはかなり高度な課題になります(教師だったら身をもって経験していますよね)。

 本当に「みんな」とうのは、予定調和すぎるほど「うまい」のです。でも、それはしょうがありません。我々の『学び合い』はホモサピエンスが数百万年の生存競争の中で洗練された戦略に則っているのですから、「うまい」のは当たり前です。

 私としては、多くの教師の習い性である「中の下に合わす」では、『学び合い』を生じさせないことを書きたいため、ちょっと過激すぎる表現を使いすぎました。反省。でも、過激に書いてしまう熱き思いも大事にしたい。

enablerenabler2007/06/01 11:36私も泣きました。Kaya

jun24kawajun24kawa2007/06/01 13:28有り難うございます。
共感していただける人がいることで、もっと心豊かになれます。

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/01 14:35私もウルウルです。その場面が目に浮かぶ。

MizuochiMizuochi2007/06/01 15:11私も・・・。

jun24kawajun24kawa2007/06/01 15:30あはははは
類は友を呼ぶ
泣き上戸が集まった、飲み会みたいだね。
でも、自分の過去の事例があるから、ありありと思い浮かぶんだよね。

OB1989OB19892007/06/01 21:25遅ればせながら.....(涙,涙,涙...)。

あべたかあべたか2007/06/02 04:45「[大事なこと]語ること」についての質問

すみません。
わたしの理解力が不足しているのか、西川先生のおっしゃっていることがよくわかりません。
いえ、書かれていることはわかるのです。
ただし、そのわたしが行った子どもたちへの言葉かけに対してのコメントとして読むと、よくわからなくなります。

つまり、わたしが行ったことは「考え」を伝えようと言うよりも、「型」ばかりを気にしすぎているということをお話しされたかったのでしょうか?
わたしの文章のどの部分にどのようにコメントをしたのかを(少し鈍い)わたしに理解できるように教えていただけますと幸いです。

OB1989OB19892007/06/02 06:31涙,涙,涙...。

jun24kawajun24kawa2007/06/02 06:37ごめんなさい
誤解を生じさせてしまいました。
わたしは、あべたかさんの言葉が型に囚われたものではなく、あべたかさんの「考え」によって生まれた言葉だと感じてコメントした次第です。だから、「大丈夫!あべたかさんが見える、感じる以上に、子ども達は分かっていますよ!」という意味です。
言葉足らず、ごめんなさい。許してください。

あべたかあべたか2007/06/03 06:31ありがとうございます
試行錯誤で前に進んでいきます。これからもご指導ください。