西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

07/04/30(月)

[][]クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾21:48 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾! - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾! - 西川純のメモ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾! - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家内ブルーチップ収集のおかげで、無料映画に行けました。感謝!息子の好きなクレヨンしんちゃんの最新作です。観ましたが、駄作です。「親子愛」のメッセージが強すぎて、くさい。内容無いにも関わらず2時間映画にしたため、無意味な冗長が多すぎます。が、これって大人の感想です。横で見ていた息子は大受けです。映画で連発する「うんこ」とか「下痢」とかで喜んでます。考えてみればクレヨンしんちゃん子ども映画です。であれば、6歳の息子が喜んでいるなら、それで、良しとしましょう。が、クレヨンしんちゃん過去映画には、大人の鑑賞に堪える作品が多かった。が、そういう映画って、息子に受けない。ま、しょうがない。

MizuochiMizuochi2007/04/30 22:54私は犬山市に賛成です。
妻の故郷だからではありません。
学力テストの実情は、先生の考えるようなものではないと感じています。
犬山市は国宝犬山城を中心とした愛知県の観光地としてこれまで成り立ってきました。
しかし、それだけでは町としてのアイデンティティが保てなくなってきていました。
それが数年前から、犬山城を中心にしたまちづくりが地域でさかんとなり、
その頃から始まった総合学習と重なって
周辺部の小中学校の子供たちも参加したものとなりました。
そして、今の犬山市は数年前とは、
内実ともに見違えるように素晴らしいまちになりました。
あの「停滞」はなんだったのかという感じです。
学力テストの一番の弊害は地域の学校の序列化です。
競争は、協力を排除し孤立化を生み出します。
犬山の将来の担い手から、犬山への愛情を奪うのは、
「私ひとりでじゅうぶんだ。」と妻は言っております。
今の犬山市に育っていたら、犬山そのものだけでなく、
自分自身もちがった存在に見えていただろうと、
この「犬山」のニュースを見て感じている、と妻は言っています。
『学び合い』の究極の目的は
こんな「まちづくり」にかくれているのではないでしょうか。
※これまでの話には「推測」が含まれています!!

jun24kawajun24kawa2007/05/01 08:35なるほど、町作りの視点から考えて、それだけの実績を上げているとしたら、私は旗を降ろします。
ただ、『学力テストの一番の弊害は地域の学校の序列化です。』という部分にひっかかりを感じます。
続きは、本日のメモに書かせていただきます。