西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/05/12(土)

[]昨日 07:42 昨日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日 - 西川純のメモ 昨日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は大阪府の楠葉西中学校に行きました。ここの岩谷校長は戦う校長です。ビックリしました。今まで『学び合い』を学校として取り組もうとされた校長先生は、ジェントルマンの方々です。じっくりと職員を説得し、徐々に理解してもらおうとされていました。ところが、岩谷校長の場合は、とにかく突き進みます。もともとアイデアマンですので、攻めの戦略を考えます。校長室で総計8時間ぐらい話しました。前半は私のほうが夢を語っていましたが、後半では校長の夢に圧倒されました。

 その中学校であった研究授業の講評の際、地区の偉い管理職の方が、全職員、そして校長に対して、「岩谷校長のような人の下で働くのは大変ですね」と言っていました。私は大笑いしたのですが、職員の方は笑っていません。それが実感なのだと思います。

 しかし、同時に感じるのは、「この校長は、本気で子どものことを考えているんだな~」ということは多くの職員は理解していると感じました。そして、校長の示す方向に向かって職員が向かっているということを感じました。

 今回の出張では、楠葉西中学校の方々と縁を結ぶことが出来ました。また、ある方との出会いもあり、別な方向での展開も考えられるようになりました。そして、敬愛する方との再会もありました。実に充実した出張でした。

追伸 今まで色々なところで、一般の先生にとっては「1+1」は実は3だった」レベルの話をします。それが終わった後に「質問のある方?」と司会者の方が言っても、会場の先生方は「し~ん」となる場合が大抵です。当然のことです。だって、今までの考え方に対して異質すぎます。どのように捉えていいのか分からない、というのが正直な気持ちだと思います。が、今回の場合は、実に多様で、つぼどころを捉えた質問をいただきました。凄い先生方だな~と感じました。

 その学校の平常授業を見させていただきましたが、大阪は『学び合い』にはいい土壌だと思いました。だって、中学生も「ボケ突っ込み」の文化が血に流れていることを感じます。「こりゃ、鎖をとれば、自然に『学び合い』になる」と感じました。

kankan2007/05/13 19:42「利己的・・・」
海に住む小魚は群れを形成します。一見、弱い立場の生き物が力を合わせてがんばっているようですが、実は群れは極めて利己的に形成されているそうです。つまり、群れの中へ入れば入るほど、外敵から捕食されにくくなる。どの小魚も自分が食べられまいと中に入った結果が極めて統制の取れた一団の群れを形成することになるそうです。学び合いがうまくいくには、やはり、どの子もこの学習が益があると実感することが必要です。「自分が見捨てられないため」も有りですが、教育者としては、「そんな集団で生活したくないから」の方が素敵です。それよりも、Oさんの研究のように、やはり、いろんな子と話すと勉強がよく分かるし考えることが楽しくなるという実感を得ることが一番大事かなと思います。そうすると、結局はいつも先生が言っている「それは課題の設定が駄目なんです。」というところに落ち着きます。もっと授業の難易度をあげようっと。

RX-178RX-1782007/05/13 21:05私もkanさんと同じ考えです。子どもたちに危機感よりも有益性を語るようにしています。もっとも、私の言いたいこととkanさんのものと同じかどうかはわかりませんが・・・
私は、みんなが良くなると自分も得をすることを語ります。例えば、全員が、きちんとルールを守れば、事故が減少し、結果として保険料や道路の修理代が少なくなるとか、みんなが宿題をきちんと出せば、先生の説教の時間が短くなるとか(笑)まあ、集団の質が上がることが物理的な数値によって表れる例を言っています。
子どもにとって、追い詰められるよりもやればやるほど得をしている感じがあるほうがやる気が出るかもしれません。

jun24kawajun24kawa2007/05/13 22:18kanさん、RXさん
コメント有り難う。
お二方のコメントは了解しています。
ただ、教師が最初に説教するとしたら、危機感が語りやすいと思った次第です。だからKanさんもそのように語ったんだよね?しかし、『学び合い』の文化の中ではお二方のおっしゃるようなことは当然に感じると思います。いや、あまりにも当然で、かつ複合的なので、分析的に感じることは出来ず、心地よさとしか感じられないのかもしれません。